カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(60) 私立大学評判記(その49)

 引き続き「(十八)慶応義塾大学部(三)」である。門野幾之進を排斥後、慶応義塾は「時代の風潮を追い」、法律部の大改革を実施した。
 古島一雄は以下のように語る。

 「帰朝講師中の覇権を握れる神戸寅次郎氏は青木徹次氏と共に法律部の面目を一新せんと期し、慶応義塾が最も嫌ひなりし帝国大学出身の博士、学士を請ふて其の講師たらしめ以て雄を神田の四法律大学と争はんと欲したり」(筆者注:青木徹次ではなく、青木徹二の間違いと思われる。)

 帝国大学出身の新たな講師を13人も迎える一方、慶応出身者はわずかに2名のみだった。そこには神田にある法学院大学(現・中央大学)を始めとする、当時勢い盛んな四つの法律を中心とする大学への対抗意識がある。時代潮流に乗り遅れず、法律部を強化することが求められていたのであった。
 このように慶応には、時流に敏感なところがあり、それは現在にも継承されている。
 古島一雄は次のように続ける。

 「法律部が三田風を脱して神田化せんとしつつあるやを見るべきなり。単に神田化せんとするのみならず英米一点張りの義塾は今や漸く独逸化せんとしつつあるなり」
 
 創立者福沢諭吉からの伝統であるイギリス・アメリカの学問中心から、ドイツの学問を重視しようというのである。
 次回、さらにその詳細を紹介しよう。
 なお、この法律部改革について『慶応義塾百年史』では触れられていない。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-11-28 09:56 | その他 | Comments(0)

東亜同文会報告の復刻完結

  羯南が初代幹事長をつとめていた東亜同文会の機関誌<東亜同文会報告>の復刻版全26巻128冊が完結し、東奥日報に紹介されました。(2012年11月22日夕刊)

  http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20121122160206.asp

以下、記事の一部になります。

  「陸羯南(くが・かつなん)研究会(東京、高木宏治主筆)が進めてきた「東亜同文会報告」の復刻が、

  最終第3回刊行にこぎ着け、計128冊の復刻が完成した。

  前身の「東亜時論」も復刻済みで、所在が確認されていない「東亜同文会報告」の第1~4回号を除いて

  全ての復刻が完成した。

  高木主筆は「会員の多かった青森県内に未発見号が存在する可能性がある」として、

  捜索を続ける方針だ。」
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-11-24 05:52 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧