カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(47) 私立大学評判記(その36)

 今回も「(十三)慶応義塾の沿革(上)」が続く。
 明治維新の風雲が収まってくると慶応義塾への入学者がさらに拡大していった。

 「明治三年には三百余人の入学者を見るに及び新銭座の地所建物は到底其生徒を収容する能はざるに至れり」

 そこで、福沢諭吉は明治4年(1871年)に、三田にあった島原藩邸を購入し、新たに校舎を建てた。ここで古島一雄は、その時の経緯を門弟の土居が残しているとして、その文章を掲載している。少し長くなるが、当時のその状況がよくわかるので、以下そのまま引用しよう。

 「元来彼の地面は島原藩の屋敷であった。それを維新騒動の時分に大名が国に引払った為に空屋敷になって居ったのを岩倉公が話をして東京府に取上げ、そうして東京府からして市中の拝借地を拝借人又は縁故ある者に払下げるということになって、島原藩に於ては彼の地面を再び払下げを請はんと欲する有様であった」

 「先生之を聞いて逸早くも東京府に出掛け、右の府命が発表される前に金子を上納して自分の方に払下げられた。是は今日に於て非常なる価値を有するのみならず、東京中に於ても屈指の眺望の好い、空気の良い地所であるが為に、慶応義塾の生徒は何れだけの利益を受けて居るか知れない。然るに先生が之を払下げたということを聞いて、島原藩の方で色々掛合って来たが先生一向に取合はずして遂に其土地を分捕った」

 福沢は激動する時代の中で、優良な土地を、強引に手に入れた。この“地所買収事件”について、古島は以下のように評している。

 「吾人は今ま更ら地所買収事件の是非を論ずるものにあらず。只だ今の慶応義塾なるものが実学者の先見と文明流の権利思想に依て獲得されたる偉大な形見たるを記すを以て満足せざる可らず」

 古島は新しい時代の中で近代西洋思想を身につけ、権力をものともしない一民間人にすぎない福沢の態度と心意気に共鳴したのであった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-22 11:13 | その他 | Comments(0)

新聞記者としての経歴  池辺吉太郎

 三山池辺吉太郎は、いうまでもなく羯南の親友の一人だが、羯南の没後、回想を雑誌<文章世界>に寄せている。
 文章世界の編集者と縁があったのか、明治41年5月の号にも聞き語りのような形で自らの半生を振り返っている。
 
 柴四朗の、雑誌<経世評論>に誘われた経緯も書かれている。

 もともと熊本出身の三山だが、地元の漢学者・古照軒国友昌の塾に入った。国友重章の父君だが、重明との縁もここから発している。

 経世評論へは、重明の口ききと書かれている。

 柴は大阪毎日の主筆として大阪に行ったが、<佳人之奇遇>の大ベストセラーで味をしめた博文堂の社主原田氏は、柴をたよりに大阪支店を設立。兼業として雑誌<経世評論>を出させて更にひと儲け、の算段だったようだ。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-16 19:54 | 研究 | Comments(0)

甦る東亜同文会   東亜同文会報告 いよいよ復刻へ

 昨年復刻した東亜同文会の最初の機関誌<東亜時論>の後継雑誌である<東亜同文会報告>がいよいよ復刻の運びとなった。

 http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843337219

 清朝末期の明治33年(1900年)から辛亥革命直前の明治43年(1910年)までの10年強の期間の中国を各地に点在した有名、無名の筆者たちが、生の姿を報告している。

 羯南も、明治34年8月の第21回報告で、東亜同文会での講演が採録されている。(全集未収録)
講演の採録という、いわば羯南の肉声は、新聞日本の愛読者の団体、日本青年会が発行していた雑誌<日本青年>に掲載されている座談を除けば、唯一のものである。

 題して<東亜平和策>ー満洲開放の利ー。

先述したように、この講演の前後、羯南は近衛篤麿と、中国、韓国を視察している。

 日清、日露の両戦争の間、日本は中国の政治的安定の方向性を自らの国家の運命と重ね合わせて考え続けた。今年100年を迎える辛亥革命の裏の立役者の多くは日本人、そして大多数は東亜同文会の会員であった。武漢での革命成功の報を聞いて急遽中国に帰った孫文を、最初に上海で迎えたのは、羯南の盟友、犬養毅であり、古島一雄であった。

 今年も、何とか、12月の青木先生の御命日に間に合った。

たかぎ
 

 
 

  
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-08 21:14 | ニュース | Comments(0)

弘前   陸羯南会 秋季大会

 弘前の陸羯南会から秋季大会の御連絡をいただいた。

  平成23年10月30日 午後二時から午後四時

  場所 弘前市立弘前図書館二階 視聴覚室


内容

  1.第三回 陸羯南顕彰中学生作文コンクール表彰式

  2.東海健蔵あて陸羯南書簡について

     書簡 初公開

  3.陸羯南と在府町

  4.西舘孤清  近衛家密書

   
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-05 18:45 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧