カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


タグ:井上劍花坊 ( 8 ) タグの人気記事

阪井久良伎

 井上劍花坊のことについて何回か触れた。もう一人、今日の川柳の基礎を築き、劍花坊と並んで、「川柳中興の祖」よばれた阪井久良伎(さかいくらき)について、曾孫さんのHPおよび川柳学会第2回研究会資料(2005.9.19)・竹内豊氏「久良伎資料の解釈と保存」から引用してご紹介したい。

久良伎は、本名「坂井辨(わかち)」(1869~1945)といい、1869年生まれ。1884年、藤堂男爵家において五世川柳編「絵本柳多留」を読んで川柳を志向する。

1897年、「日本新聞」入社、正岡子規と歌論で衝突したが、却って親交を深め、子規の感化を受け川柳の本格的な研究を決心。

1903年、「川柳梗概」を発行し、川柳中興の第一声となり、翌1904年、我が国初の川柳会「川柳久良岐社」創設、1905年「五月鯉」発行。

1925年ラジオで本邦初の川柳講義を放送し、1929年久良岐を久良伎に改め、1945年逝去、

とある。

「川柳=狂句」「川柳=猥雑なもの」という当時の社会風潮に異を唱え、川柳の本道を世に広めるべく尽力した、という。

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-11 07:10 | Comments(0)

井上劍花坊(7)

 引き続き、坂本幸四郎著「井上劍花坊・鶴彬-川柳革新の旗手たち」から引用を進める。

 最後に、劍花坊の妻、信子のことに触れる。

 最初の妻トメが長男・麟児(1893年)、次男・鳳吉(1895年)、三男・亀三(1898年)を出産した後、産後が悪く、明治31(1898)年他界する。

 劍花坊は、明治32(1899)年、遠縁にあたる岡信子を懇望し結婚。信子は2度と郷里に戻らなかったという。当時、信子は山口日赤の看護婦をしていて、劍花坊より一つ年上であった。信子も20歳のころ一度結婚していたが離婚。日露戦争にも従軍し、勲八等宝冠章を貰っている。

 信子は姑と3人の子供がいる後妻なでの結婚をしぶったが、それでも結婚したのは劍花坊の魅力にひかれたからではないかと著者は推測する。劍花坊と信子の間には、長女・竜子(1901年)、次女・鶴子1907年)の二人の娘が生まれた(pp.47-50)。


「「井上劍花坊追悼号」の『川柳人』誌に、全国から多くの人の追悼句が載せられているその中に

一人去り二人去り仏と二人  信子

とあり、夫を失った妻、喪式が終わって日がたった一人になった気持ちをうたって佳句。」とある(p.158)。

「妻信子に支えられての劍花坊であって・・・先妻の男の子を立派に成人させ・・・・主婦として『川柳人』主催者として生き伸びた。劍花坊の意志を継ぎ、鶴彬をかばいとおし、彼の作品を載せつづけた。その結果、鶴彬が1937年、治安維持法で検挙され、『川柳人』は281号で廃刊・・・戦後の信子と『川柳人』復刊については拙著『新興川柳運動の光芒』によられたい。・・・

 劍花坊の最大最愛の弟子が妻信子であったことを彼は知らずに死んだ。・・・・太平洋戦争勃発の前夜

国境を知らぬ草のみこぼれ合い

の人類の平和を望む名句を生む・・・(1940年1月『巻雲』誌に発表)

 1948年、信子は『川柳人』を復刊し主宰・・・このとき80歳(数え年)・・・1958年4月16日死去。享年89歳であった。

『川柳人』は1989年現在も発行されており、主催者は愛娘、大石鶴子氏である。」(pp。159-160)という。

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-09-27 23:21 | 研究 | Comments(0)

井上劍花坊(6)

引き続き、坂本幸四郎「井上劍花坊・鶴彬-川柳革新の旗手たち」(1990)を中心に引用を進める(pp.59-63)。

「『日本』新聞の、川柳欄、「新題柳樽」は好評で、ちょうど1年がたった、明治37(1904)年7月3日には、投句者が300余名に増え、井上秋劍は、選者名を「新題山柳樽寺和尚劍花坊(しんだいさんりゅうそんじおしょうけんかぼう)」と名乗った。

これから後年、この派が、柳樽寺派といわれるようになり、主宰者の劍花坊は、門下生から和尚の愛称で呼ばれるようになる。・・・(ペンネームを坊主にしたのは、)天田愚庵との邂逅からだという。・・・天田愚庵は、1854年平藩主安藤信正の家臣、甘田平太郎の五男として生まれ・・・漢詩のほかに万葉調の和歌を能くし、正岡子規に多くの影響を与えた。

・・・神田のニコライ新学校で・・正院の大主記である小池祥敬に出会い・・・生涯の大恩人、山岡鉄舟を紹介され・・・国学の師、落合直亮を知った・・・1873年、直亮が開塾した中教院で、生涯の友となった、国分高胤と落合直文を知り、国分によって、陸羯南、福本日南ら『日本』新聞をよりどころとする人たちを知る。

・・・1882年春、産寧坂に草庵をかまえ愚庵と称し・・・ここに多数の文人が訪れ、正岡子規、河東碧梧桐、桂湖南、国分青崖らもその仲間であった。・・・1903年5月上京、日本新聞社の特別桟敷で初日から千秋楽までの9日間、角力記者であった井上秋劍と二人ならんで観戦した・・・。

そのひと月後、7月3日、『日本』新聞に、「新題柳樽」の川柳欄を設けた・・・天田愚庵研究家、柳内守一は

秋劍は、愚庵を思慕したものであろう。川柳革新の砦を柳樽寺と名づけ、己を僧にみたて、禅童、劍花坊、秋劍禅侶、大和尚などと呼称した。やがて川柳を中興したといわれる柳樽寺派と、その総帥、井上劍花坊の誕生はここからであった(『川柳人』1987年1・2月号)

といっている。」


しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-06-08 00:08 | 研究 | Comments(0)

井上劍花坊(5)

 井上劍花坊追悼号「川柳人」(1934年11月号、No264、pp6-8)に、羯南最後の弟子で後に読売新聞の編集長になる千葉龜雄の「呵々大笑いする井上さん」がある。そこから抜書きする。

 「私の良く知っている井上さんは、劍花坊としての川柳寺の住職よりも、井上秋劍としての新聞人であった。詳しく云えば私が氏を知ったのは、私が二十八九歳の一青年として、その頃、神田の雉子町にあった、日本新聞社の下っ葉記者として入社した頃からである。

記者になる前、その社の一室に、私は三宅雪嶺先生主宰の『日本人』の一記者として、八木徳二郎氏と一緒に雑誌を編集していたものだ。

新聞や雑誌を拝借に、折り折り新聞の編集局に時々入っていくと、古島一雄、安藤正純、河東碧梧桐、井上藳村、長谷川如是閑氏達がそれぞれ忙しげに働き、もしくは編集室と印刷場の間を、往復していた。

その中で、男性特異な声調子で、高調子に話している二人の人が目についた、いや耳についた。その一人は古島さんであった。・・・もう一人・・・井上秋劍氏であったのだ。

 間もなく私は、日本新聞の社会部に入った。河東氏が旅に出て、私が代わりに、部長のような役割になったのだが、何とこの社会部は、部長一人と社会部記者一人という把端な小さな世帯だ。

それも無理はない。当時の日本新聞社は、社会部などは有っても無くとも、社説と、国粋主義と、日本派の佛句と雄健華麗ともいうべき、文章典型的な文章で、新聞界に雄視していた。

で、どの記者も、国士型の気骨と、雄渾な文章の持主であった。日本新聞の名物記事の一つ中に、相撲があった。

何しろ、あの頃は、国技としての相撲の黄金時代、その競技を書くのも書き映えせぬ訳がない。始めは古島古一念(一雄)氏の執筆で、新聞界独特の素晴らしい文章として鳴渡っていた。

漢文の要素七分、ひどく勇ましいもので、文字通り、血湧き、肉おどる肉弾戦の快観が、活字の面に踊っていた。・・・・・

この名物欄を引き受けたのが秋劍氏であった。これがまた初代に劣らない大した名文で、その上毎日毎日、あの五六段に亘る記事をすらすら書いてゆく快筆にも敬服した。

書いていながら、得意な文句や表現を見つけ出すと、例の呵々大笑って奴で、あたり構わず、吹聴する。と、云った訳。・・・・・」

                            しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-15 21:44 | Comments(0)

井上劍花坊(4)

引き続き、坂本幸四郎「井上劍花坊・鶴彬-川柳革新の旗手たち」(1990)を中心に引用を進める。

新聞「日本」と陸羯南、古島一雄のコメント部分を抜書きする(pp53-55)。

 『日本』新聞が創刊されたのは、大日本帝国憲法が公布された、明治22年(1889)2月である。社長は陸羯南。青森県の生まれ、本名田中実。太政官書記局に勤めていたが、条約改正反対の世論がたかまったころ官をやめ、新聞『東京電報』の社長となった。

同紙廃刊後、『日本』新聞をおこし社長となり、社説・評論に健筆をふるった。徳富蘇峰とともに言論界の代表的存在だった。軽薄な欧化主義をいましめ、外に対しては民族の独立を強調して政府の軟弱外交を非難し、内には国民の統一を主張した。

陸のいう国民とは、民族的な自覚にもとづいた民主主義を基調にしており、藩閥政府による、軍人・官吏・富豪の利益を保護する国家主義に反対し、堅実な中等民族-中産階級-ミドルクラスが政治、経済のにない手になるような社会を作ることをモットーとした。・・・

 主筆の古島一雄は兵庫県豊岡生まれ。杉浦重剛に師事して日本主義の教育を受け、『日本』新聞記者となる。犬養毅の懐刀と言われ、政治行動をともにする。

戦前貴族院議員。戦後、自由党鳩山総裁が追放になったとき、後任に推されたが、受けず、吉田茂を推し、吉田内閣を成立させた。政治生活50年を在野の一政客として一貫した人間であった。

                                   しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-07 17:44 | ニュース | Comments(0)

井上劍花坊(3)

 引き続き、坂本幸四郎「井上劍花坊・鶴彬-川柳革新の旗手たち」(1990)を中心に引用を進める。

 井上劍花坊は、1934年9月11日64歳で逝去しているが、その追悼号「川柳人」(1934年11月号、No264、pp3-4)に長谷川如是閑*が「『秋劍』を想う」と題して、日本新聞社時代**のことを記している。

 * 1875-1969年、大ジャーナリストで民主主義思想の指導者
 **日本新聞社入社までは井上は「秋劍」の名前しか使っていない。

 井上君と私とは三十年余年前に、同じ「日本」新聞の編集室に机をならべた同僚だったが、その頃は、われわれは君を秋劍と呼んでいた。あの響き渡るような音声と、華かな談話ぶりとは編集局の名物だった。

 のみならず君の風采も一種特徴があった。そうとう柄のある体骼で、両の肩をいかめしく張って、片方の手でいわゆる片褄をとって、足をバタバタ床を叩くように歩いた。

 ものを書くときには、右の手で拳固を作って、着物の肩を突きあげて、江戸っ児のいわゆるヤツを作っていた。風采、態度が、侠客伝中の人物のようであった。

君が劍花坊と名乗って川柳をやりだしてから、私は君のことを川柳によんで戯れに君に示したことがあった。それはなんでも

 あの音は秋劍きたると覚えたり

というようなものであった。

 君は漢文ばりの文章が上手だったので、それで相撲の記事を書いて好評を博した。日露戦争が勃発すると、殆どすべての記者が従軍して、留守は古島編集長-今日の貴族院議員、古島一雄氏ーと四・五名きりで、秋劍も私たちと共に留守組だったが、何人かの従軍記者から送ってくる文章を、かたはしから秋劍ばりの漢文調に書き直すので、君は昼も夜も大童になっていた。

その漢文張りの従軍記はおかげで、『日本』の売りものになって、さすがに『日本』の記者たちはみな文章家だと賞賛された。

君は全く縁の下の力持ちだったが、それでも愉快にやっていた。

 君はなかなかの精力家で、人のいやがる当直を一人でひきうけて、朝早くから、夜の二時、三時まで、のべつに働いていた。

『日本』には社会面というものがなかったので、社会部記者というものは一人もいなかったが、何か社会面の事件があるとやはり記事がいるので、そういうときには秋劍が一人で働いた。

その間には、劇評もやれば相撲記事も書き、川柳の選などは当直をしながら、合間合間にやっていたが、さすがにときどき投稿を選り分けながら、コクリコクリ居眠りをしては、またつづけるというようなこともあった。・・・・

 古島編集長は、そのころから犬養の懐刀といわれていたが、頗る機知に富んだ人で、文章も上手で、書の如きも、われわれには犬養氏のそれよりもいいと想われるくらいだった。

秋劍君に川柳を始めることをすすめたのは即ち古島一雄氏だったのである。

古島氏は川柳に早くから興味をもっていて、書物なども多少持っていたが、それを秋劍君に提供して、川柳をやるようにすすめたのが、後の、大劍花坊を産むそもそもの発端だったと覚えている。・・・・

                                      しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-01 23:01 | 研究 | Comments(0)

井上劍花坊(2)

引き続き、坂本(1990)から引用する(pp.55-57)。

 古島一雄の意図は、当時、やたらと新聞が政府攻撃を行い、その都度発行停止処分を受けるので、直接時事を批評せず、間接的に政治批判ができないかと考え、井上劍花坊に声をかけたという。

(ここからは、古島一雄著『一老政治家の回顧』からの孫引きで、)

『僕がどうして狂句に興味を持ったかというと、憲法発布の日、文部大臣森有礼が殺されたとき、西松二郎が、

有礼が無礼の者にしてやられ
廃刀論者 出刃包丁を腹に差し

という狂句を書いてよこした。

 森は当時、有名な廃刀論者だ。実に面白い。これをやれ、と思って探したが適当な人がいない。・・・・(中略)・・・正岡子規に相談したら、藤井紫影という金沢の高等学校の先生をしている人に頼もうということになったが、なんといっても金沢では、今日のように通信機関が発達していないから、折角の句がおくれる。

 困っているところへ、井上劍花坊というのがでてきた。・・・・
 井上劍花坊が入社したいといって、自分の著書、十銭叢書を持ってきた。読んでみたらくだらぬものだが、中に狂句がある。それがどうにかなりそうなので採用した』
と古島一雄は書いている。

井上劍花坊も偶然川柳欄を担当することになった、と坂本はのべている。
そして坂本はさらに

「劍花坊が、社主が陸羯南である日本新聞社入社を希望したのは、この新聞社の国民主義に賛同したからであり、主筆古島一雄が、その主旨を川柳で啓蒙しようとした点では劍花坊の志と一致していた。」と記している。

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-01-18 14:38 | 研究 | Comments(0)

井上劍花坊(1)

 高木主筆より、坂本幸四郎著『井上劍花坊・鶴彬』リブロポート(1990年)をお借りした。以下この本に基づき、井上劍花坊についてみてゆきたい。

 井上劍花坊は、1870年山口県萩の生まれ。井上家は毛利家に仕える家柄であったが、明治維新で没落している。

 井上劍花坊は、小学校の代用教員の傍ら、神代大介の「遊学塾」で漢学を学び、『鳳陽新報』(後の『長州日報』)、雑誌『明義』の文芸欄担当、『越後日報』主筆を経て、1903年(明治36年、33歳)で日本新聞社に入社している。

 坂本によれば、「『日本』新聞が近代文学史に名を残したのは1892年(明治25年)6月、正岡子規の新俳句運動を始めたことによる。」とある。

 そして井上劍花坊の日本新聞入社に関して、坂本(p54.)は「・・・そのとき、主筆の古島一雄に、『この新聞でかつて、正岡子規が新俳句をおこしたのだが、こんどは君がこの新聞で新しい川柳をおこしたらどうだ』と言われ、このはなしから、明治36年7月3日、『新題柳樽(しんだいやなぎだる)』の欄名で川柳欄が設けられた。『柳樽』は、江戸古川柳の名著『柳多留』からとったのはもちろんである。」と記している。

しぶさわ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-01-17 13:05 | 研究 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧