カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(32) 私立大学評判記(その21)

 今回は、「(六)官立大学の今昔」の後半に入ろう。

 まず古島一雄は、東大生の服装について取り上げる。明治も30年代半ばともなると彼らの服装は、角帽をかぶり金ボタンに詰め襟の黒色の学生服(明治19年に制服として制定)であり、当時としては、一つの権威として憧憬を抱かせるものであった。

 しかし、明治初めは、「短褐弊袴(丈の短い粗末な上着に古び破れた袴)、太きステッキに高下駄」であり、実に粗野なものであった。例えば、杉浦重剛はいつも擦り切れたチョッキを着ていたし、磯部徳三郎は上着が破れ、また、西松二郎は借り物の古袴をずらしてはいていたという。

 次に、明治12年に行われた東大の第2回卒業式での出来事である。福富孝季は卒業証書をふんぞり返って天に掲げ、仙石貢は証書を見ずに場外へ去り、「さすがの西郷従道氏をして微笑を禁ずる能はざらしめたり」と紹介している。

 そして、その状況を見た東京日日新聞の記者が礼儀がなっていないとして記事にした。だが、学生たちはこれに怒って当新聞社に殴り込みをかけ、謝罪を勝ち取ったのであった。

 古島は、これらに賛意を示し、彼らの自由闊達さと素朴さを大いに認めている。

 また、古島は、政治活動について次のように語る。

 「吾人が特に記すべきは、主権論当時に於ける大学学生、若くは卒業者が、如何に言論の自由を有し、如何に政治的思想に富みたりしやの一事なり。」

 東京日日新聞には、東大関係者は、関直彦らが在籍し、明治日報には、三崎亀之助ら、東洋新報には、平沼淑郎(第3代早稲田大学学長、平沼騏一郎の兄)ら、改進党には、高田早苗(早大創立メンバーで後に総長)らがいた。また、協和会、戌寅社、晩成会、鴎渡会を設立し、「盛んに政治を談論せり」。実に、東大の在学生も卒業生も政治問題に対し言論活動が活発であった。

 それに対し、当時文部省は、学生の政治活動を非難した。しかし、「教授フェノロサ氏をして、口を極めて政治運動を非難せしめしが、又一人の耳を傾くる者なかりしなり」だったのである。

 それが、明治30年代半ばには、東大七博士の国家問題に関する所見発表を政府が掣肘すると、博士側も黙ってしまった。

 こうした状況は、古島にとって、実にはがゆくさびしい限りであった。

 ひるがえって現在と比較すると、東大をはじめ他大学にも政治にまったく無関心な学生が増加した。大学の指導に従順でまじめに授業に出席する学生が増えた。現代の学生は、飼いならされた犬のように、大人しくなってしまったようだ。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-07-30 17:09 | その他 | Comments(0)

弘前陸羯南会主催講演会

 弘前の陸羯南会から講演会の案内を頂戴しました。

演 題:陸羯南研究の動向


講師 中野目 徹 氏
        (筑波大学大学院人文社会科学研究科教授)

 (講師紹介)

  筑波大学人文学類卒業、同大学院博士課程中退。
  国立公文書館研究職を経て、現在、筑波大学大学院教授。博士(文学)。
  専攻 日本近代思想史、史料学。

   著 書
  『政教社の研究』(思文閣出版、1993年)
  『明六雑誌』全3冊(校注、岩波書店、1999~2009年)
  『近代史料学の射程ー明治太政官文書研究序説ー』(弘文堂、2000年)
  『書生と官員ー明治思想史点景ー』(汲古書院、2002年)
『近代日本公文書管理制度史料集』(共編、岩田書院、2009年)

  日時:平成22年8月7日(土)16:00~18:00

  場所:弘前文化センター 中会議室(二階)

  入場無料 当日直接会場へおいでください。

  問い合わせ
   陸羯南会事務局(舘田勝弘) ☏0172-34-7861

皆さま、ふるってご参加ください。
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-07-20 23:41 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧