カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(61) 私立大学評判記(その50)

 「(十八)慶応義塾大学部(三)」が続く。
 前回の後半で触れたように慶応義塾は法律部の改革を進めるにしたがって、従来の学風である英米学問を批判し、ドイツ学問を重視する態度を表明するのであった。
 古島一雄はそれについて次のように述べている。

 「講師青木氏の如きは其学報に於て公然英国崇拝の非を論じ、英国の制度を評して支離滅裂なりと罵り、英人は学問を尊ぶの気風なしと曰い、盛んに独逸制度の完美を嘆称し、我国の攻学気風が独逸的となりたるを喜ぶと同時に従来英国崇拝の気風が動もすれば此の攻学気風に一頓挫を来たさんとするを憂い、慶応義塾に於いては特に独逸流儀の研究を必要とすと断じ、暗に門野氏を目して英国崇拝の腐儒と為せり」

 古島はさらに加えて、「試みに其議論の一部を録せん乎」とし、学報に掲載された文章を長々と当記事の半分を占めるほどに引用している。その一部を見るてみよう。

 「攻学気風を見るに、独逸は国勢尚幼稚なるが故に社会万般に鋭進せんとせるが中にも、学術研究の気風の熾んなる。世界英国無比と称するも過言に非ず。而して其の効験の著しきことは社会上のみならず、商工業の上にも航海造船の上にも均しく現われ最近三十年の独逸の進歩は深く其根底を学理の研究に発したること疑を容る可らず」

 「彼の応用化学の如きは実に他国の及ばざる発達を為せるが故に、工業上に直接の利益を生ぜしが如きは其の一例にして、流石の負惜み強きお国自慢の英人にても斯は捨置難しとて伯林(筆者注:ベルリン)の工部大学校に続々入学を申込む者ある程なり」
  
 「英国は、由来実務の才能に誇り、学問を軽んずるの国にして、酷評すれば英国には学問と称すべきもの無しと云うも可なり」
 
 さらに英国批判が続くのであるが、古島はそうした慶応義塾の状況をどのように見たのであろうか。次回、それを紹介しよう。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-12-26 11:00 | その他 | Comments(0)

稲葉克夫先生に東奥賞

  以下、12月9日の東奥日報さんから抜粋。
 

 「東奥日報社が産業、学術、文化などの各分野で活躍し、郷土の発展に貢献した個人や団体に贈る「第65回東奥賞」の贈呈式が8日、青森市の青森国際ホテルで開かれた。

 本年度は伊調馨さん(28)=八戸市出身=に東奥賞特別賞を贈呈。小原日登美さん(31)=同、古川高晴さん(28)=青森市出身、高田寄生木(やどりぎ)さん(79)=むつ市、稲葉克夫さん(80)=弘前市=の4個人と光星学院高校硬式野球部(八戸市)の1団体に東奥賞を贈った。

  稲葉さんは市町村史(誌)編さんや陸羯南、安藤昌益の研究に取り組み、本県郷土史の発展に尽力した。

 受賞者のうち、伊調さんと小原さんには11月に、それぞれ八戸市と東京都で贈呈しており、贈呈式には古川さん、高田さん、稲葉さんと光星学院高校硬式野球部の田村龍弘主将が出席した。

 東奥日報社の塩越隆雄社長が賞状とメダルを手渡し「努力を積み重ね、著しい成果を上げてきた。さらなる活躍を心から願います」とあいさつ。来賓の三村申吾知事は「本県のスポーツ、学術・文化の振興に大きな力を与えてきた。一層の活躍を期待しています」と祝辞を述べた。

 県アーチェリー協会の後藤秀喜会長、弘前川柳社副主幹の■瀬霜石さん、康安外科内科医院の鳴海康安元院長、県高校野球連盟の佐藤萬昭会長がそれぞれお祝いの言葉を述べ、古川さん、高田さん、稲葉さん、田村主将が謝辞を述べた。

 東奥賞は1948年、東奥日報創刊60周年と紙齢2万号を記念して制定。今回を合わせて153個人78団体に東奥賞、9人に特別賞、7人に特別顕彰、2人に特別栄誉賞を贈っている。

●受賞者の声

 ▼力及ぶ限り研究/稲葉克夫さん

  業績といわれるものは、多くの方々の教導のたまもの。

天の時、地の利、人の和という、幸運の巡り合わせと思っている。

これからも力の及ぶ限り、歴史の山へ分け入って研究を深めていきたい」
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-12-12 21:55 | ニュース | Comments(0)

羯南の中国行

 あっという間の年末だが、今年は弘前の羯南会の舘田会長様と、私達羯南研究会で北京、天津、山海関に羯南の足取りをたどった。

 東奥日報さんに紀行を掲載していただいたが、紙面の関係で縮刷バージョンとなった。
オリジナルをここに再度掲載させていただく。

「筑波大学時代の恩師青木彰先生と作家の司馬遼太郎氏が二人で取り組んでいた、弘前出身の明治時代の新聞人、陸羯南の研究を引き継いで、青木先生の教え子を中心に陸羯南研究会を行っている。

 羯南に関連する資料の収集、整理に加えて、羯南の足取りをたどる「羯南をゆく」の旅も仕事の合間をぬって出かけている。

 羯南は、故郷弘前を出てから、国内だけでも仙台、東京、北海道、鎌倉、富士山、京都とあちこちを動いている。

 彼は、こうした国内各地のみならず、二度海外にも出ている。

 一度目は、明治三十四年の七月から八月にかけて中国朝鮮へ、そして二度目はその二年後明治三十六年の六月から翌年の二月までの世界一周の旅である。」(続く)

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-12-08 05:30 | 紀行 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧