カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2011年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(41) 私立大学評判記(その30)

 今回から「(十二)慶応義塾と早稲田大学」の前半に入る。
 
 古島一雄は、まず、「二人者の学校に於ける関係は、甚だ其趣を異にするものあり。」と述べる。前回、「(十一)三田の福沢と早稲田の大隈」で紹介したように福沢と大隈の性格が似ているにもかかわらず、自ら設立した学校との係わりが大きく違うと指摘するのである。

 大隈については、以下のようにまとめている。

 「大隈伯は、固より学校の創立者たるに相違なしと雖も、彼は曾て自ら学校を管理したる事なく、曾て自ら子弟を教へたる事なく、曾て学校を見舞たる事なく、其卒業式に臨みたるも実は数年以来の事にして、彼は直接に学校其物に関係したる事なく、或時に於ては寧ろ故らに其関係なきを装ひし事あり。」

 まったく意外に思われるが、これも前回、解説したように、当時、「明治十四年の政変」で下野した大隈が、政府から危険視されていたという状況が大きく影響したと思われる。

 一方、福沢は、次のように述べられている。

 「福沢氏の慶応義塾は之に反し、自ら之を創立し、自ら之が教鞭を執り、自ら之を管理し、自ら之を経営せり。」

 現在でいえば、福沢は理事長兼学長であった。

 その結果、以下のような状況が生まれることになる。

 「三田の学生にして福沢を知らざる者なかりしに反し、早稲田の学生中には、時として大隈伯其人の顔をだも知らざるものあり。」

 大隈は、実質的な設立者であるにもかかわらず、このような状況にあった。しかし、当時、日本における最大有力者でもあった大隈抜きで、よくも慶応と肩を並べ、私立大学の両雄と称される位置に昇り詰めることができたものである。

 古島は、後段でその分析をしているので、次回、紹介しよう。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-04-30 09:08 | その他 | Comments(0)

弘前 有山先生特別講演会

  羯南の伝記の著者である有山輝夫先生の特別講演会の案内を、弘前の陸羯南会から頂いた。


    4月30日(土曜日)  午後3時

    弘前市立図書館 視聴覚室 (2階)


    <新聞記者陸羯南の誕生と弘前>

  弘前はこの時期、弘前城周辺の桜が満開の季節、さくら祭りも例年通り開催の予定。

(有山 輝雄先生:日本の歴史学者、東京経済大学コミュニケーション学部教授。専門は近代日本メディア史。神奈川県出身。

略歴 [編集]1967年、東京大学文学部国史学科卒業。1972年、同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。桃山学院大学、成城大学文芸学部教授などを経て現職。

著書
単著 [編集]『徳富蘇峰と国民新聞』(吉川弘文館, 1992年)
『近代日本ジャーナリズムの構造――大阪朝日新聞白虹事件前後』(東京出版, 1995年)
『甲子園野球と日本人――メディアのつくったイベント』(吉川弘文館, 1997年)
『戦後史のなかの憲法とジャーナリズム』(柏書房, 1998年)
『海外観光旅行の誕生』(吉川弘文館, 2002年)
『陸羯南』(吉川弘文館, 2007年)
『「中立」新聞の形成』(世界思想社, 2008年)
『近代日本のメディアと地域社会』(吉川弘文館, 2009年)
 
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-04-06 23:53 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧