カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


<   2015年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

孤高の新聞「日本」企画展

開催一週間後の土曜午後、学生と思しき6~7名の男女混合チームなど、会場内は意外と若い年齢層が目立ちました。
展示も「自らの理念にのみ立脚した言論報道機関たる『独立新聞』をつくる」という羯南たちの若いエネルギーを感じる構成でした。
なにより当時の新聞をベンチャー産業という視点で捉えたことで、「日本」の数々の試みや、そこに集まってきた若者たちの姿が、前の時代への反骨精神と未知への挑戦という、今も変わらぬ青春劇として、妙に納得できた次第です。
司馬遼太郎から青木彰への手紙も、実物が初めて公開されています。写真は図録の一部です。本物は是非現地でご覧ください。
e0106376_0242064.jpg

やまだ
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-30 00:30 | Comments(0)

<羯南と古島一雄>(86) 私立大学評判記(その75)

 今回も「私立大学評判記(十四)慶応義塾寄宿舎」が続く。
 古島一雄は寄宿舎の様子を次のように述べる。

 「掲示場に於いて最も人の目を惹くものは其掲示の文なり。仮令ば『静粛にすべし』と言はずして『静粛を保ち処』と云ふが如く凡て命令的文字を用いずして一に其公共心に訴えんと欲するが如き其用意の太だ周到なるを見る」

 このように古島は上から一方的、強制的にやらせるのではなく、「公共心」を引き出そうとするところを評価する。
 次に、大食堂が自治制度の下で運営されていることを寄宿舎の特色だと述べ、そして消費組合の存在を以下のように関心を寄せる。

 「甚だしきは其筆墨紙、シャツ、靴下の類を売る西洋小物屋的の一小店が消費組合と号せられて寄宿舎の一部に在り。而して此組合が一株五十銭廿五銭の払込より成り、株は其売買を許さるるが如き、稍々滑稽の観あれども同舎の生徒は却て之を以って多大の成功と誇れるが如き偶ま以って三田風の飽くまで三田風なるやを見るに足るべし。」

 上述のように、当時、既に学校生活に必要な物品を販売する売店が寄宿舎内に設置され、消費組合として存在していたことがわかる。これは他の学校にはなかったようで、「三田風」と言うように慶応の特色であった。 
 古島は最後に結論として、次のようにまとめている。

 「之を要するに慶応義塾の寄宿舎は私立学校中多く其此を見ざるるものにして其設備は最も完全なものと云うべく其制度は最も発達したりと云うを得べく、義塾夫れ自身に於いても『慶応義塾より奇食者を取去れば慶応義塾は全然ゼロにして独立自尊の光輝を発揚すべき唯一の武器を失えるものなりと』云えるが如く其自任の大なるを見るべし」

 このように学校における寄宿舎の存在意味の重要性が指摘されている。すでに「慶応義塾の寄宿舎は慶応義塾其物である」との記述も紹介したように、寄宿舎こそが学風の醸成につながり、しいては学校存在のポイントとなる。実はこれは現代でも言えることである。
 古島は寄宿舎の存在という学校の本質を見抜いていた。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-26 09:26 | その他 | Comments(0)

孤高の新聞日本  展覧会始まる

 6月20日から横浜の日本新聞博物館で始まった。

産経新聞に紹介の記事が掲載されましたので、以下、再録させていただきます。

「明治の新聞「日本」企画展 横浜の博物館で開催

 明治のジャーナリスト陸羯南が創刊し俳人正岡子規らが参加した新聞「日本」を紹介する企画展「孤高の新聞『日本』-羯南、子規らの格闘」が20日、横浜市中区の日本新聞博物館で始まる。東奥日報社、愛媛新聞社との共催で、8月9日まで。

 政府や政党などから独立した新聞を目指して明治22(1889)年に創刊され、度重なる発行停止処分にも屈せずに政府を批判し続けた軌跡を紹介。記者の理念を説いた同紙社説のパネルや発行停止になった際の読者通知はがきなど200点以上の資料を展示する。

 博物館の赤木孝次学芸員は「独立という理念を掲げ、明治期の新聞界に大きな足跡を残した新聞を広く知ってほしい」と話している。」
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-22 19:38 | ニュース | Comments(0)

日本新聞博物館展覧今週20日開幕

 今週20日から、横浜の日本博物館で新聞日本の展覧会が開催されます。
同博物館のホームページでも、紹介が掲載されています。

 「「孤高の新聞『日本』 ―羯南、子規らの格闘」

  1889(明治22)年に陸羯南(くが・かつなん)は新聞「日本」を創刊し、政府や政党など特定の勢力の宣伝機関紙ではない「独立新聞」の理念を掲げ、頻繁な発行停止処分にも屈することなく、政府を厳しく批判し、日本の針路を示し続けました。また、初めて新聞記者の「職分」を明確に提示し、新聞発行禁止・停止処分の廃止を求める記者連盟の先頭にも立ちました。

また、羯南の高い理想、人徳にひかれて日本新聞社には正岡子規ら大勢の俊英が集い、羯南亡き後、内外の主要新聞に散り、こんにちの新聞の基礎づくりに貢献しました。

本企画展では、新聞「日本」の人々の、理想の新聞を追求した軌跡を200点を超す資料やパネルで紹介します。
  
[会  期]2015年6月20日(土)~8月9日(日)
[場  所]日本新聞博物館 2階企画展示室
[主  催]東奥日報社/愛媛新聞社/日本新聞博物館
[特別協賛]青森銀行/みちのく銀行
[後  援]青森県/愛媛県/青森県教育委員会/愛媛県教育委員会/弘前市/松山市/
 弘前市教育委員会/松山市教育委員会/神奈川県教育委員会/
 横浜市教育委員会/陸羯南会/陸羯南研究会/松山子規会/子規庵保存会」

(日本新聞博物館HPより)

http://newspark.jp/newspark/exhibition/index.html

 私ども研究会も後援させて頂いております。

 夏休みの前半に、会期が重なっておりますので、是非ご家族で御高覧頂ければと思います。

たかぎ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-17 05:47 | ニュース | Comments(0)

横浜 日本新聞博物館 展覧会 続報

 今月20日から開催される、横浜の日本新聞博物館での展覧会は8月9日までの会期。

 8月1日の午後1時から、有山先生とご一緒にお話をさせていただく予定にしております。

 事前予約制、ということですので、ご興味持っていただける方は、日本新聞博物館までご連絡お願い致します。

      http://newspark.jp/newspark/

                                     たかぎ

                               
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-02 05:46 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧