カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


タグ:池辺三山 ( 13 ) タグの人気記事

三代を生きたジャーナリスト 蘇峰

 有山先生のご推薦で、二宮にある徳富蘇峰記念館に向かった。

羯南のライバルというのも難しいが,羯南の生涯の短さ,蘇峰の生涯の長さを考えると単純に比較できない。
短い人生であるがゆえにその思想の輝きを持つ部分もあるが、逆に長い人生では、晩節の過ごし方の難しさも思いやられる。

二宮は、小田原と藤沢の間にある。

藤沢で、羯南の年賀状を見せて頂いた記憶がよみがえる。
駅から山の方に上がると、新緑が雨上がりに美しい。山側の邸宅が並ぶ一角に記念館はあり、蘇峰の資料が並んでいる。

http://www2.ocn.ne.jp/~tsoho/


大河ドラマで話題の新島譲夫人八重からの手紙も展示されていて、蘇峰が、新島襄の弟子だったことを知る。蘇峰の生涯での人との出会いの多さをあらためて知らされる。

昭和29年には、なんと日本テレビに出演までしている写真まで展示されいた。
蘇峰は、昭和32年11月に95歳で亡くなった。

三代を生きた彼は、十万冊の蔵書と四万八千通の書簡を受け取り、それが保存されている。
書籍収集の意義は、内藤湖南に教えられた、という。

羯南、三山の書簡を拝見した。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2013-04-21 21:48 | 紀行 | Comments(0)

桐生悠々と池辺三山

 桐生悠々といえば、信濃毎日新聞の主筆として新聞史に名前を残している。
 大正期のシーメンス事件、昭和初期の社説「関東防空大演習を嗤ふ」の二回にわたって、その座を追われた。
 自らの節に殉じる新聞人であったが、若き日々には、下野新聞、大阪毎日新聞、そして大阪朝日新聞と、あちこちの新聞社で腕を磨いた。
 彼は、二度目の主筆辞任の後に、個人雑誌「他山の石」を発行し、そこに、自らの半生を振り返る随筆「思い出るまま」を執筆した。

 金沢出身の桐生は、大阪の土地になじめず何とか東京で就職口がないものかと、郷里の先輩の帝大法学部の戸水寛人教授の紹介で、朝日の池辺三山を訪ねた。

  たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-06-10 06:40 | トピックス | Comments(3)

弘前・稲葉克夫先生「私の落穂拾い」

 弘前の稲葉先生から新著「私の落穂拾い」を頂戴した。

副題に「昭和の庶民、そして陸羯南、安藤昌益」とある。

稲葉先生が若き日々から、追求されていらっしゃったテーマが現れていると思う。

 一つ一つが非常に重いテーマを扱っていらっしゃるが、羯南研究会としては、やはり第三編の羯南部分が注目される。

 
この本、この資料のここまで触れていらっしゃる、と思う作品が多いが、なかでも最期の第三話「極楽寺五六一番地」が心に迫る。

 1969年12月の作品である。

世は、70年安保闘争の時代、喧噪の東京と違い、鎌倉はひっそりとしている。
この時代の鎌倉は、筆者も子供時代の記憶に残っている。
夏の海水浴客が帰った後の鎌倉は、今の観光地とは違い、住民たちの生活の場としてのたたずまいをのこしていた。

 昭和44年に羯南終焉の地を訪れ、明治40年の時を思った稲葉先生は、それから更に40年多を経て北の弘前で何を思ったか。

 池辺三山は、この地で羯南を見舞い、二人で新聞と、これから来るべき世界を語りあった。

羯南、没後105年の今年、我々は何を思うか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-01-23 21:54 | ニュース | Comments(0)

池辺三山日記

 お正月でもあり三山の日記を読み返してみる。

 三山の資料の多くは、長男の池辺一郎氏によって、駒場にある近代文学館に寄託されている。その目録も発行されている。中には、国民同盟会を組織していく過程のメモなども残っている。組織化するために例えば誰がどの地域を担当するかなどの記述もあり、まだまだこれから調べる余地がある。

 三山が折にふれ書いていた手帳、日記の類は、日本近代文学館資料叢書の中の「文学者の日記」として三巻本となって公刊されている。

 日記は第三巻に年代にわけて掲載されている。
第一日記は明治35年である。日英同盟が締結された年、三山は、朝日新聞の重鎮として忙しく立ち働く姿が見えてくる。

 ただ忙中閑ありのようで、時々、国分青崖が訪ねてきたりして、囲碁をしたりしているのは微笑ましい。囲碁をうちながら、論説の考などを語り、練りなどしていたのだろう。

 読み進むうちに、あっと思った記述がある。

「六月一日湯島麟祥院ニテ長清会三浦将軍陸羯南等九名集ル
 本庄子爵モ来ル湖村青崖鬼塚等来ル  勝負傍観入興」

(日本近代文学館資料叢書「文学者の日記」3 池辺三山(三))

 羯南を中心とした囲碁の会である、長清会は、折にふれ開かれていたようだが、場所は上野、寛永寺の分院・元光院と記述されている資料ばかりであった。

 この湯島の麟祥院は初見の場所である。

また会のメンバーでも

  本庄子爵

  鬼塚

の二名の名前も初見である。

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-01-02 06:36 | トピックス | Comments(0)

新聞記者としての経歴  池辺吉太郎

 三山池辺吉太郎は、いうまでもなく羯南の親友の一人だが、羯南の没後、回想を雑誌<文章世界>に寄せている。
 文章世界の編集者と縁があったのか、明治41年5月の号にも聞き語りのような形で自らの半生を振り返っている。
 
 柴四朗の、雑誌<経世評論>に誘われた経緯も書かれている。

 もともと熊本出身の三山だが、地元の漢学者・古照軒国友昌の塾に入った。国友重章の父君だが、重明との縁もここから発している。

 経世評論へは、重明の口ききと書かれている。

 柴は大阪毎日の主筆として大阪に行ったが、<佳人之奇遇>の大ベストセラーで味をしめた博文堂の社主原田氏は、柴をたよりに大阪支店を設立。兼業として雑誌<経世評論>を出させて更にひと儲け、の算段だったようだ。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-16 19:54 | 研究 | Comments(0)

羯南の葬儀

 今日は、羯南の命日。

 あらためて、明治40年9月15日、即ち羯南の没後二週間で発刊された<日本及日本人>の羯南の追悼特集を見てみた。

 杉浦重剛、朝比奈知泉、内藤鳴雪らの追悼の漢詩、俳句が並び、盟友であった国友重章、池辺吉太郎の追悼文が続く。

 池辺の文章の中に、一枚の写真が挟み込まれている。

<七里ケ浜に於ける陸氏終焉の家>と題されている。

木々に囲まれた羯南終焉の家の写真である。

続く、池辺義象の文章にも、もっと近景の家の写真が掲載されている。

裏木戸から家に向かうアプローチを見ることができる。

そして

<陸先生と余>

と題する鳥居素川の文章には

<陸実氏の葬儀>

と題された写真がある。

白装束に身をつつんだ人々が、棺をかつぎ、その横をフロックコート、羽織袴の喪服の男たちがつき従っている。

 「故陸実氏の葬儀は既記の如く五日午後一時下谷上根岸町の自邸出棺、谷中全生庵に於いて仏式に依り厳かに執行せられたり。」

(「日本」明治40年9月6日)

  この写真は、この記事にあるように、上根岸から谷中に向かう、葬儀の列の写真だったのであろうか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-09-02 23:10 | トピックス | Comments(0)

池辺三山-最初の外国特派員 その2

 陸羯南と深いかかわりを持つ池辺三山を取り上げるにあたり、三山が「日本の特派員一号」であることに絞って論ずるように、との要請を頂いた。

 そこで、当時の新聞「日本」に掲載されたペンネーム鉄崑崙による「巴里通信」を原本のコピーで読んでみた。

  私の印象をズバリ言い当てているのが、蘇峰の評伝にある「第三者の視点」と「平明で達意な文章」であった。
  
  蘇峰は「経営者」でも「編集者」でもなく、理想的な「リーダーライター=主筆」とも書いているが、この点はどうか。巴里通信の第二号で、三山は速報性こそが新聞の生命線であると説き、次のように書いている。

 「新聞紙の職とする所はこの機動の電火を為しこの変化の流星を描きて、一々その真相特色を誤らざるに在るものなれば・・・時々刻々直に電報通信を以って之を報ずるの仕組みをもなしたき事柄なり。

 但我国新聞紙の発達は未まだかかる巨費の結構を容るるの余地を有せず(欧米諸国の大新聞は直接に東洋の戦報を電報に採り、時としては一二欄の紙面を東洋電報のみにて埋むることあり、我新聞紙の欧州通信これに及ぶ能はざるは残念なり)・・・」

はた
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-12-06 08:32 | 研究 | Comments(0)

池辺三山コレクション 日本近代文学館

  海外にいるはまざき君から、池辺三山の資料はないか、との御用命で、日本近代文学館に向かった。

  ここには、昭和43年、三山の長男である、池辺一郎画伯から寄贈された池辺三山コレクションが所蔵されている。(事前の予約が必要)

http://www.bungakukan.or.jp/

  そのコレクションの内容については既に目録が刊行されており、大きく
1.原稿
2.書簡 1)池辺三山書簡
      2)池辺三山宛て書簡
      3)その他
3.自筆文書
4.筆墨・絵画
5.写真
6.図書
7.その他の資料

に大別される。

 その中で特別に20点ちかく、一回で閲覧させて頂いた。(通常は一回、10点まで、とのこと)

 面白かったのは、写真のなかに、宮崎寅蔵、即ち、滔天( 明治3年(1871)~大正11年(1922))と一緒に、上海でとった写真である。
 複写不可なので、御紹介できないのが残念だが
池辺三山を中心に、左に宮崎、右に高橋晶(高知)、後列に井深仲郷(福島)、宗方小太郎(熊本)の5人でうつっている。明治25年5月28日撮影と記されていた。
 池辺、宮崎以外は勉強不足でわからなかったのだが、帰宅してから調べると、宗方については若干わかった。
 宗方は、元治元(1864) 年生まれ,中国に渡ったのが明治17 年,以後,漢口の楽善堂の活動,海軍の情報収集活動に従事。日清戦争勃発以降,逮捕の網をくぐり抜けて生きのび,以後30 年近くも中国の情報収集を継続した。彼の資料は、国立国会図書館憲政資料室とそして彼の活躍の地、上海の歴史研究所に所蔵されている。(その経緯は、<昭和14 年頃に弟子の
波多が伝記編集の作業を進めるべく,宗方の遺族から多量の資料を借り受けて当時の彼の活動拠点である上海に持ち込んだものを,敗戦後日本に引き上げる際に上海当局に没収され,その後その資料が蘇州の古本屋に並んでいたのを,歴史研究所の関係者が購入して,そこの所蔵となって今に至っている。>上海歴史研究所所蔵宗方小太郎資料について:大里浩秋、に詳しい。)

 おそらく、この五人は、今後の日清関係をいかにしていけば良いか議論したのであろう。
裏には写真館の名前、上海 福州路16、H.UYENO、長崎 Japanと印刷されていた。

H.UYENOはひょっとして、と思い、上野彦馬を調べてみた。
天保9年8月27日(1838年10月15日) - 明治37年(1904年)5月22日)で、幕末から明治にかけて活躍した最初の写真家と言われている。長崎の蘭学者・上野俊之丞の次男として生まれた。有名な竜馬の写真も彼が撮ったと言われている。

http://www.sanno.ac.jp/hikoma/uh1.html

海外に支店(ウラジオストク、上海、香港)をもっていた、ということから、これはまさしく上野彦馬写真館の上海支店で撮られたものであろう。

 余談ばかりになったが、文学館に所蔵されている、池辺の資料は、基礎的なものであり、その日記がまず公刊されたように書簡、他も書籍になることが期待される。書簡の中には、鳥居素川との交換書簡もあり、鳥居の側の資料としても非常に重要と思われる。

たかぎ



 
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-11-18 21:24 | 研究 | Comments(0)

羯南の命日

  今日は、羯南の命日である。

 百年前の今日、羯南は、欧州旅行の疲れ、帰国後の経営困難が重なり、病勢が進み、明治40年9月2日、静養中の鎌倉の別荘で帰らぬ人となった。家族のこと、新聞のこと、心残りが多くその心中、察するに余りある。

 池辺三山が、亡くなってすぐ出版された<日本及日本人>第467号(明治40年9月15日)の中で<羯南君と余>と題する追悼文を寄せている。

 三山はその中で、
<僕を新聞記者にしたのは陸君である>
と書き始め、羯南の助言によって記者になったという。
そしてその後の種々の羯南の心遣いを挙げ、<僕に対する此一例で陸君がいかに人に同情をする方法を執っていたかが知られるでは無かろうか。>としている。

 三山が、根岸に羯南を見舞った時、
<陸君は新聞を売って仕舞って安心した話をし>
と回想している。

 たしかに羯南が経営のために奔走しているときに、誰か、経営と編集を分離して、羯南に編集、論説の作成に専念できるように、助言をするものはなかったのか。
歴史にIFはないが、<記者>に専念できた羯南が、その後の日本の変転に対しどのように評したか、聞いてみたかったが、それも今は虚しい。

 今、せめて我々にできるのは、20世紀の泥沼から抜け出したにも拘わらず、再び各国のナショナリズムが勃興し始めている現代にあって、国と民族と個人の存続を賭けて悩み、議論した羯南たちの考え方を、如何に現代に活かすか、ということなのであろうか。

 没後百年、今、甦る羯南の声に耳を傾けたい。

たかぎ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-09-02 20:55 | トピックス | Comments(0)

明治大正言論資料 月報

 その月報の巻頭には池辺一郎が書いている。

 池辺一郎は、ゴーギャンやルドンの愛好者にはおなじみの名前だが画家であり、実は池辺三山の長男でもある。彼は父の伝記も書いている。(ただこの月報を書いた翌年には亡くなっているのでその仕事は、三山の次女の息子である社会学者の富永健一に引き継がれる。)

 一郎は1932年から38年にかけてフランスに留学していたのでその縁もあってフランス印象派、象徴派の紹介者の一人となったのであろう。父三山は、旧主の熊本の殿様のおつきとして1892年から1895年にかけてパリに留学していた。親子二代でフランスへ留学したことになる。

 一郎は<鳥居素川のこと>と題して書いている。

<鳥居素川(本名赫雄、1867-1928)は、明治25年頃、天田愚庵という奇人の門人となったところで経歴をはじめている。それ以前に上海にいたことがあるらしいが、その時期のことははっきりしない。>

 鳥居は、やはり三山と同じ熊本の人。慶應三年、1867年、に細川藩士の三男として生まれている。彼はその生まれからいって明治の子だといえよう。
兄数恵は、西南の役に際し、三山の父、池辺吉十郎が糾合した熊本隊八百人の中の二番小隊長として西郷を救援しその転戦のなかで戦死している。三山とは親子兄弟を通じた深い縁を持っている。
 熊本の済済黌に学び、明治十七年に上京、独逸協会専門学校で学んでいる時に荒尾精に出会う。荒尾の勧めで、明治19年上海にあった日清貿易研究所(東亜同文書院の前身)に留学した。 

  
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-01-28 09:16 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧