カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


タグ:赤石定蔵 ( 8 ) タグの人気記事

弘前新聞と東海健蔵

 新年の東奥日報に<北の文学連峰 本県文筆家の系譜>のシリーズの中で、斎藤三千政弘前ペンクラブ会長が<陸羯南と佐藤紅緑>という連載をされている。

 佐藤紅緑に入る前に、没後100年の時の東奥日報の平成十九(二〇〇七)年一月一日、陸羯南の「生誕百五十年・没後百年」を記念した特集記事を紹介されている。

  「偉大な足跡 いまも心に」

のヘッドライン以下の記事を賞賛されていらっしゃるが、私も初めてこの紙面を拝見した時には、非常に感銘が深かった。

 羯南の伝統が今も生きている、ということにまず驚き、改めて地元への影響の強さに感じ入った。

 弘前にあって羯南ゆかりの人々のシリーズをはじめ、多くの著作を残された川村欽吾氏のことは何回か紹介させて頂いたが、先日メルボルンに駐在している旧友が一時帰国した際に、改めて同氏の<赤石定蔵と陸羯南>を再読した。

 ご存じの通り、赤石は弘前の東海家に生まれ、母方の赤石家を継いだ。
彼には兄健蔵、弟勇蔵がいる。

 定蔵は、明治17年東奥義塾を卒業し上京、東京専門学校(早稲田大学)に入学、19年20歳の時に東京で開催された津軽同郷人会で羯南と出会う。

 この縁で、定蔵は羯南の東京電報に入社することになるが、弟の勇蔵は羯南の長女と結婚することになる。

気になったのは、弘前に残った兄の健蔵のことである。

 健蔵は、インド藍の輸入で急速に財をなし、東海商店を拡大する。

その後、彼は明治30年には弘前新聞を創刊する。これも実は羯南の影響があったのではなかろうか。

弘前市議会議員、議長を歴任した健蔵は、昭和19年に82歳で亡くなった。

 太平洋戦争開戦の直前、彼の創刊した弘前新聞は、戦時報道統制によって、八戸合同、青森日報、東北タイムスの県内日刊紙とともに、東奥日報へと統合。

 定蔵が社長を勤めた台湾日日新聞も日本の植民地支配の終焉とともに終刊となった。

 勇蔵は海軍技術将校としてイギリスに留学、横須賀で軍艦の建造にあたったが、極楽寺の羯南終焉の別荘から通っていたという。

 明治、大正、昭和と、この三兄弟は、弘前、東京、オーストラリア、台湾、イギリスと生き抜き、ある意味、大日本帝国とその運命を伴にした。

たかぎ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-01-17 20:06 | トピックス | Comments(0)

「サルスデ-」島と赤石定蔵

 <「サルスデ-」島及「ダルヴヰン」港視察報告>と題される書物が国会図書館に残っている。

  「サルスデ-」島、即ち木曜島である。

木曜島(Thursday Island)は、ニューギニア島とオーストラリアとの間にあるオーストラリア領の島である。

 1789年に映画にもなり有名なバウンティ号の反乱で追放されたブライ艦長らが、漂流中に近くの水曜島、金曜島とともに命名したとの説がある。


 赤石は、メルボルン領事館員時代にこの報告を書いたようだ。

出版は、外務省通商局第二課で、明治26年の11月である。
赤石は、明治23年の暮れに日本をたち24年1月から26年夏までメルボルン領事館に勤務していたのでこの出版はその帰国後ということになる。

 <西濠太利亜はメルボルン領事館の管外に属するも在留の日本人にして屢々領事館を煩はしたるあり>(赤石定蔵、「サルスデ-」島及「ダルヴヰン」港視察報告、明治26年11月)

  当時、この小島に数多くの日本人が在留し、何かと領事館に相談がくるケースが多かったようだ。

  <日本人の同地に出稼ぎするものまた五百人余あり>
(同報告)

 この出稼ぎの日本人を取り上げた作家がいた。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-06-21 05:34 | トピックス | Comments(0)

津軽同郷人会  羯南と赤石定蔵の出会い   

  赤石定蔵は、新聞日本の最後の金庫番として苦闘した人物である。

 彼の生涯は、弘前の川村欽吾先生が書かれた一連の<陸羯南ゆかりの人>のシリーズの中にある<赤石定蔵と陸羯南>(東奥義塾研究紀要 第7集 1974年)に詳しい。

 赤石は慶応3年(1867年)弘前の東海家の次男に生まれた。ただ母親の実家赤石家の跡目が途絶えたことにより、明治6年7歳にして赤石家を継ぐ。

 明治17年東奥義塾を卒業し、上京東京専門学校(早稲田大学)に入学、19年20歳の時に東京で開催された津軽同郷人会で陸羯南と出会う。

 明治20年卒業後、翌明治21年東京電報に入社したものとされているが、このあたりの詳細は現在は不明である。

 赤石は羯南とともに東京電報、新聞日本の創刊に奔走したものと思われる。

川村論文には、明治23年12月5日の東奥日報の記事が引用されている。

<津軽人の大懇親会

明後日例により開会のよしなれども、今年は二名の貴族院議員、四名の衆議院議員を招待し米国より帰りたる本多庸一氏の歓迎会、近き豪州に赴かるべき赤石定蔵氏の送別会をも兼ねべきつもりなりと聞けば定めて盛会なるべし。>

 赤石がなぜ新聞日本から、外務省のメルボルン領事館へ転じたかは、赤石本人にも直接取材している、この川村論文でも明らかにされていない。

 メルボルン領事館は、オーストラリア人の名誉領事のほかは赤石一人だったようで、その苦労が偲ばれる。

  国会図書館には<「サルスデ-」島及「ダルヴヰン」港視察報告>(明治26年11月 外務省通商局第二課)という赤石の報告書が残されている。
赤石の帰国が明治26年夏なので帰国後の報告書ということになる。
(赤石の帰国については、陸から原敬へあてた書簡に詳しいが、この書簡については2008年5月5日の東奥日報に詳しく紹介されている。)

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-06-14 05:27 | トピックス | Comments(0)

羯南からの手紙

 羯南の書いた手紙の多くは、全集に収録されている。ただ全集が刊行されてから発見された手紙もいくつかあるようなので備忘のために目にしたものをあげておきたい。

 高浜虚子あてに書かれた手紙は、昨年の高浜虚子文学館で開かれた羯南の展覧会に出品されていた。日清戦争に従軍取材して体調を崩した子規への看病を虚子たちに頼んだ手紙である。明治28年6月2日は虚子あて、6月5日は河東碧梧桐、河東の兄・竹村黄塔、虚子の3人への手紙である。
 神戸病院に子規がかつぎこまれたことを、竹村の電報で知った羯南は、虚子に入院先に行くように頼み、そして河東にはその母に付き添いを頼んでいる。羯南の細やかな心遣いが感じられる。
 
 盛岡の原敬記念館には、原あてに書かれた多くの人の手紙が展示されている中に一通、羯南の手紙が展示されている。内容は外務省職員となってメルボルンの領事館に駐在していた娘婿の兄である赤石定蔵が、上司と折り合いが悪いので、アメリカか日本に転勤させてくれるように当時外務省高官であった原に依頼している。きっと赤石がメルボルンから、羯南に泣きついた結果かと思われる。

 そして意外な近場に、数多くの羯南の手紙が所蔵されていた。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-10-10 23:20 | トピックス | Comments(0)

ウェブスターの辞書

 古島一雄は新聞日本の最大の語り部だと思うが、其の中でも<一老政治家の回想>(中央公論社、昭和26年5月)にある<「新聞日本」の思い出>はよくまとまっている。
 
 改めて読みかえしてみると、前から気になっていたウェブスターの辞書の話が出ていた。

「さて一年半で帰ってくると「日本」は左前になっている。」

 古島は、福本日南の推薦で、日清戦争後に、九州日報の主筆となって福岡に行っていた。

「それは何かというと、澤村則辰が調子にのってウェブスターの辞書を凸版で翻刻することを思いたった。」

 澤村は、谷干城の家令で、それまで杉浦重剛の友達で、札幌農学校出身の宮崎道正が経営をみていたのに交替して、担当することになった人物である。

 「酒は馬鹿に飲んでヨサコイ節なんか歌っている豪傑だ。」

 ヨサコイ節というからには、澤村も土佐人なのであろう。

「編集局の奴はこれを脅迫してみな月給の前借りだ。
澤村は豪傑だから「うむ、よし」なんて言うが、ナーニ金なんぞありっこはない。」

 新聞日本の和気藹々の雰囲気がよく出ているが、学者の次に豪傑が経営を担っているとは新聞日本も、よくよくついてない新聞だと思う。

 「これは大事業であるが、疎漏にもウェブスターの出版元から許諾も何も得てなかったので、抗議が来ると云う次第で、陸も弱ってしまい」

 これは流石に明治中期の日本といえども、海賊天国、というわけにはいかなかったのであろう。

 「陸の親戚の者で、かねて日本新聞にいたこともあり、メルボルンの書記生から当時日本銀行にいた、赤石定蔵という男に会計を委していた。」

 赤石は羯南の長女の夫である東海勇蔵の兄であり、羯南にとっては、最後の命綱であったのであろう。本業の新聞事業以外の出版事業での負債を背負いこみ、資金繰りは益々苦しくなっていったものと思われる。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-09-20 22:58 | トピックス | Comments(0)

もう一つの新聞日本  台湾日日新聞のこと

 青森で始まった特別展「陸羯南と正岡子規」の図録は、興味深い。

 青森市の青森県近代文学館のHPには、その図録が掲載されており、内容を読むことができる。学ぶことが多いのだが、その中でも、<日本新聞社に在籍した青森県人>という面白いコラムがある。

 その前にある天田愚庵から始まる<羯南をめぐる人々>も、羯南が生涯を通じて深いかかわりのあった人々がきれいに整理されており、ともすれば混乱しがちな人間関係模様がすっきりした形だが、この<青森県人>の部分はさすがに地元の文学館の面目躍如の観がある。

 いろいろな回想の中で、同郷の出身者を可愛がった、とされている羯南だが、ここには9人の青森県出身者が紹介されている。

<1.成田鉄四郎(なりた・てつしろう)一八六四(元治元)―一八九四(明治二十七)弘前出身。

 2.赤石定蔵(あかいし・ていぞう)一八六七(慶応三)―一九二八(昭和三)弘前藩士東海昌雄の次男。

 3.小山内大六(おさない・だいろく)一八六八(明治元)―一九三八(昭和十三)弘前出身。

 4.桜庭経緯(さくらば・けいい)一八六八(明治元)―一八九五(明治二十八)弘前出身。

 5.浅水又次郎(あさみず・またじろう)一八七〇(明治三)―一九〇八(明治四十一)八戸出身。

 6.三浦勝太郎(みうら・かつたろう)一八六七(慶応三)―一九三九(昭和十四)弘前出身。

 7.斎藤信(さいとう・まこと)一八七一(明治四)―一九一三(大正二)弘前出身。

 8.花田節(はなだ・せつ)一八七一(明治四)―一九二一(大正十)弘前出身。

 9.佐藤紅緑(さとう・こうろく)一八七四(明治七)―一九四九(昭和二十四)弘前出身。>

(青森県近代文学館 「陸羯南と正岡子規」展 図録より)

 この9人のうち、浅水又次郎が八戸出身という以外はみごとに弘前出身者が並んでいる。おそらく実際はほかにも多くの青森出身者が机をならべて活躍していた、と思われるが名の残っている人々だけでも壮観である。

 後に、多くの新聞社で活躍して、最後は小説家として名をなした佐藤紅緑以外、日清戦争に従軍取材中、現地で病死した桜庭経緯を除くと、新聞日本以降も各新聞社で活躍したことがわかる。
 
 成田鉄四郎が東奥日報、三浦勝太郎が報知新聞、小山内大六が満州日日新聞でその後の活躍の場を得たが、残りの四人には共通した部分がある。

 図録によれば、明治36年8月、浅水又次郎が、台湾民政長官後藤新平の斡旋紹介で台湾日日新聞社に勤務、とある。前に新聞日本の最後の金庫番としての活躍を紹介した赤石定蔵も、後藤新平の推薦で台湾日日新聞社に入り、大正五年に社長となった、とある。赤石は明治39年6月の新聞日本の譲渡手続きを実際行っているので、台湾に移ったのはその後、と考えられるから、先に台湾に移った浅水に迎えられたのであろう。

 浅水は明治41年に亡くなっており、残りの二人、斉藤は大阪朝日を経て、花田は朝鮮の京城日報、大韓日報をへて、ともに台湾日日新聞へ入っている。

 朝日新聞に、羯南の育てた多くの人材が入ったことが、その基盤の確立に大いに貢献したことは広く知られている。ここにもう一つ、新聞日本の中でもおそらく羯南が最も手塩にかけたであろう弘前出身の記者たちが台湾日日新聞に入ったことで、もう一つの新聞日本が台北に存在していたのではないだろうか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-07-28 06:50 | トピックス | Comments(0)

新聞日本、最後の金庫番

 川村欽吾著「赤石定蔵と陸羯南-赤石を中心にー」によれば、1867年生の赤石定蔵は新聞日本の最後の金庫番として、「明治30年代末の終焉まで惨胆(ママ)たる経営の辛苦を赤石は陸とわかちあった。とりわけ日本新聞の伊藤欽亮への譲渡については、ほとんど赤石の責任に於いて実現されたもの、とみてよいようである。」とある。

 弘前生まれの赤石定蔵は、7歳で伯父の養子となって赤石家に入り、21歳で東京専門学校(現早稲田大学)英学部を卒業、東京電報入社(後の新聞日本)、豪州メルボルン領事館赴任を経て、27歳で再び新聞日本入社、日本銀行勤務を経て、33歳で、三度新聞日本に会計主任として入社している。

 35歳(明治34年)の時、新聞日本は財政急迫し、赤石が金策に奔走している。同年、近衛篤麿が新聞日本を買収した後は、頻繁に近衛家を訪問している。40歳(明治39年)のとき、前述の伊藤氏へ新聞日本を譲渡。翌年、陸羯南が病歿。

 彼はその後、台湾日日新報の社長を務め、97歳(1963年)まで生きた。逝去直前、羯南忌に寄せて、「『羯南は名聞を好まず地下にて苦笑することと存じます。』・・・明治人の気骨尚失わず、国家に貢献することこそ男子の生き甲斐、といった羯南流の信念がうかがわれた。」とある。                                  しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-05-20 22:17 | 研究 | Comments(0)

羯南の実務経験

てらだ様

   仰るとおり古今東西、それにつけても金が仇の世の中ですね。

   全集10巻にある羯南についての回想・追憶の中にも池辺三山が死の
   床の羯南を見舞った際に、<しみじみと、金が欲しいよ>と言い出した
   部分は胸が痛みます。

   職業柄、新聞日本の資金調達、経営体質などが気にはなりますが、
   オーナー系企業の場合オーナーの経営手腕が大きく影響を与えます。

   どうやら日本の金庫番は、羯南の同郷の赤石定蔵だったようですが、
   このあたりは貴兄、きしだ君と調べてみたいですね。

   羯南は青森新聞の編集長、北海道紋別製糖所、政府文書局を経て、
   東京電報、日本の新聞経営に乗り出したのですが、やはり彼の
   目的は、企業としての新聞社の隆盛ではなく、新聞を通して、
   何を訴え、何を成し遂げるか、だったようです。

   いずれにしても数少ない資料の中で一つずつ探っていきましょう

                                  たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2006-12-15 23:56 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧