カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(46) 私立大学評判記(その35)

 今回は、「(十三)慶応義塾の沿革(上)」である。
 古島一雄はこれを取り上げるのであれば、幕末・明治維新の歴史や福沢諭吉の生涯を詳しく紹介するべきであるが、限りある紙面なので簡潔に述べることにするとし、次のようにまとめている。

 「安政五年福澤氏が帷を鉄砲州の奥平藩邸に下して蘭書を講じ、慶応の末年芝新銭座に移りて塾舎を新築し初めて慶応義塾と名づけしと云うの一事を以て其上古史の大綱を終らざる可らず。」

 ここではもう少しその詳細を『慶応義塾百年史』から紹介しよう。
安政5年は、1858年である。奥平藩とは中津藩(現在の大分県中津市)のことであり、福沢は藩命によって、江戸の築地鉄砲州にあった藩の屋敷内で蘭学の家塾を開設した。当時、世間からは福沢塾と呼ばれ、これが慶応義塾の起源である。

 ちなみに、「家塾」とは、藩幕に仕えている学者が、藩幕の意をうけて、自宅に設けた塾のことである。当時の「私塾」は、現在の私立学校に、「藩校」は、公立学校に当たる。

 なお、当時、福沢は数え年25歳。鉄砲州は、現在の住所であれば、東京都中央区明石町の聖路加病院のあたりである。

 当初、福沢塾はしばらく転々とする。文久元年(1860年)に鉄砲州から芝新銭座にうつり、再び同3年(1863年)に鉄砲州にもどる。そしてこの年、芝新銭座の有馬家の屋敷を入手、翌4年(1864年)再び移転する。この年に校舎が完成すると、時の年号をとって塾名を「慶応義塾」とした。

 また、組織も西洋の共立学校の制度にしたがい、志を同じくするものが共同で協力して経営するしくみを導入し、藩の庇護による家塾から脱して近代私学として独立し、発足することになった。
 さらに、教育内容も蘭学から英学が中心になっていた。

 当時、学生数は、記録に残っているものから引用すると以下の通りであった。
文久3年(1863年)9名、元治元年(1864年)44名、慶応元年(1865年)101名、慶応2年(1866年)169名、慶応3年(1867年)255名。

 塾の移転を繰り返し、学校としては、不十分な体制や施設であったが、学生数が年々増加しており、評価が高まって行ったことがよくわかる。

 さらに古島は以下のような有名な出来事を紹介する。

 「福沢先生が砲煙弾雨の間に立ちてウェーランドの経済書を講せし」

 戊辰戦争の真最中でも福沢は講義を怠らなかった。彼は上野と新銭座は二里も離れているから鉄砲玉は飛んで来るわけはないといい、学生も面白がって梯子に昇って屋根の上から見物していたという。

 福沢は官軍、幕軍のどちらが勝とうが、次の時代に何が来るかをしっかり見据え、その準備を抜かりなく行っていた、ということだろう。彼は当時すでに、アメリカとヨーロッパに計三度もの訪問経験があり、欧米の書物だけでなく、現地で直接、体得したことから、必ずや日本は西洋化されると確信したのだろう。

 古島は福澤を認め、慶応義塾に大いに期待を寄せていたのであった。
 ちなみに、彼は後に犬養毅の片腕として活躍するのであるが、犬養は慶応の卒業生であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-09-28 08:57 | その他 | Comments(0)

青島の康有為

青島にすんでいる先輩のご案内で康有為が晩年住んでいた家を訪ねた。
 戊戌の政変の失敗、日本へ亡命した彼は、羯南や近衛篤麿の援助で日本に活動の根拠地を築こうとした。
 昨年復刻した東亜同文会の最初の機関誌東亜時論にも彼の弟子の梁啓超が文章を寄稿している。

 その後日本の対中政策の変化によって彼は再び日本を出て海外を流浪することになる。
香港に住んでいる頃、骨董街で彼の書を買おうかと思った。流浪の間、彼は支持者たちに書を書くことで糧を得ていたともいう。

 孫文らの辛亥革命の実現によって、中国に帰ることができたが、その主張は既に時代に追い越されていた。
 青島が旅路の果てとなったが、小高い場所にある家の窓から、黄海を眺めながら、彼の胸に去来したものは何だっただろうか。
 
 羯南や近衛は、彼の帰国よりも早く、明治34年の夏、山東半島の反対側の煙台に立ち寄っていた。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-09-24 07:17 | 紀行 | Comments(0)

鈴木虎雄遺文集

 鈴木虎雄は羯南の次女の娘婿。

大學を出てすぐに日本新聞にはいったこともあり、種々の人物の結節点にいる。

彼が羯南について書いた文章、子規について、長清会について、とあちこちに残っている。

本業の中国文学についての本は古本になっても高価だが、この種の文章はうもれがちである。

このままでは確実に散逸するので、一冊にまとめられないものだろうか。

さ来年が虎雄没後50年、ここが一つの機会とも思う。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-09-06 19:47 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧