カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(33) 私立大学評判記(その22)

 今回は、明治36(1903)年11月10日発行の「(八)私学と文部省」を取り上げる。 
 本編に入る前に、まず日本の高等教育の現状をまとめておこう。

 平成21(2009)年度の大学在学者数は、285万人であり、そのうち私学は209万人で、実に73%を占める。また、私学は収入の約9割を学生の授業料でまかなっており、国からの補助金は約1割に過ぎない。ちなみに学費は国公立が82万円、私学が131万円である。

 これを欧米諸国と比較すると、日本のおかれている状況がよくわかる。

 アメリカは国立大学はなく、州立大学の学生数が77%(2000年)であり、残りが私学となる。州立の経費は、51%(1999年)を州と国が負担し、残りを授業料、民間からの寄付金や研究補助金など多岐にわたる財源でまかなっている。学費は、州立が50万円、私学が209万円。ただし奨学金制度が充実し、それでほとんどをまかなえる。

 また、イギリスはすべての大学が設置形態としては、独立の法人という私学であるが、経費のほとんどを国が負担している。学費は、45万円である。

 一方、フランスはほぼすべてが国立大学であり、経費の多くを国が支出している。学費は、1.9万円。さらにドイツは、多くが州立大学であり、その経費は州および国が負担している。なお、学費は1.8万円である。

 以上から日本の高等教育では、私学が学生数の7割以上を占め、しかも収入の約9割をみずからがまかなっており、いかに私学の果たしている役割が大きいかがわかる。

 しかし、このように我が国の高等教育において、ある意味、私学が国の役割を大きくカバーしているとも言えるが、私学は文部科学省の教育方針に従順にしたがい、異議を唱えることをしない。

 言い換えれば、文科省はわずかなお金で私学をうまく取り込み大きな役割を担わせているにもかかわらず、私学は文科省に頭が上がらないのである。

 実は、こうした状況を生み出した原点は、明治時代にある。
 古島一雄は、まず明治時代初期から中期にかけて文部省は、私学を敵視し、その発達を妨げてきたと述べる。

 そして、古島は以下のように続ける。

 「帝国大学に特権を与へしは、大学をして官吏養成所たらしめんが為にして、必ずしも私学を撲滅せんと欲せしにあらざるべしと雖も、一方を保護する所以は、一方を圧抑する所以にして、其結果が、私学の発達に至大の妨害を与へたるは何人も認知する所なり。」

 さらに、次のように述べる。

 「其他或は徴兵猶予の特典と日ひ、或は設備細則と日ひ、或は教員の検定と日ひ、文部省が苛酷なる干渉を私学へ加へつつあるは明白なる事実にあらずや。」

 当時、文部省は、大学は帝国大学しか認めなかったし、そこでの特権を絶大な権力で維持した。私学は大学と名乗るものも出たが、法律上は専門学校に過ぎなかったし、特権を得るためにはその許認可権を持つ文部省の言いなりになるしかなかった。

 こうした状況は、古島にとって、実に不満であった。

 ひるがえって現在の大学の課題を少し指摘しておこう。
 日本の高等教育では、私費負担が大きく、しかもそれを家計が負担している割合が非常に高いので、これがさらに格差を固定化し、拡大する危険性をもたらしている。

 また、画一化教育にしばられ、真に私学の特色が出せない。例えば、フリースクール的に、カリキュラムに縛られず自由に学べる大学があってもいいのではないだろうか。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-08-28 18:24 | その他 | Comments(0)

成田与作のこと

  東亜時論の復刻にあたって、東亜同文会のことを調べていると、そこここに成田与作のことが出てくる。この人物について、なにかてがかりがないかと探している。

  弘前の陸羯南会の舘田会長から、「青森県人名事典」(東奥日報社、昭和44年4月刊)の記載をお教え頂いた。


 「成田与作(ーよさく)明治4~明治43(1871~1910)

 弘前市鷹匠町出身。東奥義塾を卒業して上京、明治法律学校(のちの明治大学)に学ぶ。
先輩陸羯南に愛され、近衛篤麿らによる東亜同文会の創立に関与、のちその事務局長となる。
明治33年近衛公の中国旅行のさい随行するなど、その信任を得ること多かった。
38年外務省嘱託を兼ね「東亜関係特殊条約集」の編纂に従った。

この間、地方後輩のため東京に寄宿舎「修養社」の設立に尽力した。

43年9月三浦半島に遊び水泳中水死し、先輩知己ら痛惜された。」

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-08-28 06:48 | 研究 | Comments(0)

東亜時論 復刻の記事

 東亜時論の復刻が、8月20日の東奥日報さんで紹介されました。

 東亜同文会は、陸羯南が初代の幹事長であったのみならず、彼の盟友でもある笹森儀助、浅水又次郎も参画し、この時論には、笹森の、当時の貴重な朝鮮、シベリアの実情を伝える現地報告も所収されています。

 新聞人以外の羯南の側面を知るうえでも非常に貴重な資料であり、編集長も国友重章、内藤湖南らが勤めていました。

 記事の一部は、WEB東奥でも読むことができます。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100820105922.asp

 東亜同文会の地方支部としては、弘前支部が、京都、広島、青森と並んでもっとも初期に設置された一つでした。

「本会会員成田与作氏冬季休業中帰省の折、青森県弘前市の重なる有志者に謀り本会支部を同地に設くることに決し、本月九日弘前倶楽部に於て、支部創立会を開き」

 と、東亜時論の後継機関紙の東亜同文会第十五回報告に紹介されています。

 ここには、羯南の親友、伊藤重をはじめ、弘前支部の主要役員も紹介されています。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-08-22 04:58 | ニュース | Comments(0)

弘前陸羯南会主催講演会 中野目筑波大学教授

   8月7日、弘前の陸羯南会主催の筑波大学の中野目教授の講演会が開催されました。

演 題:陸羯南研究の動向


講師 中野目 徹 氏
        (筑波大学大学院人文社会科学研究科教授)

 東奥日報さんの記事も掲載されております。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100808092256.asp

  中野目教授が直接てがけられた、羯南関係の資料の整理の御話から、学会の羯南研究の動向、同時期の研究との比較など、大変貴重な講演がなされ、会場からも活発な質問が発せられたとのことです。
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-08-15 06:01 | ニュース | Comments(0)

東亜同文会幹事長 陸実

 東亜同文会は、羯南らの東亜会と近衛篤麿の同文会が合併して明治31年11月に成立した。

 今回、復刻した東亜時論はその機関誌である。

 編集後記の一部を再録させて頂く。


「陸羯南は、東亜同文会の最初の幹事長であった。

 機関誌「東亜時論」にも、彼の文章が発表されている。

 一般に羯南は明治期を代表する新聞人の一人として評されることが多い。

 しかし、改めて彼の生涯の事績をたどってみると決して「新聞人」だけの枠におさまった人物ではなかったことが見え隠れする。

 例えば、明治十二年から十三年にかけて、故郷の青森で「青森新聞」の編集長を勤めていた間、自由民権運動がおこった。

 その運動は、一つには国会開設の建白という方向をとったが、明治十三年三月二十七日、青森県内で会合が持たれた時に、その出席委員として、羯南は参加している。

 この時点での彼の運動への関与の度合いについては、現在残されている資料では、これ以上知るすべもないが、この時期の知識層の青年として、ごく自然に、政治的な志向性を持っていたのではないかと推察される。」


たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-08-01 21:46 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧