カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


タグ:原敬 ( 4 ) タグの人気記事

盛岡 原敬記念館

  盛岡の駅からほど遠くない場所に原敬の記念館がある。

 原敬は言わずと知れた首相経験者であり、東京駅の駅頭で暗殺されたことは、痛ましい最期として記憶に残っている。

 その原が若き日に、司法省法学校で、羯南とともに学生時代を送っていたことは、羯南側の伝記などには詳しい が、原側の記述には乏しいものが多かった。

 その原の記念館で今、<原敬と司法省学校時代>の企画展が開かれている。

 学友として、羯南と加藤拓川が紹介されており、羯南の原に対する手紙も展示されている。

 親戚でもある赤石定蔵のメルボルン領事館での処遇に関する手紙であるが、この書簡は全集にも収録されておらず、以前、東奥日報の記事でも取り上げられたが、羯南の同郷人に対する心遣いを感じさせる書簡となっている。

 http://www.mfca.jp/jigyou/12_0608-0930harakei.htm

 この企画展は9月30日まで

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-07-03 21:10 | トピックス | Comments(0)

津軽同郷人会  羯南と赤石定蔵の出会い   

  赤石定蔵は、新聞日本の最後の金庫番として苦闘した人物である。

 彼の生涯は、弘前の川村欽吾先生が書かれた一連の<陸羯南ゆかりの人>のシリーズの中にある<赤石定蔵と陸羯南>(東奥義塾研究紀要 第7集 1974年)に詳しい。

 赤石は慶応3年(1867年)弘前の東海家の次男に生まれた。ただ母親の実家赤石家の跡目が途絶えたことにより、明治6年7歳にして赤石家を継ぐ。

 明治17年東奥義塾を卒業し、上京東京専門学校(早稲田大学)に入学、19年20歳の時に東京で開催された津軽同郷人会で陸羯南と出会う。

 明治20年卒業後、翌明治21年東京電報に入社したものとされているが、このあたりの詳細は現在は不明である。

 赤石は羯南とともに東京電報、新聞日本の創刊に奔走したものと思われる。

川村論文には、明治23年12月5日の東奥日報の記事が引用されている。

<津軽人の大懇親会

明後日例により開会のよしなれども、今年は二名の貴族院議員、四名の衆議院議員を招待し米国より帰りたる本多庸一氏の歓迎会、近き豪州に赴かるべき赤石定蔵氏の送別会をも兼ねべきつもりなりと聞けば定めて盛会なるべし。>

 赤石がなぜ新聞日本から、外務省のメルボルン領事館へ転じたかは、赤石本人にも直接取材している、この川村論文でも明らかにされていない。

 メルボルン領事館は、オーストラリア人の名誉領事のほかは赤石一人だったようで、その苦労が偲ばれる。

  国会図書館には<「サルスデ-」島及「ダルヴヰン」港視察報告>(明治26年11月 外務省通商局第二課)という赤石の報告書が残されている。
赤石の帰国が明治26年夏なので帰国後の報告書ということになる。
(赤石の帰国については、陸から原敬へあてた書簡に詳しいが、この書簡については2008年5月5日の東奥日報に詳しく紹介されている。)

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-06-14 05:27 | トピックス | Comments(0)

青森へ

  司法省法学校を放校になった羯南は、一緒に放校になった原敬が報知新聞、国分青厓が朝野新聞に就職したにも拘わらず、東京での就職がうまくいかず、青森に帰ることになった。
明治十二年四月頃のようである。

その時の様子を、一緒に放校になった加藤拓川が、羯南が亡くなった時に朝日新聞のインタビューに答えて語っている。
 <遂に陸は失望してヤツト両人の書籍や衣類を売り、僅かの旅費を作って北海道に出かけた>
 この北海道に、というのは拓川の思い違いで、北海道に行くのは、青森での仕事の後のことである。

<其時僕は大風雨を侵して千住まで徒歩して陸を送り、大橋の上で手を握って別れた。両人の嚢中は一寸ソコラに腰掛けて一杯飲むだけの余裕がなかったのでした。>

 糟糠の妻は堂より出ださず、というが、逆境をともにした友も得難い。
羯南があれだけ子規の面倒をみたのも、やはりこの拓川の甥であるから、ということが大きいのではないだろうか。

<此時造った長編は羯南一代の傑作とも思われたが草稿を留めなかったから忘れました>
(明治40年9月5日ー7日  朝日新聞)

 この状況でも、漢詩をつくる、というのは今の時代感覚からいうと本当に余裕を感じるが、時の流れがやはりゆるやかだったのであろうか。
 時代は少し遡り過ぎるかもしれないが大宰府に流される菅公の詩が思い出される。

  <駅長勿驚時変改
 
    一栄一落是春秋>

 因みに、この拓川に対するインタビューは、池辺吉太郎こと三山が行っている。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-08-26 21:39 | トピックス | Comments(0)

司法省法学校

  官立宮城師範学校を退校した羯南は、弘前に帰るわけにもいかず、東京へ向かった。
明治9年3月、羯南20歳の春であった。

  有山先生の著書によれば、当初東京師範学校へ入ろうとしたが、宮城師範学校からの通達で果たせなかった、という。このいきさつがなかったら羯南が自分たちの母校の先輩になっていたかと思うと不思議な気分もする。しかし、師範学校に行っていれば、新聞人羯南もいなかったかもしれない。

  やみくもに東京に出てきたものの、八方塞がりであった羯南にとって朗報であったのは、司法省法学校の生徒募集であった。官費で勉強できる学校は、師範学校と軍関係の学校というのが通念だが、この法学校も官費学校の一つであった。

  当時の地図を見ると、司法省のすぐ隣に法学校があり、丸の内1丁目8番、丸の内は山手線の内側というイメージが強いが東京駅をはさんで反対側もごく一部丸の内がある。今の八重洲北口を出てすぐのあたりになるが、こころみに歩いてみても駅周辺の再開発の波が激しく一面の工事現場となっていた。

  前田蓮山の書いた<原敬伝>(高山書院、1943年)には、当時の法学校の寮の部屋割が出ている。4人から6人部屋に分かれていたようだが、原は第1室、子規の叔父である加藤恒忠は第11室、羯南は第21室でルームメイトに国分高胤、後の青厓がいた。福本巴、後の日南は第30室以降だったようだ。

  羯南にとってここで得たのはフランス語の語学力、法律知識、そして最大の財産はこの終生続いた友人たちであったのだろう。若き日の羯南たちの武勇伝もいくつか残っている。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-07-10 22:23 | 紀行 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧