カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(31) 私立大学評判記(その20)

 今回から、再び私立大学評判記に戻ろう。「(六)官立大学の今昔」に入る。

 ここで古島一雄が、明治初期の東京大学を理想視していることがわかる。彼は、次のように述べている。

 「試みに十数年前の東京大学に見よ。当時の大学は、今の帝国大学の如く爾かく官学的なりしか、今の卒業生の如く爾かく吏習的なりしか。」

 その象徴的な出来事が、明治9(1876)年の天長節(天皇誕生日)での騒動であった。その経緯を、当時学生であった西芳菲が書き残しており、古島は、その文章を取り上げている。以下にその概要を紹介しよう。

 その日は、天長節だった。学生の西、福富孝季、増島六一郎、城多虎雄たちは、慶事を祝い大いに飲んでいた。その中で、日ごろ制服を非難する学生に天罰を与えようという話になった。(福富たちからすれば、明治天皇から下賜された学生服をけなすことは、道義に外れた行為であった。) 

 福富たちは、彼らを運動場に引きずり出し、「天誅」と言いながら殴った。(当然、福富らにすれば、正義を貫いたという思いだったのだろう。)  

 しかし、翌日、暴力行為を行った福富ら15名は、校則を破ったとして罪に問われた。井上良一教授が審判に入った。その時、福富たちを弁護したのが、高橋健三と河上謹一であった。だが、酩酊の上の行為であったため、被害者の申し立てのみが採用された。

 それで、福富、増島、城多、千頭は退学に、西、大谷木、河原は、6週間、岩崎、磯野ほか7名は4週間の停学となった。しかし、彼らは、処罰が異なるのは不公平であると全員の退学を申し出た。

 その時、斡旋者がいて、近日中に退学者が許される旨の内諭があった。さらに鎮静化に尽力したため、大事には至らなかった。実際、退学者もその年の12月には、再入学が許可されたのであった。

 この事件について、古島は、以下のように評価している。

 「今の大学生をして此一節を読ましむれば、其乱暴なるを痛罵すべきは勿論、諄々乎として其挙動の学生に有るまじき事たるを説くべく、而して其議論の如何に老成らしく、如何に着実らしく、如何に尤もらしく、如何に正理らしく組立てらるるやを見るべきなり。」

 確かに乱暴ではあるが、当時の学生の真摯な心意気、潔さを感じさせる。さらに、もう少し、突っ込んでみれば、姑息でなく、生き生きとした自由闊達さをも感じさせてくれるのではないだろうか。

 明治も30年代ともなると、東京帝国大学を出れば、将来は安定していた。しかし、官吏になるための試験に汲々とした学生は増えたが、上記のような心意気のある学生は減っていたのである。

 なお、高橋、福富、千頭、河上は、新聞「日本」の発足にかかわる連判状の人物であった。また、新聞「日本」の相談役が高橋、千頭であり、芝居評その他の担当が、福富、時事狂句担当が西であった。ちなみに河上は、逸材といわれたが、日本銀行時代、総裁に反旗を翻して退職。その後、住友財閥に招かれ、住友銀行の発展の基礎を作った。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-06-29 13:44 | その他 | Comments(0)

<東亜時論> いよいよ復刻

  羯南が初代の幹事長を務めた東亜同文会の機関誌である幻の資料<東亜時論>がいよいよ復刻される。

  日清戦争後、ロシアの南下政策のもと、風雲急をつげた日本、中国、朝鮮半島、沿海州地域を入口にアジア全体への取り組みをどのように行うかを悩み、模索したのが東亜同文会であった。

  この会は羯南、犬養毅、三宅雪嶺、池辺三山、福本日南を中心とする東亜会と近衛篤麿を中心とした同文会が合体して成立した団体であり、そこには今の日中関係の原初的姿が見られる。

  新聞日本を中心としたジャーナリスト羯南のもう一つの顔が、この資料を通して浮かび上がってくる。

  近日出版、乞う御期待

たかぎ 


http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843334218 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-06-06 08:01 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧