カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


タグ:国分青厓 ( 9 ) タグの人気記事

<羯南と古島一雄>(78) 私立大学評判記(その67)

 「私立大学評判記(二十三)慶応義塾の講堂と食堂」の続きである。
 前回、古島は慶応義塾大学の講堂で行われた朗読講義に失望したのであった。しかし、食堂を目にするにつけ、私立大学教育の将来に希望を見出すことになる。それが以下のように綴られている。少し長いが引用しよう。

 「吾人は幾多失望の念と幾多不平の念に駆られつつ恨を講堂に残して将に辞し去らんとするやフト寄宿舎なる文字の目を射るものあり。即ち請ふて先ず食堂に入る。ただ見る。幾百の食卓列を為して整然たる処、独立自尊の大額は掲げられて正面の一端に在り」

 「一卓十五人を座せしむべく、卓に卓長あり整理の責に任じ、呼ぶにボーイあり。命を聞く飛ぶが如し。堂は優に四百人を容るべき大建築にして能く其の清潔と静粛を保ちたるのみならず、其の賄いの方法が全く寄宿舎生の自治に依りて経営せられたるは吾人の甚だ快とせし所にして、講堂に於いて得たる不平の念は食堂に於いて其の幾分を慰藉したりしは、吾人又喜んで之を白状せざるを得ず」

 なぜ古島は食堂に目がいったのか。それは「従来、何処の学校に於いても寄宿舎失敗の歴史を尋ねれば、毎に賄征伐なるクーデターより来らざるなし」にあるという。

 当時の学生は寄宿舎(学生寮)で生活をするのが常であった。その寄宿舎の食事は運営の難しさから賄業者によって運営されていた。しかし、当時はまだ集団給食事業という近代産業としては確立されておらず、また業者が経費をピンハネすることもあって、食事の内容が貧弱で、学生の要求を満たすものでないことが多かった。そのことに学生が不満を持ち、それが「賄征伐」といわれるかたちで爆発したのであった。

 具体的な内容はさまざまであり、用意された米を全部食べてさらに要求したり、机をたたき茶碗や皿を投げつけて壊したり、時には暴力沙汰にまで行き着くことがあった。そして、賄征伐を起こした学生に対する処分は厳しく、単に謹慎処分から退学に発展することもあった。

 その代表例が、まさに陸羯南の司法省法学校時代である。彼はこの賄征伐にかかわり退学処分となった。ちなみにその時一緒に放校となったのが、原敬、福本日南、加藤恒忠、国分青崖である。

 このように現在では理解しにくいが、当時は賄征伐が頻発し、食堂の運営は非常に困難であった。もちろん慶応義塾大学も例外ではなく、賄征伐で苦労した歴史がある。しかし、古島が見学に行った時期にはすでに賄征伐を克服し、学生自治によりみごとな運営を行っていたのであった。

 その自治の方法については、次回詳しく見てみよう。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-10-25 11:03 | その他 | Comments(0)

阪井久良伎(2) 陸羯南の書簡①

 雑誌『文章世界』,博文館,明治40年10月15日号に、阪井久良岐(久良伎)の書いた陸羯南への追悼文が出ていたので、何回かに分けて紹介させていただく。

 前の日本新聞社長として、直言硬骨の志士として、天下の三大記者として徳富蘇峰、朝比奈知泉と併称せられて、文壇の珍とせられた陸實先生は遂に肺結核のために近く四十九歳をもって鎌倉に歿せられた。

 自分の陸先生を知ったのは、今から十年前、初めは日本新聞の編集長であった福本日南先生を知っていたので、英照大后の御大喪の折、日南先生などの発意で国民の礼服一定の建議を出す為め、有志の人々と今川小路の玉川亭に会合した、其時に眉太く眼大きい髭いかめしい偉大夫を認めた。

其人は日南先生に此人は何人かと、余を質ねたので、日南先生が紹介をして呉れて其人が陸羯南先生であることを始めて知った。

 其後日本新聞社に入って、陸先生と日夕面を合わすことに成ったが、一見大層喧しそうに見える先生が極めて温厚な君子であることを知った。

先生の文章や又は先生の気格の高い事などは、今更繰返す要がないから、云わぬけれど、先生の道楽は碁位で、社へ出てきても別席で暇な時は、日南先生や国分青崖や桂湖南などと絶えず盤面に向かって石を下していられる。(以下続く)

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-05-03 09:32 | Comments(0)

卒業の歌  国分操子先生

 年末に<卒業の歌>は、気が早いのだが、明治時代に作詞、作曲された女学館の歌がある。

以下、同校のHPから引用させて頂く。

<卒業の歌
                 国分操子  作詞

                  大山たま  作曲

花はうるはしき 錦を織りて
式場を飾り 鳥は楽しき
楽を奏して 祝意をあらはす
思へばうれしき 卒業式よ
長き年月 恩師益友
我を教へ 我を励まし
人の踏む道 讀み書く業
裁ち縫う術さへ 習ひ得て
今日の筵に 連なる我等
學びの庭を 今日より出でて
浮世の海の 初航海に
のぼらん我等 よしや浪風
荒れん瀬に會うも 年頃日頃
いとねんごろの 師の御教へを
磁石と頼み 正しき道を
進みて行かば 何か恐れん
たつ浪吹く風 あな面白や
あなうれしや 進め友どち


 「東京女学館卒業の歌」は高校三年生の3月、卒業式の直前に初めて教えられる、いわば女学館教育の最後の総仕上げに位置する歌です。
 明治45年に国語の国分操子先生が作詞、音楽の大山たま先生が作曲しました。

 当時、女学館ではこのお二方の先生によって、毎年新しい卒業の歌が作られていたいといいます。
 なかでもこの歌は特に当時の生徒たちに愛唱され、以来今日に至るまで歴代の卒業生に歌い継がれてきました。

  校歌が作られたのが昭和23年ですから、それ以前の卒業生にとって、女学館時代を懐かしむ象徴としての歌はこの曲だったのです。

  同窓会の「白菊会」でも、あるご年齢以上の集まりでは、現在の校歌ではなく、「卒業の歌」が歌われるそうですし、毎年の白菊会総会でも、必ず歌われています。>


  毎年新しい卒業の歌が作られていた、ということがまず驚きである。

更に校歌より先に、この卒業の歌が作られていた、という経緯も新鮮である。

  明治45年にこの作詞をした国分操子先生は、誰あろう、羯南の盟友:国分青厓夫人であった。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-12-20 06:59 | トピックス | Comments(0)

中国服の羯南

  羯南の写真というと、一番有名なのは和服に威儀を正し、口鬚をたくわえた中年の写真になると思う。
 その眼光はするどく、彼の新聞人としての迫力を感じさせる一枚である。

  有山先生の評伝や、青森近代文学館の昨年の展覧会のパンフレットは他にも多くの写真が掲載されている。

  見ていて印象的なのは、若き日の羯南、司法省学校時代に写したと思われる写真である。
学友の加藤拓川、国分青厓と写っている写真、またそれに福本日南がはいっている別の写真もある。

  たぶん同じ写真館で写したと思われるのだが、皆若く、生気にあふれている。
レンズをにらみつけるような眼光の鋭さは、その後の未来をうつしだしているかのようだ。

  時間がたつにつれ、身なりがよくなっていくのは皆同じなのだろうが、和服、洋服いずれも隆とした出で立ちで、明治の漢のセンスの良さも感じる。

  ところが、ひょんなところで、何と、中国服姿の羯南の写真を見てしまった。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-04-19 07:28 | トピックス | Comments(0)

新聞日本と囲碁① 下手の横好き

新聞日本と囲碁について語るにはやはり陸羯南の碁好きに触れておく必要があるだろう。

明治維新後の名士といわれた人々の逸話を集めた「茶話」という本によれば、陸羯南はたいそうな碁好きで司法省法学校時代から打っていたという。ただしょっちゅう打っている割にはまったく上達せず、漢詩人の国分青厓には井目(9子)置いて100目以上負けるそうだ。
これは「相当弱い」を通り越して初心者からまったく抜け出てない状況だ。

自分はアマチュア4段の免状を持っている(今はまったく錆付いてしまったが)。学生免状という裏技で真価は怪しいものだが、それでも学生時代は新宿の碁会所で県代表クラスに3~4子で打っていた。
俗に1子10目と言われる。井目なら90目のハンディだ。そのうえ100目勝つのはたとえ相手が初心者でも大変なことだ。初心者相手では4段も6段も同じ。むしろ強豪といわれる碁打ちのほうが指導碁では筋の悪い手を打たないのでそんな大勝ちすることはない。陸羯南がいかに弱かったかがわかる。

さらに面白いのはその先だ。
同書によると国分青厓は仲間内では同じ漢詩人の桂胡村にはかなわないもののそこそこの打ち手であったらしい。その青厓が胡村を打っていると羯南が頼みもしないのに助言してくるとのこと。
助言というより横から単に口出ししているという感じか。
「岡目八目」は囲碁から出た言葉で、観戦していると8目も得する手も見えてくる。つまり当事者より横にいる人間のほうがいい手が見えるという意味。羯南も横で見ているといい手が見えてくる自分に酔っていたのだろうか。それとも生来の口出し癖であったのか。

海外から帰国した福本日南が羯南と打つと少しも上達していないので「君はもう碁は止めたら」というと、「碁は止めてもいいが、助言は止めぬ」といったとか。
やはり人の所業に一言口出ししたくなるのは羯南の性分であったらしい。

つかもと
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-08-26 21:42 | 研究 | Comments(0)

高胤事

 青厓国分高胤は、その友人たちに比べると長命であった。

若き日よりの自由奔放の生き方が彼の生を長からしめたのかもしれない。

入谷仙介は、<青厓詩存>の解説の中で

<性格は天才肌で奔放を極めた。(中略)家を一たん出ると何日も帰宅しない。妻はそのために知人に葉書を出して所在を尋ねる。葉書の文面が。「主人高胤事」に始まり、いつも同じなので、知人の間で高胤事といって評判になった。時としてはそのまま旅に出、旅先で買った本が送られてきて、初めて行方がわかるようなこともあった。>
 (汲古書院、昭和58年)

 GPS機能を使ってたちどころに居所が把握されてしまうような現代とは違ってまことにノンビリした話だが、今となっては、その自由さが、非常に羨ましい部分もある。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-06-30 03:59 | トピックス | Comments(0)

蒼海先生のこと

  蒼海先生の書をみた。

 蒼海先生、即ち副島種臣。江藤新平、大隈重信らと並んで、幕末佐賀の七賢、彼の兄である枝吉神陽を入れて八賢という人もいる、の一人である。明治になって清国への特命全権大使として赴き日清修好条約の締結などに活躍したが、征韓論の一件で西郷らとともに下野した。

 丸山幹治は、昭和初期に<日本及日本人>などに副島の伝記を連載し、11年になって<副島種臣伯>(大日社、昭和11年2月)として出版した。伝記と逸話を集めた形になっているが、実はこの書が初めての副島の伝記であったという。中に、<先生の金銭観>というのがある。

 「先生は口癖のように、<金なんか持って威張るのは馬鹿だ。太古は貝を貨幣とした。丁度貝を集めて威張ってるのと同様だ>」

たしかに極めて金銭には無頓着であったようで、貧乏暮らしを心配した明治天皇が下賜金を送ったという逸話も残っている。

 彼の書は、その無頓着な性格がそのまま表れているような作品ばかりで、まさに天衣無縫の観がある。かって有島生馬がもっていたという書も、この作品を古道具屋で見た、どうしても欲しくなり取りつかれてしまった、というのも頷ける。



e0106376_20374153.jpg



  書の件は、羯南の書をまとめてくれているささはら君にお願いするとして、蒼海先生は漢詩人としても有名であったようだ。
  国分青厓が三条実美に招かれて日光の別荘でつくった<風雨観華厳瀑布歌>が新聞日本に掲載されると、蒼海先生はこれを大いに賞し、次韻の一篇を作ったという。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-06-26 20:50 | トピックス | Comments(0)

国分青厓のこと  古島一雄

 仙台のたかはし君が送ってきてくれたのは、宮城県図書館にあった雑誌のコピーだった。
雑誌は昭和23年11月の<新星>。古島一雄は、この雑誌に<日本新聞時代を憶ふ>という連載を7回シリーズで続けていたようだ。その第六回が、<国分青厓のこと>となっていた。

 <国分青厓が漢詩界に残せし足跡も大きいものがある。青厓も羯南も日南も、ともに司法省法律学校の出身だが元来この法律学校は特殊のものでその入学試験に毎年史記の伯夷伝を出すという評判の程非常に漢学を重んじたもので従って同校出身には漢学者が多い。
  羯南は日本新聞を主宰すると青厓をして文苑を掌らしめ更に評林という一欄を設けて漢詩をもって時事を風刺せしめた。
  僕はこれこそ明治の詩史だと称して詩董狐と題する小冊子を出版せしめ青厓は益々乗気になった>

(新星  昭和23年11月号)

  かって日本文学のジャンルに漢詩が存在していたということを想起させる内容だが、青厓は風刺としての漢詩と、文学としての漢詩の双方で自己を高めていったようだ。
が、人物としては非常に面白い人であったようである。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-05-19 23:57 | トピックス | Comments(0)

美髯の人  国分青厓

  国分青厓は、司法省学校以来の羯南の友人で、著名な漢詩人ということはあちこちで言われているが、詳しいところを書いてある文献はあまりない。
  生前の著作も、新聞日本に連載していた漢詩による時評、<評林>、を集めた<詩董狐>(明治30年、明治書院)のみである。
  明治時代の著名人のエピソードを集めた<維新後に於ける名士の逸談>(茶話主人、文友館、明治33年2月)の中に楽しい話がある。

 <詩人で碁の強いのは、桂湖村だ。湖村は初め国分青厓について教を乞うたものだが、今じゃ青厓に二目おかせるという評判じゃ。
  ある日青厓と磯野が汗を流して戦っているに、湖村が側からうるさく助言するもんだから青厓が怒って黙れと大喝した。
  湖村はそれにもかまはず又助言を始めたから流石辛抱強い青厓も堪忍袋の緒が切れたと見えていきなり立ち上がり拳骨を固め五月蝿い奴だと云いながら湖村の頭上を目がけて打ちおろしたが湖村は飛び退いて玄関まで駆け出した。>

 好きなものにあっては偉人も子供になるのだが、羯南の碁好きも有名だったようだ。囲碁の話題は、つかもと先生にお願いするとして、そうこうしているうちに青厓の出身地、仙台のたかはし君から資料を送って頂いた。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-05-17 20:36 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧