カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

羯南の京城(ソウル)での足跡を辿る②

 「近衛篤麿日記」(第4巻)pp.242-243によれば、篤麿、羯南一行は、明治34(1901)年8月14日芝罘(チーフー,中国・山東省・煙台市)を午後4時に出帆。15日午後4時に仁川に上陸している。

16日支那・日本・各国居留地・朝鮮市街地を一覧後、16:45仁川発の列車で、18時過ぎに京城(ソウル)に到着している(なお、現在の高速鉄道では、仁川空港=ソウル間は43分である)。

17日(同書p.243)は、「・・・電気鉄道にて東大門に赴き、・・・閔妃の廟に至り、・・・」とある。

そこで我々は、まず東大門(興仁之門)を訪れた。北側にはソウル城壁の後も残っており、京城が城壁に囲まれた都市であったことが推認できた。

次に、「閔妃の廟」については、1919年に京畿道南楊州市金谷洞の洪陵(高宗と合葬)に移されているということで、跡地の確認ができなかった。そこで我々は、景福宮内部の香遠亭の北側にある閔妃が居住していた乾清宮をみることで甘んじた。

更に電気鉄道については、ソウル歴史博物館前に1968年11月の廃線直前のものと思われる路面電車があった。運転台の駆動部に「三菱電機製」と視認できた。1901年当時は、それまで京都市電から出向の日本人運転手からアメリカ人運転手に移行していた時期にあたる。

 なお、九州大学松原教授の研究室の1901年京城地図(http://matsu.rcks.kyushu-u.ac.jp/lab/?page_id=847)によれば、17日の記述に出てくる「日本領事館」は、南大門(崇礼門)北東部に、日本公使館は、明洞駅の南部、南山の近くにその存在が確認できた。

(注1)裵賢美(1997)「韓国と日本における都市中心部形成過程における比較研究」東大農学部演習林報告pp.31-32において、1903-1904年頃の鐘路の路面電車や忠部路の街の様子が伺える。

(注2)閔妃については、角田房子(1993)「閔妃暗殺-朝鮮王朝末期の国母」新潮文庫が詳しい。

写真上は、東大門

写真中は、香遠亭の奥に乾清宮を望む。

写真下は、ソウル歴史博物館前の路面電車

しぶさわ

e0106376_1810386.jpg


e0106376_18121693.jpg


e0106376_18124434.jpg

[PR]
by kuga-katsunan | 2015-01-26 23:09 | 紀行 | Comments(0)

<羯南と古島一雄>(81) 私立大学評判記(その70)

 引き続き「慶応義塾の寄宿舎」(天耳生『慶応義塾学報』第70号)からである。本来、教育の中心であるはずの講堂(当時はここで授業をしていた。)について、以下のように批判されている。大事なところなので、少し長くなるが引用する。

 「元来学校の学風というものは、殺風景な講堂内の机の上で製造せらるべきものではない、もともと講堂といふものが学芸の売買場なので、理屈家は種々の鹿爪らしい理屈を付けて、講堂は神聖だのと、一応は有難いことをいって見るものの、実は矢ッ張り勧工場の様なもので、教師は売手で、生徒は買手、教師は講堂へ店を張て、生徒が之を買ひに来るといふ仕掛なのである。」

 「勧工場から学風が出たためしがない以上、また講堂から学風が湧て来る道理はあるまい。ケンブリツヂ大学や、オツクスフオード大学の学風はその寄宿舎に存するといふではないか、本来寄宿舎は学校の中心たるべき所なので、所謂品性の陶冶は、即ち此処で成就さるべきものである。」

 上記に語られているように「学風」が学校の存続にとって重要な要素となる。学風が学生間、また教員との一体感を生み、連帯感を強化する。また、それが学校の個性ともなのである。この「学風」という組織風土こそが学校の本質とでも言ってよいのかもしれない。

 学風は寄宿舎という学生同士が毎日、顔を突き合わせる場で、勉学に切磋琢磨するだけでなく、日常生活や“釜の飯”を共にし、全人的なかかわりのなかで育まれて行くものなのである。

 既に古島一雄が当時の授業をルポルタージュして述べていた(<羯南と古島一雄>(77))ように、講堂では教師が講義ノートを一方的に読み上げるだけの授業が行われていた。ここからは学風は生まれない。慶応の学風である「独立自尊」が醸成されたのは講堂ではなく、寄宿であった。
 天耳生は、以下のように述べている。

 「慶応義塾の本色がその寄宿舎に在るといふのは取りも直さず之なので、学校を一家と見れば、講堂はその店頭で、寄宿舎はその家庭である。慶応義塾が五十年来の教育主義は即ち此処で実現せられたので、慶応義塾の寄宿舎は慶応義塾其物であるといふことが出来る。若しも今此慶応義塾からその寄宿舎を取去れば、慶応義塾は最早ゼロで、今の偏狭固陋の教育主義に抗戦して『独立自尊』の光輝を発揚すべき唯一の武器を失ったものといわねばならぬ。」

 学校にとって「学風」の重要性というのは現在でも変わらない。次回、学校の存続にとって何がポイントなのか、もう少し深く掘り下げてみようと思う。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-01-21 10:16 | その他 | Comments(0)

羯南の京城(ソウル)での足跡を辿る①

 有山輝雄『陸羯南』p.225によれば、明治34年7月10日~8月30日までの間、近衛篤磨・陸羯南等5名は清国・韓国旅行を行っている。
 そして『近衛篤磨日記』pp.242~255によれば、上記旅行のうち、一行は同年8月15日~24日に仁川・京城(ソウル)に滞在している。

 同日記などによって主な見学先・訪問先を見れば以下の通り。
8月15~16日 仁川市内
17日 東大門、閔妃廟等
18日 昌徳宮(仁政殿等)、景福宮(勤政殿、思政殿、慶会楼等)
19日 漢城病院、慶運宮(皇帝、皇太子に拝謁)
20日 京釜鉄道起工式
21日 京城学堂、漢城新報館新築落成式 
22~24日 仁川市内

 以上の内容に基づき、北京在住のたかぎ主筆とともに、また韓国外国語大学の小澤康則教授の協力・情報提供も得て、羯南の京城(ソウル)での足跡をトレースしてみた。
 内容詳細については次稿以降で述べたい。
 
しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-01-20 22:09 | 紀行 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧