カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(49) 私立大学評判記(その38)

 今回から「(十四)慶応義塾の沿革(中)」に入る。時は明治26年11月16日、次年の2月8日には日露戦争が始まるわけで、日本とロシアとの緊張が高まっているころでもある。ここでは慶応義塾の「月謝制度の創定と演説会の創始」が紹介されている。今回は、月謝制度を取り上げよう。

 今日では当たり前であるが、学校が授業料を徴収するようになったのは、慶応が初めであった。古島一雄は次の福沢諭吉の文章を引用する。

 「古来日本に於て人に教授する者は所謂(いわゆる)儒者にして此儒者なるものは衣食を其仕(つかまつ)る所の藩主に仰ぐ歟(か)若くは出入の旦那より扶持米を収領し、或は揮毫して潤筆料を取り、或は講筵(こうえん)に出頭して謝物を受ける等極めて曖昧の間に心身を悩まして人の為に道を教へたることなれども今や世界中の時勢は斯る曖昧なるものに非ず教授も亦是れ人の労力なり、労して報酬を取る、何の妨あらんや、断じて奮慣を破て学生より授業料を取るの法を創造す可し」

 江戸時代まで日本の学校では授業料という発想がなかった。近世の教員は上述のようなさまざまな方法や束脩(そくしゅう)という入学金にあたる金品で収入を確保していた。ちなみに「授業料」という言葉は福沢の発明であったという。
 さらに、以下のように続く。

 「束脩の名義甚だ不適当なれば改めて之を入社金と名け其金額を規則に明記して之を納むるに熨斗(のし)水引を要せずとて生徒入社の時には必ず金三円を払はしむることに定めたり。当時世間に例もなきことにして且つ三円の金は甚だ多きに似たれども一は以て軽躁学生の漫(すずろ)に入来するを防ぎ、一は以て塾費に充んとする趣行なりき」

 上記のとおり入学金は3円としたが、授業料は毎月50銭であった。その根拠を次のように決めたと述べている。

 「毎月授業料の高を定むるに当て其標準と為す可きものなし。依て案ずるに当時の教員若干名其一月の食費雑費を概算すれば物価下直の時節一人に凡そ四円にして足る可き金額と塾の諸雑費とを其計して之を学生の数に割付れば一名よも毎月五十銭を収めて過不足なかる可しとて慶応義塾の授業金半円なりと記したるは本塾創立以来明に金を取て人に数ゆるの始めなり」

 毎月の授業料は教員1ヶ月分の食費をもとに計算したことがわかる。年にすると6円となる。明治5年の白米10kgの値段が36銭であったという(『値段史年表 明治・大正・昭和』朝日新聞社)。これを基準に現在の価値に換算すると入学金は約35,000円、授業料は約70,000円となる。

 これは、現代の大学の授業料と比較すると安く感じられる。しかし、当時の学生の中心である士族にとって、藩校は無料であったし、秩禄処分で困窮していたことを考えるとかなりの冒険であっただろう。

 福沢は、このように学費の徴収を始めたため、世間から当初は「不義不徳の商売人」と批判された。しかし、官学も私学も追従し、この時期には定着していた。

 古島は慶応に対し、この授業料を高く設定することで、乱暴な学生を排除できたことは認めるが、金持ちの子弟が行く学校になってしまったと嘆く。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-12-27 14:41 | その他 | Comments(0)

新聞日本 運動記者 安倍能成

 以前、中野目先生のお弟子さんから、安倍能成が若き時代に新聞日本の記者をしていた、と聞いて何か資料はないかと探していた。

 安倍は、松山出身の哲学者で一高校長、学習院院長を務め、一高時代の同級生で後の岩波書店の創業者岩波茂雄との交友は一生続いた、という。

 その安倍が岩波から出した「我が生ひ立ち」という自伝(1966年11月)の中に<運動記者>という項があった。

 「三十七年の七月に落第して、私は月々に十一円を、貧しい郷里の父から送つてもらふのをすまなく思った。」(同書)

 日露戦争の戦中である、安倍は一高を落第、改めて故郷の父を思ったようである。
友人の友人の紹介で、新聞日本で運動記者を求めているとの話があった。安倍は、運動に興味がないと一度断るが背に腹はかえられず、面接に赴く。

 「とうとう小川町に近い神田雉子町の、煉瓦二階造りの日本新聞社へゆくと、出てきたのは河東碧梧桐と長谷川如是閑の二人で、結局私は採用されることになった。」(同署}

 まったくの余談だが、先日のテレビドラマの「坂の上の雲」では日本新聞社は平屋の日本家屋になっており、キャプションで入った所在場所も違ったところとなっていた。

  閑話休題、河東は安倍と同郷、長谷川も前年に日本に入ったばかりの新人記者、若手の気安さでじゃあ、まあ、君、書いたものを拝見、ということになったようだ。

たかぎ 
 
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-12-24 05:52 | トピックス | Comments(0)

展覧会・子規の叔父加藤恒忠の残した絵葉書

 大阪のいしがみさんからの情報です。

 大阪府立弥生文化博物館で、子規の叔父であり、羯南の司法省法学校の同級生だった加藤恒忠とその妻の残した絵葉書の展覧会が1月29日まで開かれている。

 日露戦争をはさんで、世は空前の絵葉書ブームだったという。

その数、数千枚というから、おそらく明治期の外国絵葉書のコレクションとしても最大規模のものの一つであろう。

 しばし20世紀初頭の世界に心をはせたい

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-12-24 05:00 | ニュース | Comments(0)

ブログ開設5周年  東奥日報に紹介されました

 つかもと君に作って頂いたブログもあっという間に5周年。

11月28日の東奥日報に<東亜同文会報告>復刻が紹介されました。

< 弘前市出身で新聞「日本」社長兼主筆の陸羯南(くが・かつなん)が幹部を務めた東亜同文会の機関誌「東亜同文会報告」が、陸羯南研究会(東京、高木宏治主筆)の企画で復刻された。

 国内に分散所蔵され、閲覧に大きな支障があった同誌をまとめたもので、1900(明治33)年の義和団事件から、辛亥革命前年の1910(同43)年にかけてに当たる。

 監修した愛知大学の藤田佳久名誉教授は「現在につながる東亜史の原点を伝える重要資料であり、復刻は近代史研究に大きく寄与するだろう」と話している。>

(東奥日報2011年11月28日)

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20111128110025.asp

 羯南シリーズの復刻も

2008年 日本画報
2009年 新聞「日本」付録明治中期分県地図
2010年 東亜時論
2011年 東亜同文会報告

 おかげさまで4冊を出版させて頂いた。

 腹案としては、

好評だった新聞連載シリーズを書籍として出版した<日本叢書>

新聞「日本」の愛読者団体の機関誌であり羯南、雪嶺、をはじめとした関係者の全集等未収録座談、論文を掲載した<日本青年>

羯南が東亜同文会の前に同志と活動をしていた東邦協会の会報<東邦協会報告>

これまでの復刻に掲載されていなかった新聞「日本」本紙の号外、附録の集成

等があるが、原典に戻って、羯南の多彩な活動を再現できるように努力したいと思う。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-12-04 12:21 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧