カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(45) 私立大学評判記(その34)

 今回から明治36年(1903年)11月15日の「(十三)慶応義塾の沿革(上)」に入る。今後しばらく慶応が取り上げられ、その実態が詳細に紹介されていく。日本で最初の私立大学である慶応が分析されることで、明治という激動の時代をどう生き抜いてきたかが浮かび上がることになるだろう。

 その前に、今回は歴史の教訓について考えてみたい。これまで古島一雄によって、慶応や早稲田大学をはじめとする私大や東京帝国大学の“評判”が取り上げられ、当時の様子が生き生きと伝えられてきた。

 東京帝大は官吏養成機関として誕生し、その地位を守るべく私大を差別し、法的に専門学校と位置づけ、劣った地位におとしめていた。しかし、私大も高文官試験や就職で実績を出していき、明治も中期となり進学希望者が増加すると、彼らの受け入れ先として注目されるようになった。徴兵猶予の特権も有利に働いた。

 また、各私大は開設の背景から教育内容に至るまで、おのおの特徴を持っていた。それは、時代の変化に対応する必要から創意工夫を重ねて行った結果でもある。

 ところで、現在の日本は、未曾有の東日本大震災から半年がたとうとしている。政治の混乱の影響で復興が思うように進んでいないようだ。周知のように原発事故が大きく絡んでいる。その最大の原因が“想定外”という発想であった。歴史を顧みず10メートル超える津波は起こり得ないと思い込んだ。政治家、官僚、学者、企業ばかりでなく、マスコミまでが一体となって原発を擁護したのである。実はこの考え方は現代に限ったことではない。

 作家の半藤一利によれば、第二次世界大戦の敗戦の原因も同様であったという。昭和の海軍は日露戦争による成功体験によって、大艦巨砲主義、艦隊決戦主義にとらわれた。時代は既に航空機による空中戦に移っていたというのに、この変化を“想定“しなかった。日本人は安定の時代を迎えると、この発想に取りつかれてしまうようだ。歴史の教訓が生かされず、知らず知らずのうちに繰り返してしまうのである。

 現在、大学の置かれている環境が厳しい。4年制大学の4割が定員割れである。今こそ歴史から学ぶことが多いのではないだろうか。大学関係者が想定外としてきたことはなかっただろうか。その意味で、この古島の「私立大学評判記」は現在へ大きなヒントを与えてくれるだろう。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-08-30 18:48 | その他 | Comments(0)

宇都宮太郎日記

 宇都宮太郎は、陸軍のアジア戦略の要となっていく人物だが、彼の日記が残されている。
明治33年が最初の日記であるが、残念ながら彼がイギリス公使館付きの駐在武官であった明治34年から38年までのロンドン時代の日記は残されていない。

 残された日記は、「陸軍大将宇都宮太郎日記」として三巻で出版されている。(2007年4月岩波書店)

 明治期の日記については、茨城キリスト教大学の斉藤聖二教授が解題を書かれている。

「明治37年に日露戦争が開始されると宇都宮はかねてから希求していたその戦争に参加するべく再三帰朝を請願する。(中略)
結果的に、彼は、ロンドンにおいていわゆる「明石工作」等を背面で支える仕事に従事」

たかぎ  
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-08-27 22:50 | トピックス | Comments(0)

ウラジオストクの井上亀六

 友人がウラジオストックに赴任することになり、あらためてシベリア関係の本を何冊か読み始めた。その中に、石光真清の手記がある。

 石光は、熊本の出身、陸軍に入り、日清戦争に従軍の後、日露戦争に向けてシベリアで諜報活動を行った。(余談だが彼の子息は後に柴五郎の伝記をまとめることになる。)


 彼の手記は4冊にわかれて出版されている。シベリアへ行くくだりは、二冊目の<嚝野の花>に描かれている。
彼は明治32年の8月25日にウラジオストックに着いた。日本郵船の社長、陸軍参謀本部次長らと一緒の旅であった。軍民一緒の行動である。

 石光はそのままウラジオにとどまり活動を開始するが、当時ウラジオにいた日本人の記述が出てくる。

「当時ウラジオストックには新聞社の特派員として、日本新聞の井上亀六、時事新報の管某、大阪毎日の松島宗衛、国民新聞の上野靺羯(岩太郎)、朝日新聞の阿部野利恭がいて船便で記事を送っていた」
(石光真清、嚝野の花、中公文庫、1978年11月)

 明治も32年、既に海外特派員が主要な都市に展開していたとはいえ、ウラジオにこれだけ各社の特派員がそろっていたのは驚かれる。

 昨年復刻出版した、東亜時論にも、笹森儀助のシベリア報告が掲載されている。

たかぎ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-08-14 08:11 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧