カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


いわき 愚庵会 講演内容

いわきの愚庵会のご依頼で、2月10日にいわき市文化センターで行われた筆者の講演

「愚庵の義侠  羯南の条理」

の概要が、いわきの日々の新聞2月28日号(360号)に

掲載されました。

 こちらのホームページに司馬さんと青木先生のお話を詳しくご紹介して頂いております。

http://www.hibinoshinbun.com/files/360/360_tokusyu.html

 「
    特集陸羯南への思い  新聞とジャーナリズムのこと

          新聞は読者から遠い存在に」(日々の新聞  360号)

  この題は、当日、ご覧頂いた青木先生の映像の中で、先生が語られていた言葉を引用して

  頂いています。

 「青木さんが生前、報道番組に出演した映像が残っている。

  それは1990年(平成2)の「ニュース23」で、筑紫哲也さん、立花隆さんと

  新聞について語っている。

 <新聞が読者から遠い存在になってしまった、ということでしょう。

  距離がものすごくあいちゃった。

  その原因は、新聞の権力的な体質です。

  そのいかがわしさが読者や国民の側にチラチラと見えてきている。

  その部分を新聞が変えていかないとなりません。

  だから、新聞が生き残るとすれば、活字メディアとしての特性をどう生かしていくか、

  ということだと思うんです。

  つまり言論性、解説性、記録性、一覧性などを提供していく、ということです。

  ぼくは、新聞は残り得ると思っていますけどね>


 それから28年、青木さんが亡くなってから14年がたった。

  いまこそ、国家や政府と対峙して震え上がらせた羯南や

  新聞「日本」のジャーナリズム精神を、より学ぶ必要がありそうだ」

                (同上)

  北京から日本の日々の様子を見ていると、まさにその通りだと思います。

  司馬さんも、青木先生も、天国からそう思って見ているでしょう。

       死者は語らず、生者をもって語らしめん。

                           たかぎ

 


[PR]
by kuga-katsunan | 2018-03-20 04:10 | ニュース | Comments(0)
<< 4/28(土)弘前で「Thin... 12月10日立命館アジア太平洋... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(12)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧