カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(29) 鷲尾義直について

 高木主筆が購入された古本(鷲尾義直著『古島一雄清談』)は、偶然にも鷲尾義直本人から野田琢二に贈呈されたものであった。その本の中には、古島の新聞の死亡記事の切り抜きや古島が野田宛に出したハガキ、はたまた鷲尾と野田両人が古島の自宅前に並んで写っている生写真までが入っていた。(詳細は本ブログの2010年3月参照。)

 今回は、鷲尾の評伝『温軒鷲尾義直の面影』(昭和31年(1956年)発行、非売品)が入手できたので、彼について紹介したい。

 鷲尾の主な活動は、師と仰いだ犬養毅を20年以上にわたって文筆により支えたことにあった。具体的には、大正2年(1913年)に犬養を会長として興った大日本青年協会の機関誌『青年』の記者に始まり、すぐに主宰となり、そして大正13年(1924年)に後継誌である『木堂雑誌』を主宰として刊行、青年木堂会を創立した。

 昭和6年(1931年)には犬養内閣発足とともに、内閣嘱託として総理秘書となった。犬養が五・一五事件で凶弾に倒れた後、昭和13~14年(1938~39年)には、『犬養木堂伝』全三巻を著した。いわば生涯を犬養の政治思想の広報担当として活躍したのであった。
 したがって、犬養の親友であった古島とも親しかった。

 鷲尾は、明治20年(1887年)に秋田県能代市に生まれた。父は神職兼小学校教師であり、内藤湖南と親交があった。彼も最初の職業は教員であったがまもなく辞め、その後、秋田魁新聞、世界雑誌等の記者として活動した。

 また、大正14年(1925年)に県外在住者の友好を図る目的で『秋田県人雑誌』を創刊、その後は、夫人のよし子が『秋田』と改名して引き継いだ。

 著作は50以上あるというが、代表作は『犬養木堂伝』である。もちろん古島に関するものも多く、評伝を得意とした。

 身体は、長身痩躯で幼いころから病弱だったようだ。しかし、無欲恬淡、温厚で飄々とした風貌により、犬養から温軒という雅号を送られた。

 しかし、酒をこよなく愛し、最期は、アル中が原因で亡くなった(昭和30年(1955年)没)。犬養と知り合う前の記者時代に苦労を重ねてきたが、犬養の雑誌の主宰となっても経営に苦慮し、金銭的には恵まれなかった。また、先妻に病で先立たれ、後妻のよし子との夫婦仲も良くなく、周囲が心配していたようだった。

 彼の死後、有志によって評伝が残され、石碑も建てられたように、人間として多くの人々に親しまれた人であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-29 10:17 | その他 | Comments(0)

聴剣松永彦右衛門 著<樺太及勘察加>

 来週27日から、佐倉市立美術館で始まる新発見の

  浅井忠の絵画展

    <松永彦右衛門父母像>

http://www.city.sakura.lg.jp/museum/

でも改めて紹介される、羯南の囲碁の会・長清会のメンバーの一人、豊岡出身の松永彦右衛門。

 彼の号は聴剣。

 著作として

    <樺太及勘察加>

が残されている。

 明治38年11月、日露戦争後の出版である。 

 国会図書館の近代デジタルライブラリーで読むことができる。

http://kindai.ndl.go.jp/BIBibDetail.php

 目次を採録してみよう。


前編 樺太
第一章 概要
第二章 樺太なる名称
第三章 前世紀の樺太
第四章 樺太土人と大陸との交通
第五章 樺太に対する幕府時代の経営
第六章 海防論者の樺太観
第七章 樺太の探険家
第八章 魯国の東方経営に於ける樺太
第九章 国境談判委員の派遣
第十章 千島樺太の交換
第十一章 樺太の回復
第十二章 樺太の地勢(港湾、山脈、平地、河、湖、島)
第十三章 樺太の気象(風位、潮流、温度、結氷、気歴)
第十四章 樺太の人種(日本人、自由民、流刑人、異種人)
第十五章 樺太の市邑(都市、村落)
第十六章 樺太の産業
第十七章 樺太観風集
後編 勘察加
第一章 概要
第二章 東海岸
第三章 西海岸
第四章 黒竜会員鈴木重治探見記事
第五章 国際的漁業に関する意見
第六章 カマンドルスキー島
第七章 オコツク海沿岸
第八章 勘察加オコツク補遺(上)
第九章 勘察加オコツク補遺(下)


たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-25 07:08 | 研究 | Comments(0)

twitterに対応しました

twitterのハッシュタグを取得しました。twitterのアカウントを取得し(ちなみに私はmikimaroです)文末に#katsunanとつけてもらうと、この陸羯南関係の投稿が見られます。

またなるべくブログが更新されたら私のtwitter上で紹介したいと思います。

つかもと
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-23 17:32 | トピックス | Comments(0)

活世界  鈴木天眼のこと

  羯南全集の第九巻の終わりには、羯南が<日本人>他の雑誌に発表した文章や、種々の本の序跋の文章が収められている。

  東奥日報の記事の次に、


 <活世界>

という雑誌の記事が掲載されている。

 解説には

<『活世界』は北村三郎(川崎紫山)・佃信夫(斗南)・鈴木力(天眼)らが発刊した、国家主義的傾向に立つ雑誌である。>

 とある。

 天眼鈴木力は

<1867‐1926
明治-大正時代のジャーナリスト。
慶応3年7月8日生まれ。明治26年秋山定輔(ていすけ)創刊の「二六新報」の主筆となる。
35年長崎で「東洋日の出新聞」を創刊し、社長。
41年衆議院議員。
孫文の辛亥(しんがい)革命を支持した。
大正15年12月10日死去。60歳。
陸奥(むつ)二本松(福島県)出身。
本名は力(ちから)。
別号に独尊子。
著作に「小日本歟(か)大日本歟」など。>

(講談社 日本人名大辞典)

 この雑誌は明治23年12月の発刊。

羯南は、<人物論>と題する文章を寄せている。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-18 20:32 | 研究 | Comments(0)

雑誌<日本青年>

 先日、有山先生のメディア史研究会で、東大大学院新藤雄介さんの新聞日本の愛読者団体<日本青年会>についての発表を御伺いしたばかりだったが、古書の目録で雑誌<日本青年>が掲載されているのをみつけた。

 日本青年会は、おそらくピーク時で会員500名強、その会員雑誌も発行部数はほぼ同様のものと思われることから半信半疑で注文を入れた。

 かって国会図書館や同志社大学の人文研究所で見たことのある雑誌<日本青年>は、痛みが激しくやぶれかかった雑誌だったが、実物を見て驚いた。

 紙質もよくしみもない。よく保存されていたものだと、古書店主に聞いてみると、市場で仕入れたもので大元のでどころは不明だという。

たかぎ   
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-11 20:29 | ニュース | Comments(0)

阪井久良伎

 井上劍花坊のことについて何回か触れた。もう一人、今日の川柳の基礎を築き、劍花坊と並んで、「川柳中興の祖」よばれた阪井久良伎(さかいくらき)について、曾孫さんのHPおよび川柳学会第2回研究会資料(2005.9.19)・竹内豊氏「久良伎資料の解釈と保存」から引用してご紹介したい。

久良伎は、本名「坂井辨(わかち)」(1869~1945)といい、1869年生まれ。1884年、藤堂男爵家において五世川柳編「絵本柳多留」を読んで川柳を志向する。

1897年、「日本新聞」入社、正岡子規と歌論で衝突したが、却って親交を深め、子規の感化を受け川柳の本格的な研究を決心。

1903年、「川柳梗概」を発行し、川柳中興の第一声となり、翌1904年、我が国初の川柳会「川柳久良岐社」創設、1905年「五月鯉」発行。

1925年ラジオで本邦初の川柳講義を放送し、1929年久良岐を久良伎に改め、1945年逝去、

とある。

「川柳=狂句」「川柳=猥雑なもの」という当時の社会風潮に異を唱え、川柳の本道を世に広めるべく尽力した、という。

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-11 07:10 | Comments(0)

山田喜之助①

e0106376_0182013.jpg羯南を行く旅路は遠路(弘前、松山…etc)ばかりではない。
ここのところ羯南の作った囲碁の集いである「長清会」をめぐって根岸から上野にかけて歩く機会を得た。
根岸は云わずと知れた羯南の住んでいた土地であり、その隣にあった正岡子規の家は現在も「子規庵」として保存されている。
主筆が古地図を頼りに探し出してきた、長清会の行われていたとされる「元光院」まで子規庵より歩いてみると、その距離が意外と近かったのだということがわかる。もっとも今では元光院のあった場所はファミレスになっており、鴬谷の駅を挟んで線路を渡ってすぐのところにある。このあたりから上野にかけて今でもなんとも風格ある家並みが続く。
明治20年代頃の根岸の土地は、閑静な片田舎だったそうで、そこへ、都落ちするように、斜に構えた文人やら画家が居を据えていたらしい。「根岸党」と言われていたが、薩長で牛耳られていた政府からは距離を置き、「文人梁山泊」的な独特の文化というか、世界を作っていたようだ。そんな空気感の中に長清会はあったのだろう。
今、主筆の号令でその長清会の勉強が進められているが、そのメンバーをたどっていくと、確かに面白そうな人々が数多くいたようだ。
そのうちの「山田喜之助」を調べるように命じられる。
「なぜ私が?」「遠い親戚かもしれないじゃん」「はあ」
そんなこんなで偶然立ち読みしていた柴田宵曲「明治風物詩」の中に山田奠南(てんなん)喜之助にかんする記述を見つけた。
やまだ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-11 00:22 | Comments(0)

<羯南と古島一雄>(28) 「支那の話」

 
 またまた高木主筆から古島一雄の資料を送っていただきました。

 昭和初期に大阪の有恒倶楽部というところで古島が行った中国についての講演録です。古島の話言葉の資料は、おそらく初めてだろうとのこと。

 後日、詳しく紹介させていただきたいと思います。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-06 23:08 | その他 | Comments(0)

千葉県佐倉市立美術館浅井忠<松永彦右衛門父母像>

 羯南が主催していた囲碁の会<長清会>のメンバーには多彩な人々がいた。

画家の浅井忠も有名だが、実業家松永彦右衛門もその有力メンバーの一人であった。

松永の御子孫から、浅井忠の出身地である佐倉の美術館にその作品が寄贈されたことを記念して、修復が完成した作品の展示が開催される。


  <佐倉・房総ゆかりの作家たち―新収蔵作品を中心として

    会 期 平成22 年3月28 日(日)~平成22 年5月23 日(日)

    午前10 時00 分~午後6時00 分(入館は5時30 分まで)

    休 館 日 月曜日

    (但し、5月3日(月)は開館し、5月6日(水)は休館)

    展示期間 平成22 年4 月27 日(火)~5 月23 日(日)

  ■浅井忠≪松永彦右衛門父母像≫

  この作品は、浅井忠の囲碁仲間であった松永彦右衛門の両親を描いたもので、

  浅井としては珍しく日本画仕立に肖像画を描いています。是非、ご高覧ください。>

(佐倉市立美術館の案内より)

http://www.city.sakura.lg.jp/museum/


  これを機会に松永、そして長清会の新たな事実が見出されることを期待している。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-04-03 07:37 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧