カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

筑波大学 学園祭 のホームページにリンク

  10月6日、7日の筑波大学学園祭期間中に、

大学会館マルチメディアルームで、

青木先生、司馬遼太郎さん、陸羯南と新聞日本の人々の展示会を行う御縁で、

学園祭のホームページにリンクをはっていただきました。

   http://www.sohosai.tsukuba.ac.jp/link.html

  多数の皆様のご来場をお待ちしております。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-29 08:56 | ニュース | Comments(0)

<羯南と古島一雄>(58) 私立大学評判記(その47)

 「(十七)慶応義塾大学部(二)門野氏対鎌田氏の争い」の続きである。古島一雄は、門野幾之進と鎌田栄吉の当初の関係は以下のようであったと伝えている。

 「鎌田氏の塾長と為るや、サスガの無頓着者も此の偏屈者(注:門野のこと)に対しては、多少の頓着なきを得ざりしは勿論なるべく、而してサスガの偏屈者も、この『ヨイ男』に対しては左までに偏屈を唱へざりしかば塾長の鎌田氏と教頭の門野氏とは、同一の報酬の下に、殆ど同一の仕事を為し、門野氏は只だ学生の作文添削を為して曾て教場に出づる事なく、両極端の性格は却て一時の小康を保ちたり」

 しかし留学生が帰国し、彼らが教員に加わると門野への批判が噴出した。

 「学制改革の急を叫ぶものあり、或は課程改善の要を説くものあり、或は政令の二途に出づるを責むる者あり、或は門野氏の怠慢を論ずるものあり、或は自家の薄遇を訴ふるものあり」  

 そして「新帰朝者は門野氏に対して公然辞職勧告を迫りたり」となった。それに対し、門野は「予の辞職は太だ易し、予に迫らんよりは寧ろ塾長に迫まれ、塾長に迫らんよりは寧ろ評議員に迫まれ」と述べた。

 しかし、「評議員の多数は、門野氏の学識が惜しむべきを認めたりしと同時に、氏の傲岸を憎みたる者多かりしは事実」であった。また福沢諭吉の息子、捨次郎が「鎌田氏と親善なると共に門野氏に快からざりしは門野排斥の大なる理由たり」であった。

 ついに「多年慶応義塾の名物男と立てられし学者は遂に教頭の椅子を退かざる可からざるに至り」、そして「権力の中心は今や全く鎌田氏及之に帰依する帰朝講師の手に移されたり」となったのである。

 この事実は、『慶応義塾百年史』に門野と鎌田の争いとして出てこない。また、捨次郎の影響があったことも語られてはいない。門野みずからが教頭辞任を申し出て、評議会が承認したと記述されているにすぎない。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-27 08:38 | その他 | Comments(0)

筑波大学 展示会

  今日、筑波大学の定例記者会見で、展示会<司馬遼太郎と青木彰名誉教授>のプレスリリースが公開されたので採録させていただく。

  <2012年10月6日7日の二日間限定で、筑波大学学園祭「雙峰祭」の期間中、筑波大学教養教育機構(副学長阿江通良)主催「司馬遼太郎と青木彰名誉教授」展を開催致します。
(筑波大学大学会館マルチメディアルーム)

 筑波大学では、未来志向型グローバル人材の育成を図ることを目的とし,産業界等と連携し学外から講師を招き開設する科目『IMAGINE THE FUTURE.未来構想大学講座』が行われています。
 開学40周年を迎える2013年には、新たに特別企画開催などの準備が進められています。「司馬遼太郎と青木彰名誉教授」展は2013年度に予定される特別企画のプレ展示企画として実施されるものです。

【企画意図】

筑波大学名誉教授青木彰(故人・1978~1989在学)は産経新聞時代の同僚・作家司馬遼太郎と報道の源流を探るため明治の新聞人陸羯南の研究を企図していました。明治の知識人・ジャーナリストを通して「日本・日本人」に迫ろうという、いわば「坂の上の雲」の続編ともいえる大きな構想に基づくものでした。筑波大学での研究会や講義も検討されましたが、実現できませんでした。果たせなかった二人の遺志を四半世紀ぶりに展覧会の形で、今回の学園祭で再現したいと思います。

【主な展示内容】

■司馬遼太郎関係「司馬遼太郎から青木彰への手紙」/著書、関係書籍

■青木彰関係  年譜パネル/遺品/写真/著書

■陸羯南関係  年譜パネル/全集/日本叢書/新聞「日本」オリジナル資料
 新聞「日本」関係者の遺墨、著書、資料 

■映像コーナー  司馬遼太郎原作関連映像、青木彰講演集/退官記念DVD(青木塾制作)など多数の秘蔵映像を上映

【実施概要】
日時:10月6日(土)10:00~17:00
       7日(日)10:00~16:00

場所:筑波大学 大学会館2Fマルチメディアルーム

主催:筑波大学 教養教育機構

資料

青木 彰(あおき・あきら=元産経新聞編集局長、筑波大名誉教授)
1926年、空母「赤城」艦長青木泰二郎の二男として東京に生まれる。東京大学教養学部卒。49年、産経新聞に入社。教養部長、社会部長、論説委員、大阪・東京両編集局長、夕刊フジ社長などを経て、78年から89年まで筑波大現代語・現代文化系教授。90年からは東京情報大学教授。新聞報道の在り方などについて現場体験に基づく研究を続け、NHK情報公開審議委員会委員長(NHK経営委員)、東京新聞客員、司馬遼太郎記念財団常務理事、朝日新聞紙面審議会会長代理などを歴任。主な著書は「新聞との約束-戦後ジャーナリズム私論」(NHK出版)「私のメディア評論」「新聞力」(以上、東京新聞出版局)「司馬遼太郎と三つの戦争」(朝日新聞社)など。2003年死去(享年77歳)。>
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-26 20:51 | ニュース | Comments(0)

筑波大学開学40周年展覧会<司馬遼太郎と青木彰名誉教授>

  来年は、筑波大学開学40周年、作家の司馬遼太郎氏の没後17年、青木彰先生の没後10年にあたる。

これを記念して、今年はプレ企画として10月の学園祭の時期に展覧会の開催を準備している。

開催要領は下記の通り。

  日時:10月6日(土)10:00~17:00
         
         7日(日)10:00~16:00

  場所:筑波大学 大学会館2Fマルチメディアルーム

  展示内容等は、順次、御紹介していく。
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-17 07:25 | ニュース | Comments(0)

弘前 陸羯南会  夏季大会

 弘前の陸羯南会の夏季大会が以下の日程で開催される。


  日時  2012年9月2日 (日曜) 14時ー16時半

  場所  弘前市立弘前図書館視聴覚室

  報告  北京の陸羯南  百十一年後の風景    会長 館田勝弘

  講演  陸羯南の書について              理事 吉澤秀香

  羯南の海外での足取り、その書の多面性が紹介されることが期待される
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-01 07:39 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧