カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


タグ:鳴海康仲 ( 2 ) タグの人気記事

弘前:羯南詩碑

 弘前の市外の「鷲(わし)ノ巣」(弘前市狼森)という小高い山の頂に、羯南の漢詩を刻んだ詩碑がある。

 名山出名士

 此語久相伝

 試問巌城下

 誰人天下賢

 この名山は、岩木山のこと。
詩を碑にしたのは、弘前の医師の鳴海康仲氏(1897~1977)である。
1953年9月2日、羯南の命日に碑を建立した。

 羯南の詩を刻んだ銅板を、小中高校計約380校に寄贈したという。

 今、この場所から地元の小学生たちが自分たちの夢を叫んでいるという

 こうした経験は子供たちの心に刻まれる。

 羯南の生家跡地に記念館建設を実現できないだろうか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-05-19 11:23 | トピックス | Comments(0)

陸羯南の書①

陸羯南の書について述べたいと思う。

当時、毎日筆を持って字を書くというのは、生活の一部であり、特に陸羯南にとっては、他の人達よりも格段に筆を持つ時間が多かったと思う。

原稿をはじめ、手紙、それに漢詩に至るまで、たくさんの羯南書になるものが残っている。
今回、弘前を訪れ、9月の1日から2日にわたり、生誕百五十年没後五十年の記念イベントに参加して、またさまざまな展示物を見て、いかにも書は人を著すものである。との感が深まった。

ここで断っておくが、書の概念については、私個人の観点であるということを述べておきたいと思う。

羯南は、ジャーナリストであり書家ではない。言葉による表現は、どこまでも、言葉自身によって表現を貫くものであるが、饒舌家ではなかった羯南にとって書とは、言葉を紙に記す事により、より忠実に伝達するためのものであったと思う。どの書幅や手紙文を見ても、羯南の書く文字からは、実直であり、力強さを感じさせる。

下の写真をごらんいただきたい。羯南が竹間の友である、伊東重の家で、請われて書いた漢詩である。書法からいうと、少しうねうねとうねる和様書法で、固めの筆で書かれたことが伺える。

名山出名士 此語久相伝 試問厳城下 誰人天下賢
(名山 名士ヲ出ダス/此語 久シク相伝フ/試ミニ問フ厳城ノ下/誰カ人天下ノ賢ナルゾ)
意味としては、「名山の見える土地は素晴らしい士を出すという。このことばが世に行われて久しいが、しかし試みに問うに岩木山の秀峰を見るこの弘前城下から一体どんな天下の賢がでたろう。」(司馬遼太郎「北のまほろば」)

書体は行書で、全体に筆圧が強く、親友に頼まれ一気呵成に書かれたことがよくわかる。
書き出しの「名」「伝」「人」の三文字が大きくなっており、気持ちを強く込めて書かれている。
いかにも、豪放磊落で威厳のある筆運びである。また、他の作品と比べると、羯南の文字が大きく、落款もないことから、親友の勧めに、快く応えて清々しく書いたことが伺える。人を愛し、慈しんで生きていた羯南ならではの作品と言える。

現在は、岩木山が望め、弘前の街並みを見下ろす、狼森鷲ノ巣に、羯南を敬慕した故鳴海康仲氏が、この碑を建立し、天下の賢人の輩出を見守っている。

今後も少し間はあくだろうが、羯南の書について、思いつくまま書き綴りたいと思う。  
ささはら


e0106376_17515947.jpg

[PR]
by kuga-katsunan | 2007-10-28 18:00 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧