カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(37) 私立大学評判記(その26)

 今回から明治36年11月20日の木曜日に掲載された「(十)学位と特権」に入る。これまでと同様に初回から第一面に掲載され、しかも11月9日の「(七)官立大学の今昔」以来、一番最初にもってこられている。
 
 最初に古島一雄は、「私立大学の発達に伴ひて起るべき問題は、学位問題と特権問題なり」と述べる。そして、文部省に対し、私立大学にも学位を与える権限を認め、帝国大学が持っている官吏登用の特権を取り上げろ、と主張する。

 彼は、まず学位問題から始める。博士号が、どれほどの価値があるのか、陸海軍の金鵄勲章と同様ではないかという。すなわち、金鵄勲章は、当初、陸軍省が日清戦争で武功抜群のものだけに対して与えようとしたが、その選定に困難を極め、結局、「平城・旅順の激戦乃至は営口、紅瓦寒等の激戦に臨みたる将士は、其官等に応じて之れを与ふる」とした。海軍も、陸軍との勢力均衡のため、それにならい「黄海の激戦に臨みたる中尉以上の将士」に、大量に与えることになった。

 彼は、このように金鵄勲章は、多くの人に与えすぎて価値が低いものとなってしまったが、博士号の学位も同じではないか、という。文部省は、博士号をもったいぶって最初、各分科大学へ5人に限り与えることにしたが、これは見栄の張りすぎであり、むしろ「学生の虚栄心を長ぜしめたる罪悪」であるとまで論じる。

 結局、早稲田大学博士があってもいい。慶応、明治、法学院(現・中央大)、法政、日本、それぞれの私大の博士があるべきだ、と主張する。

 そして、以下のようにまとめる。

 「世は到底実力の競争なり、此の如くして其の尊きものは益々尊きを加ふべく、其尊かざるものは益々尊かざるに至り、優勝劣敗の天則は、茲に初めて真個の博士を見るを得んなり。其れ文部省が取るべき最良の方針にならずや。」

 現在では、信じられないことであるが、明治30年代では、私大にはまだ学位を与える権利がなかったのである。当時、帝大と私大の学生の学力は拮抗していた。ごくごくまだ一部のエリート層の争いであり(明治38年の帝国大学と専門学校の卒業者数は、合計3,334名。『文部省年報』)、古島は、帝大と私大の学生の機会を均等とし、実力の競争にゆだねよと主張するのである。

 実に、古島ならではの歯切れ良さを感じさせてくれる。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-12-30 11:46 | その他 | Comments(0)

青木先生と<毛沢東の悲劇>

 今日は青木先生の命日。

 最近、中国関係の仕事にもどったので、昔の中国のことをよく知っている人にお会いする機会が多い。
 時々話題にのぼる本が、この柴田穂氏の書いた<毛沢東の悲劇>である。

 柴田氏は幼き日を中国ですごし、文化大革命の初期を中国で取材した中から生まれた傑作である。
同時代の現象の本質を見抜くことは難しいが、この作品はそれを成し遂げたものといえよう。

 その第一巻の巻頭の<はじめに>に、青木先生のことが出てくる。

「<毛沢東の悲劇>第一巻の発刊にあたって、「サンケイ新聞」への連載を企画、推進された青木前編集局長、藤村現編集局長、出版の企画、作業で私の重い腰を引っ張ってくれた「サンケイ新聞プロダクション」のみなさん、資料の面でご協力を受けた社外の方々に厚く御礼を述べたい。」

 この本が出版されたのが1979年6月、その時、青木先生は既に筑波にいらしていた。
文化大革命が終了して3年、中国もまた大きな変動の時代を迎えようとしていた。

 中国がどうなっていくかは、隣国の小さな島国、日本にとって常に大きな影響を与える。

 羯南が生きた時代も、結果的には欧米列国の植民地政策の前に、もっとも大きな<市場>であった中国が蚕食されている間に日本は近代化を果たして現代へ繋がってきている。

 日清戦争の終結後のアジアの国際環境の中で、日本の生き残りをかけて<支那保全>を掲げた人々がいた。
 近衛篤麿が会長、羯南が幹事長を勤めた東亜同文会である。
 その発起書は羯南が書いたものといわれている。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-12-16 21:00 | トピックス | Comments(0)

陸羯南と素晴しき仲間たち

  

  <陸羯南と素晴しき仲間たち>と題する展覧会が青森近代文学館で開かれている。


http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/top/museum/katsunan&nakama.html


<羯南は明治二十二年、新聞「日本」を創刊し、商業主義を廃した「不羈独立」の姿勢で、時の政府、特にその欧化主義政策に対して、真っ向から批判し、日本の主権を侵犯する恐れのある条約改正の動きを理路整然と牽制した。そうした羯南の活動を経済的にあるいは思想的に支えた先輩や同輩がいた。また羯南が経済的、情緒的に支えた後輩もいる。その中から幾人かを取り上げ、羯南との関わりを中心にまとめてみた。>

〈出品リスト〉

著編者         タイトル     刊行年       発行者

西田長寿ほか      陸羯南全集    1968-85      みすず書房
ド・メストル 陸實・訳 主権言論     1885        博文社
ビュフヲン 井上毅・訳 奢是吾敵論    1885        農商務省
陸實          近時政論考    1890        日本新聞社
陸實 再版増補     臨淵言行録    1895        陸實 
梶井盛         羯南文集     1910        蟠龍堂
鈴木虎雄        羯南文録     1933        陸四郎
川那邉貞太郎      自恃言行録    1899        川那邉貞太郎
小谷保太郎       愚庵遺稿     1904        小谷保太郎 
小谷保太郎 子規言行録(再版) 1902 吉川弘文館

(同 ホームページから)
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-12-05 20:22 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧