カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


タグ:桑原武夫 ( 1 ) タグの人気記事

ミシュレと司馬さん

 12月10日、立命館大学で開催される「近衞篤麿とその時代」というシンポジウムで近衞篤麿と羯南について話をさせて頂く予定です
 あれやこれやと準備をしている中で、学生時代に読んだミシュレを読み直してみたくなり、娘に北京まで持ってきてもらいました。
 パラパラとめくっているうちに月報が出てきて、この巻の編集担当の桑原武夫先生と司馬さんの対談が掲載されていました。ああ、こんなところにも、と司馬さんの足跡の広さに改めて感心。

 「フランス革命史」を読まさせていただき、驚いたのは、文章のうまいことですね

          (世界の名著 第37巻 ミシュレ 中央公論 1968年1月) 
 
 と冒頭で褒めています。もちろん、日本語訳を褒めているわけですが、桑原先生門下の多田道太郎、樋口勤一、京都大学人文研究所の両助教授が翻訳していたわけで、薫陶が行き届いていたことが分かります。

 興味深いのは、ミシュレの講義を聞いた詩人ハイネが
「ミシュレ先生は、学生のあいだで象徴先生と言われている」
 と伝えているエピソードです。

 「ミシュレは歴史のあいだから、ぴゅっぴゅっと象徴を選ぶのですね」

と桑原先生は語り、マラーを暗殺したことで歴史に名前を残している少女シャルロット・コルデの例をあげています

 「この子がほとんど白ずくめの着物を着ていたということ。その白のトーンにこの可憐なきむすめの純真な、清潔な愛国心の感じが出ているのです。純真とか可憐ということはひとことも書いてないですよ。」

 この話に司馬さんは

 「すぐれた象徴をつかまえることができるひとというのは、これはやはり天才ですね」

とうけています。

 司馬さんの作品を読んでいて、まさにこうした象徴をつかまえて、いろんな人物が生きかえってきているような場面があちこちにある。ミシュレを読みながら、こんな歴史の森の中にわけいっていた先人の歩き方を学んだりしていたのかな、と思ったりもします。

 たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2016-11-07 02:17 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧