カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


タグ:丸山真男 ( 9 ) タグの人気記事

新聞日本と政教社の人びと 丸山真男 その2 

  古島一雄の次に登場するのは

  「もちろん羯南(陸実)も個人的には私は知らない。」

  と羯南の話になる。

羯南は1857年から1907年の生涯。
 
 丸山真男の父、幹治は、1880年から1955年と長命であった。晩年もずっと書き続けた毎日新聞のコラムも長いキャリアを誇った。

 幹治の二男であった真男は1914年から1996年と、父以上の長命であった。羯南が亡くなってから7年後に生まれている。

 真男の座談に出てくる父幹治の家庭での羯南への崇敬の念は前に紹介したが、彼の羯南への見直しのきっかけはやはりこの幹治から始まり、その情熱が羯南全集を生み出した。

  「こういう人たちについては、おやじから話は聞きましたけれど、直接には知らないわけです。」

 若くして亡くなった羯南はともかく、古島は1952年まで87歳の長命をほこったので晩年に会っても不思議はないような気もする。
 幹治がジャーナリストとしての生涯を貫いたのに比して、古島は、日本新聞社以降、万朝報に移り、明治44年衆議院議員となってからは政治家としての人生を送った。

 古島は、真男が戦後書いた<陸羯南  人と思想>、を読んだのであろうか。

古島も同じ時期に、<日本新聞社時代>と題する連載エッセイを雑誌に発表していた。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-05-10 07:34 | 研究 | Comments(0)

新聞「日本」と政教社の人びと   丸山真男

 前述の丸山のインタビューの中の

新聞「日本」と政教社の人びと

 と題する章で、新聞「日本」、政教社のひとびとついての丸山の思い出が語られていく。


「私が個人的に接していない人として、たとえば古島一雄。

「日本」新聞の編集長で、この人は吉田茂の指南番というか、お師匠でしょう」

とまずまっさきに古島一雄が登場する。

この時期の人々にとっては、古島は、ジャーナリストというよりは、政治家、しかも吉田茂という戦後日本の枠組みをつくった政治家の「師匠」とされている。

 いわゆる、キングメーカー、ということになるのだろうが、明治期に時の政府と対峙したジャーナリストが戦争を経て、今も続く戦後政治体制を影にまわってつくりあげたことになる。
 現代のわれわれは、羯南と古島の目指した世界の中に生きていることになるのだろうか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-04-11 07:50 | 研究 | Comments(0)

如是閑さんと父と私  丸山真男

  てらだ君が東京に帰ってきた。

 かねて懸案であった、丸山幹治のことをもっと調べよう、という話になっている。
息子の丸山真男が父親のことを書いた文章が、もっとないかという話もあり、関係の資料をあたっていったところ、標記の聞き語りが出てきた。

 岩波書店の丸山真男集の16巻に所収されてたが、その解題によれば、昭和59年12月1日に新宿京王プラザホテルで行われたインタビューである。
 もともとの所収は、「長谷川如是閑ー人・時代・思想と著作目録」(中央大学、1985年)であり、インタビューのメンバーは、長谷川如是閑著作目録編集委員会の方々であった。

 丸山には、前にも紹介させて頂いたようにいくつか父、幹治についての発言があったが、これだけまとまって語っている資料は珍しい。

 しかもその内容は

「新聞日本と政教社の人びと」

という章も含んでいる。

「それで、おやじとの関係から、どうしても私の知らない、つまり、私の生まれる前の関係から始めなければならないのですけれども、私が成人してから後になって、ああ、あの人は如是閑とそういう関係だったのか、とはじめて知った人がたくさんいます。」

(丸山真男集  16巻  岩波書店  1996年12月)

以下、丸山真男がどのように、新聞日本の人々を紹介しているか、読んでいきたい。

たかぎ  
 
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-04-05 06:47 | 研究 | Comments(0)

<羯南と古島一雄>(11) 私立大学評判記(その6)

 前回、明治時代直前から中期にかけて国民に西洋の知識を伝え、その教育の影響と効果をもたらした高等(大学)・中等(高校・中学校)教育の担い手として、慶応義塾を始めとする学校、数校を紹介した。古島一雄は、さらに「(一)緒言(上)」で、次のように述べている。

 「試みに只(た)だ政治思想の一方面に見よ。夫(か)の民権と曰(い)ひ、自由と曰ひ、進歩と曰ひ、保守と曰ひ、而(しか)して自由党となり改進党となり、帝政党となり、遂に今日の憲法政治を見るを得たるもの、実に此等(これら)教育の賜にあらずや。」※( )内は筆者補足。

 そして、以下のように続ける。

 「英米流の政治思想は、福沢(諭吉)、尺(振八)、中村(敬字)の三氏に唱導せられて改進党の萌芽となり、仏国ルーソーの民約論は、中江兆民に鼓吹せられて自由党の声明となり、加藤(弘之)氏の独逸(どいつ)的国権論は、明治政府唯一の金城鉄壁となり、箕作(麟祥)氏の仏蘭西(ふらんす)法律書は、依つて以つて日本法典の基礎となる。」※( )内は筆者補足。

 古島は、上記のように各代表者を中心とする学校での政治思想教育と当時の政党の由来を説き、学校教育が政治と大きなかかわりがあったことを指摘している。

 そもそも当時の学校は、政治結社の性格も持ち合わせ、その境はあいまいである。自由民権運動の温床ともなった。例えば、当時の代表的な結社であった高知の立志社には、立志学舎という学校があり、慶応義塾の卒業生を英語教師として迎えベンサムやミル等の西洋思想の講義を中心に行っていた。
 
 翻って現代を見ると、今の大学には政治の臭いすらしない。かつての丸山真男のような教員はいないし、学生は政治に無関心である。長年、大学に身を置いている立場からすると隔世の感がある。   

 かつて学生運動の激しかりしときがあった。私は、その時代を直接体験していないが、学生の政治活動を禁止していた筑波大学でも、昭和50年代にその名残りがほのかにあったことを憶えている。歴史的に見れば、教育と政治とは、切っても切れない縁があることがわかる。 

 古島は、後に政治家となるが、そのベースはこの新聞「日本」の記者時代に培われた。

 一方、陸羯南は、政治家にならなかった。官吏時代の上司であり、新聞「日本」の生みの親のひとりである高橋健三が松隈内閣の内閣書記官長にあったとき、協力を求められたことがあるが、相手にしなかった。官僚を辞めてからは、在野にて、中庸、中道、中立を保とうとした。    

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-01-31 10:05 | その他 | Comments(0)

東京女子大学 丸山真男記念文庫

 丸山真男の蔵書は、東京女子大学の図書館に所蔵されている。

丸山の自宅が東京女子大学に近かった縁から、その蔵書と草稿等は丸山真男記念文庫として図書館に寄贈された。

 図書館の地下の所蔵庫の一角に、文庫が管理されているが、驚くべきは、その所蔵形態が丸山真男の家の本棚に並べられていた順番をまもっていることである。

 蔵書の並び方はその所有者の頭の中の整理の状況を現わしている、ということが、その本棚に入り込むと、あたかも丸山真男の頭の中に入り込んだ様な錯覚に陥る。
 
 試みに、陸羯南の関係の蔵書は、と探してみると、近衛篤磨の関係図書、谷干城の伝記、その近くに三宅雪嶺、福本日南、長谷川如是閑、そして徳富蘇峰の著作が並んでいる。

 父親の丸山幹治の著作も一緒に並んでいるかと思ったが、これらは少し離れたところにあり、丸山の兄弟たちの著作とともに、丸山家の人々の著作のたなの一群のなかにあった。

 陸羯南のオリジナルの著作を探したが、こちらは自らが関わった全集があるだけで、オリジナルの著作は見当たらない。

 実は現在公開されている文庫は全体の一部にすぎない。

「丸山眞男文庫が2005年4月から一部公開されています。今回公開されたのは、故丸山眞男氏から受贈した書籍約18,000冊のうち、約12,000冊です。全て開架に置かれ、自由に閲覧できます。」(東京女子大学  図書館)

 残りの約三分の一がまだ公開されていないのだ。
図書館は<丸山眞男文庫所蔵図書資料類の部分公開について>とする一文を掲げている。


「戦後日本の代表的知識人であった丸山眞男氏が遺された膨大な図書資料類や各種草稿資料類は、1998年9月に丸山家から東京女子大学に寄贈され、翌年春から同大学図書館の丸山眞男文庫室に収蔵されています。図書館では、このうち各種の草稿資料類に関する調査と整理を専門家に委嘱する一方で、氏が遺された図書資料類に関しては、なるべく早期に一般の利用に供することを目指して努力を重ねて参りました。その結果、本年4月8日より部分的な公開が可能となりましたので、お知らせ致します。

 上記の図書資料類に関しては、1999年春の搬入後、図書館員による整理作業が始まり、2001年春には受贈の記録として、仮目録『丸山眞男文庫寄贈図書資料目録』が作られて丸山家に届けられました。関係者にも配布されています。その後さらに丸山家から搬入された書籍類を加えた総計は、和漢書が約一万六千冊、洋書が約二千冊、和・洋雑誌がそれぞれ約千タイトル・百四十タイトルにのぼります。国立情報学研究所の「総合目録データベース」に準拠した目録情報が、図書館のコンピュータ内部に構築されています。

これらの図書資料類には、丸山氏の思想・学問の形成をうかがううえで不可欠の書籍類、氏の豊かな学殖をものがたる一般教養関係の良書、氏と親交のあった作家や学者の作品などが数多く含まれています。また政治学を中心とする社会科学や思想史に関わる内外基本文献の集積という点で、よく纏ったコレクションになっています。さらに近現代日本思想の諸潮流や各時期の主な争点などを概観する上でも有益です。戦後60年を迎えて日本国憲法や教育基本法の改正が問題にされている現在、改めて戦後精神の原点は何であったかを考える上で、戦後民主主義の旗手といわれた氏の蔵書からなるこの図書資料類は大きな意義をもっているといえましょう。

 これらの蔵書中には、丸山氏が書きこみや線引き、折りこみなどを行った書物や、論文執筆時に参照したことの明らかな本などが約五千部あります。これらは丸山研究にとって貴重な資料的価値をもっていますが、一般に公開するには、専門家による事前の十分な調査と手当てが必要です。長い年月の間には、どれが丸山氏自身によるものであるかが不明確になる惧れがあるからです。また貴重書については、原本の劣化を避けるためにデジタル資料による供用が考えられますが、その選定のためにも調査が必要です。さらに手沢本の目録作りが計画されており、そこには個々の図書に対する書きこみや傍線の頻度などに関する情報も付される予定です。以上のような諸事情から、丸山文庫の蔵書全体を公開するには、なおしばらくの時間が必要となります。この点について皆さまのご理解をお願いする次第です。」

 丸山真男は、本に書き込みをすることで有名であった。

彼がどのように思索をまとめていったかは、それ自体が知識社会学的にも非常に面白いテーマだが、やはり陸羯南の著作もまだこの公開されていない蔵書の中に埋もれているのだろうか。

たかぎ



 
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-01-27 21:20 | トピックス | Comments(0)

侃堂丸山幹治

 丸山幹治のことである。
 今となっては、息子の丸山真男(丸山三兄弟の一人)が有名になってしまったが、その父君丸山幹治は、明治から昭和の戦後に至るまで長い期間にわたって新聞の第一線で活躍したジャーナリストである。

 幹治は、明治13年長野の出身、明治34年に東京専門学校卒業、新聞日本に就職した。そのいきさつを本人が書いている。

 <新聞記者生活にはいって五十二年になる。その前半の二十五年間は「日本」「朝日」「大正日日」「読売」「京城日報」など八社を転々とし、反対に、昭和三年「大阪毎日」に入社してからというものは、「硯滴」「余録」だけに生きた。

 私には、とにかく新聞運があったのである。「日本」に入社する時も、知人の紹介で社長陸羯南(実)翁を訪ね、面談しただけであった。東京専門学校(現早稲田大学)を卒業した明治三十四年、二十二才秋のことである。>

(丸山幹治  余録二十五年  毎日新聞社 昭和29年)

 本人の弁によれば、羯南社長の面談だけで入社したようだ。ただ好事魔多しというか、

<早速、見習として校正をしていたが、二ヵ月目に社説の副題に誤植を残したまま通してしまった。「爾今、出社に及ばず」という書留郵便を受取ったのはその翌朝であった。>

 入るのも簡単であったが、首になるのも早かったようである。

<これには私も途方にくれたが、知人の紹介を受け、青森で創刊する新聞の主筆になった。しかし、着任してみると、青森には伝統のある新聞がいくつもあり、悪戦苦闘半年ののちにはついに没落してしまった。二十三才の青年主筆はまた浪人となったが、青森の商業会議所書記長という、名前だけ御大層な役目について一年ほどお茶を濁していた。>

その後、青森の新聞の主筆になったようだが、このあたりは若き日の羯南に似ている。なれない土地で苦労していたようだが、その不遇の幹治にとって神風となったのが日露戦争であった。

 <私個人にとって幸いであったのは、日露戦争の勃発であった。早速帰京すると戦争で人手不足の「日本」に復社した。>

 人手不足であれ一度馘首した社員をまた雇用するというのは、明治の大らかさというか、社員の不祥事の対応に追われる現代の新聞社から見れば夢のような話であろう。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-03-25 08:22 | 研究 | Comments(0)

丸山真男と羯南  その四

 丸山真男は、前述の回顧談の中で、植手通有との対談<明治維新史とナショナリズム>の項、羯南の影響について述べている。

 <学生時代でいえば、ほかにも親父(丸山幹治)との関係で、陸羯南。
   「羯南文録」が家にあった。
とくに、広田弘毅内閣が、自由主義排撃を政綱に入れたとき(1936年3月)、親父が羯南の「自由主義如何」について書いて、ぼくにも、大したものだ、あの当時に西欧の自由主義をよく理解していると言ったんです。>
(丸山真男回顧談 下 岩波書店 2006年10月)

 「羯南文録」は、1938年の出版なので、丸山幹治は1936年のコラムを書く際には参照できない。羯南の没後まもなく明治43年に出版された「羯南文集」にはこの論文は掲載されていない。
初出は、新聞日本に明治23年に掲載された連作の社説であったので、そのスクラップをとっていたのか、もしくは新聞日本がシリーズで出版していた「日本叢書」の中に収録されていたのかもしれない。

 丸山幹治は、1936年当時は、大阪毎日のコラム「硯滴」から、東京日日に転勤になり、それまで政界ゴシップ中心であったコラムの「余録」を一般的な時評に転換しようとしていた時期であった。
当時の「余録」をひもとけば、羯南の論文についての批評が展開されているのだろうか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-03-23 23:23 | 研究 | Comments(1)

丸山真男と羯南  その三

丸山真男が直接父親である丸山幹治の羯南評をひいている部分がある。

<親父は羯南の弟子ですから
「羯南は大したものだ。羯南は決して自由主義を全面否定していない」
と言ってました。>

丸山真男は羯南の<自由主義如何>を読んで、<ナショナリズムの立場から、自由主義をある意味で強く肯定しながら、その限界を指摘している。>と評しています。

丸山幹治は<明らかに親米派>。

このタイミングの<親米派>の<自由主義>の側からも、自分たちの対極にいると意識されており、しかし単純な対極ではなく、一括否定の形ではない、限界指摘の立場、と読んでいたようである。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2006-12-30 07:02 | 研究 | Comments(0)

丸山真男と羯南  その一

丸山真男が戦後すぐのタイミングで羯南の再評価をしたことはよく知られている。
同時代ですら陸羯南研究の題を見て、中国思想の研究と思われた、というのは皮肉にも聞こえるが、彼の回顧談が出版された。

何故、丸山真男が羯南に取り組んだかは、やはり彼の父、丸山幹治が新聞日本の記者だった影響が大きいのであろう。

回顧談の中の羯南像を見てみたい。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2006-12-26 23:55 | 研究 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧