カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2010年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(27) 私立大学評判記(その18)

 前回、古島一雄は、私立大学の学生募集への苦衷の例として日本大学に触れていた。今回は、さらに実際の広告でその具体的な内容を見てみたいと思う。以下に明治36年(1903年)11月3日の新聞「日本」に出ている日大の全面広告を取り上げて紹介しよう。

 まずこの広告は、何といっても「日本大学」の文字が、一番上の全1段を貫き、白抜きで黒ベタを背景として印刷されているため非常に目を引く。(それだけ“大学”という名称に価値を認めていた。)そして、教育部門として専門部、大学部、高等専攻科、高等師範部、大学予科、外国語専修部の6つが掲載されている。   

 中心となる専門部は、「講師」「学科」「特典」「入学試験」の4項目が掲げられ、「講師」については以下の説明がある。

 「高等文官試験委員、判事検事弁護士試験委員たるべき人多数を占む。随て此等の競争試験に於て常に優等の成績を得たり」

 まさに古島の記述通りである。
 また、次に「学科」として、受講できる科目が並べられている。

 「民法、商法、破産法、刑法、刑事訴訟法、民事訴訟法、憲法、行政法、国際公法、国際私法、羅馬(ローマ)法、財政学、経済学、法学通論、警察監獄学等」

 現在の法学部の専門科目とあまり変わらないようである。
 そして、「特典」としては、次のように書かれている。

 「専門部特別生は在学中徴兵猶予の特典あるのみならず卒業後は更に一年志願兵をなすことを得」

 この特典が学生募集を有利に展開することにつながっていたので、単独で扱い強調していることがわかる。   

 「入学試験」については、以下の表現となっている。

 「専門部法律科普通入学試験 十一月八日午前九時より施行す。専門部特別入学試験(徴兵猶予の特典あり) 十一月八日午前九時より施行す。但中学校卒業生は無試験入学を許す。専門部二年三年編入試験 十一月九日午前九時より施行す」

 専門部には、徴兵猶予の特典がある特別コースとそれがない普通コースが存在することがわかる。また、中学校を卒業していれば無試験であり、2年生や3年生への編入も可能であった。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-30 18:45 | その他 | Comments(0)

日本新聞と朝日新聞  安藤正純遺稿

  昭和32年10月に発行された<安藤正純遺稿>を入手した。

安藤は日本の記者として活躍した人物の一人。

国会図書館の憲政資料室にその文書が保管されている。

「旧蔵者 安藤正純 (あんどうまさずみ)

 旧蔵者生没年 1876-1955

 旧蔵者履歴 1876.9.25東京生まれ。1895.7哲学館卒、1899.7東京専門学校卒。1894.12『明教新誌』記者。1899~1900.4同主筆。『桜新聞』客員、『政教新聞』『日之出新聞』主筆も勤める。
1901.12日本新聞社入社。1906.7大阪朝日新聞社入社。
1919.7衆議院議員(第14~21、25~27回総選挙当選)、1924.12政友会入党、1925.大阪朝日新聞社退社、1926.5宗教制度調査会委員、1927.5田中義一内閣文部参与官、1931.12犬養内閣文部政務次官、1936.5立憲政友会幹事長、1945.11日本自由党結成に参画、1946.2日本宗教連盟理事長、1947.2~50.7公職追放、1950.7自由党筆頭顧問、政務調査会長。1952.10~55.10衆議院議員、1953.5第5次吉田内閣国務大臣、1954.11日本民主党結党に参加、1954.12~55.3第1次鳩山内閣文部大臣。1955.10.14死去。」

(国会図書館  憲政資料室HPより)

  新聞日本の社員には珍しい東京人。

 しかも浅草の真龍寺の僧侶の子供である。

学校を卒業してから、あちこちの新聞を経験し、明治34年に新聞日本に入社する。

 遺稿の中には、<日本新聞と朝日新聞>という回想が収録されている。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-28 22:00 | トピックス | Comments(0)

毎日新聞社 古島一雄清談  昭和26年3月

  いしがみさんに見て頂いている古島一雄の死亡記事の入っていたのは、この本です。

  この本に入っていたのは朝日、読売、毎日、神奈川の4紙の死亡記事。

それ以外に何かの本の口絵であったと思われる古島の写真、その裏には<日本新聞時代の古島氏とその四先輩>という写真もついていた。

 この写真は若き古島を中心に左に羯南、右に雪嶺、下に杉浦、犬養?の四人がうつっている。

羯南の写真は初めて見るもので、和服に口髭をはやした40代ころのものと思われる。

 不思議なことに、更にこの本には古島のはがきも入っていた。

二枚は野田琢二あての昭和26年、27年の年賀はがき。

そしてもう一枚は秋田の住所で、鷲尾あての昭和26年4月のものであった。

 更に見返から裏表紙にかけて、筆で、鷲尾から野田あての献辞が書かれていた。

最後に驚いたのは裏扉に生写真がはりつけてある。

 二人の男性が古島の表札のある門の前で並んで写っている。

裏返してみると、

  昭和25年12月10日

  世田谷 経堂 古島邸

  門前に於て

           野田 琢二

           鷲尾 義直

 と墨書されていた。

 この家は、我が家から数分のところにあったようだ。

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-28 11:05 | トピックス | Comments(0)

学海日録から

 千葉の佐倉は、旧幕時代は佐倉藩であり、羯南の親友の一人、当時の洋画家の権威の一人、浅井忠の故郷でもある。

 佐倉学に造詣の深い方から、やはり佐倉出身の依田学海の日記が同時代人の記録として有用ではと勧められた。

 依田は

「生年:天保4.11.24(1834.1.3)
 没年:明治42.12.27(1909)
 幕末明治期の漢学・文学者。
 名朝宗,字百川,通称幸造,信造,七郎,右衛門二郎。
 学海と号し,明治後は百川を名とし,向島の別宅を柳蔭精廬と称した。
 江戸生まれの佐倉(千葉県)藩士。
 藤森弘庵に儒ならびに詩文を授かり,経世の意識も高まる。
 安政~慶応期は藩の中小姓,仮目付,郡代官,留守居役を歴任,大政奉還後は譜代藩として徳川慶喜の 助命嘆願,あるいは藩主の恭順を政府に伝えるために関西,江戸間を奔走。
 維新後は藩公議人,権大参事。
 明治5(1872)年,東京会議所書記。同8年,太政官修史局(のち修史館)の編修に任ぜられるも重野成 斎(安繹)派による川田甕江派排斥のため,同14年文部省音楽取調掛兼編輯局少書記官に転任。
 同18年非職,以後文筆で糊口した。
 魏叔子を奉ずる躍動感に溢れた漢文家として多くの序跋碑文記伝を残し,勘弥,団十郎らの演劇改良 を後援し,森鴎外,幸田露伴ら若手と小説合評をするなど活動は広い。
 時流に乗らず逆らわず,しかし鋭敏に時代の推移を見届けた46年間にわたる日記は文化記録として 突出した精彩を放つ。
 著書は『談叢』『譚海』『話園』『学海記縦』『学海画夢』『墨水二十四景記』『吉野拾遺名歌  誉』『侠美人』その他多数。
 <参考文献>学海日録研究会編『学海日録』全12巻,『墨水別墅雑録』
                                      (宮崎修多)
                 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版」

と多彩な人物。

 佐倉の方によれば、佐倉藩の江戸、東京事務所的な存在であった、とのこと。

 早速、学海日録を読んでみた。

 羯南が出てくるのは、明治31年12月29日の部分。

「くもる。
 三輪信次郎の招に応じて猿楽町の宅に至り、紅葉をみる。
 庭園いと広く楓樹多し。
 はやうつろへるもあり、又染出せるもあり。
 客は十五、六人あまりあり。
 日本新聞の陸実、三宅雄次郎、国府、桂の二子もありき。
 田口鼎軒、須藤時一郎なども会せり。」

 (学海日録、岩波書店、1991年7月)

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-28 06:24 | 研究 | Comments(2)

<羯南と古島一雄>(26) 古島一雄の死亡記事

 高木主筆が購入した古島一雄の本の中にはさみ込まれていた古島の死亡記事のコピーが送られてきました。死亡したのは、昭和27年5月26日。掲載新聞は、朝日、読売、毎日、神奈川の4紙で取り扱いは大きく、全面の3分の1を占めるところもあります。また、コラムでも取り上げている新聞もあり、これほど反響が大きかったのかと驚きました。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-22 21:17 | その他 | Comments(0)

<異才列伝>と小田桐弘前高校校長先生 

  今朝の読売新聞の日曜版2面に<異才列伝>というコーナーがあり、そこに羯南の紹介が出ている。

  筆者の永井一顕さんは、文章からすると弘前高校の出身のようで、高校生当時の小田桐校長先生のエピソードが紹介されている。

  小田桐校長先生のことは、稲葉克夫先生の著書<陸羯南の津軽>のあとがきにも書かれている。

「指折ると昭和19年、県立弘前中学校一年生の私に羯南の存在を教えたのは、戦時疎開で文芸春秋社から郷里の弘前に帰って来た担任の小田桐孫一先生だった。

秋十月先生は出征し、シベリア抑留生活が長かった。

帰国してダモイの渾名で有名だった。

第二十二代弘前高校校長をつとめた。」

 (稲葉克夫 「陸羯南の津軽」白神書院  2007年8月)

 非常に魅力のある先生だったことが、ひしひしと感じられる。

 私の叔父も招集で弘前の連隊にいたことがあるので、その風土については聞いている。

 じょっぱりの精神が生きていると思う。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-21 10:12 | トピックス | Comments(0)

<羯南と古島一雄>(25) 鷲尾義直について

 高木主筆から、昨日、到着した古島一雄の本の中に、古島のハガキと死亡記事及び編集者である鷲尾義直の書き込みがあった、と連絡が入りました。さらに、「鷲尾義直を調べよ」と指令がおりましたので、調べてみようと思います。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-18 20:40 | その他 | Comments(0)

立山観瀑集  国分青崖

  国分青崖は、詩と旅と書を愛した。

 彼が富山県の立山を吟行した漢詩集に

    立山観瀑集

 という詩集がある。

 この編者は、内山季友で、出版は富山県百塚村、昭和10年のことであった。


 内山は富山の豪農。その邸は内山邸として保存されている。

「幕末の慶応4年(1868年/明治元年)に建てられた屋敷は、江戸時代の典型的な豪農屋敷を今に伝え、いろり部屋や作業小屋等は、一般的な農家の特色を残しています。また、明治期に改装された表座敷や書院の一部は選びぬかれた材質が使用され、当時の一千石地主の繁栄が偲ばれます。

また、内山家は、多くの文人や政治家らも来遊するなど地方の名主として文化的教養も備えていました。とくに、七代当主であった内山逸峰(1701~1780年は)紀行文や多くの歌を残し、十二代当主の内山松世(1864~1945年)は衆議院議員や富山県教育長を歴任するかたわら、書や漢詩、茶道に優れました。屋敷や茶室一つひとつに風流の粋を注ぎました。このため、政治家や文人たちとの交流関係も広く、邸内には内山家と親交のあった有名な書家の作品を随所に見ることができます。

12,153平米を誇る広大な庭園には、樹齢100年を超える古木や名石、四棟の蔵や三つの茶室が配されています。十三代当主の内山季友が大正時代に植えたという、メタセコイア、ユリの木、朴の木、しだれ桜、桂などは旺盛な巨木となっており、それぞれの樹相を主張しています。内山家の広大な敷地の中で育まれ眺められて、野生を失わず、しかも庭木としての嗜みは見る者に感動を与えてくれます。

【所在地:富山市宮尾903 電話:076-432-4567】」

(和合バーチャルツアー)

  内山季友は、十三代の当主であった。

 そしてこの内山家の蔵から、日本画報のセットが発見された。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-07 21:47 | トピックス | Comments(0)

新聞「日本」と子規、開幕

  松山の坂の上の雲ミュージアムで、新聞「日本」と子規、という展覧会が始まった。



 概要

明治という近代国家において、新聞を中心としたメディアの成立と発展は、当時の人びとのあいだに国民意識を広めていくうえで大きな役割を果たしました。坂の上の雲ミュージアムでは、日露戦争を明治時代のジャーナリズムの視点から捉えるシリーズ「日露戦争と明治のジャーナリズム」を今後展開して参ります。

第1回目は、明治の言論界を代表する新聞『日本』と、日本新聞社の記者としてその生涯を終えた正岡子規をはじめとするこの新聞にかかわりをもつ人びとに焦点をあてます。これは、文章日本語の形成における子規のはたした重要な役割についてふれることにもなります。同時に、開戦期を中心とした内外の報道記事を通じて、世界がどのように日露戦争を捉えたかを展望します。

 新聞『日本』の時代

新聞『日本』の誕生や、そこで働く人々のようす、子規の文学革新活動、新聞『日本』の報道に迫ります。

 日露戦争とジャーナリズム

日露戦争の開戦期における国内外の報道記事などを紹介し、ジャーナリズムの視点から日露戦争に迫ります。

 主な展示物

•新聞『日本』創刊号
•陸羯南書「名山出名士」(直筆)
•当時の風刺画を立体化した模型
•映像展示」
(坂の上の雲ミュージアムのホームページから)

http://www.sakanouenokumomuseum.jp/display/now/

  日本画報、分県地図も展示されている。

 東奥日報の2月28日の社説

<よみがえる「羯南と子規」/「名山詩」松山へ>

http://www.toonippo.co.jp/shasetsu/sha2010/sha20100228.html

にも紹介して頂いているが、羯南の日本新聞社をこれだけ真正面からとりあげた展覧会は初めてのことである。

 この展覧会のチラシの裏面には、日本新聞社の人々の集合写真が掲載されている。

 最前列に羯南を中心として古島一雄、山田烈盛、福本日南、桂湖村、中村不折、赤石定蔵、五百木瓢亭、佐藤紅緑、国分青崖、三宅雪嶺、桜田大我らが私たちを見つめている。

 この写真に写っている日本新聞社の人々の中でも、名前だけがわかっている人物、名前もわからない人物もいる。

 この展覧会を機会にまた新たな発見が生まれてくることを願ってやまない。

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-07 07:47 | ニュース | Comments(0)

陸羯南の掛け軸と消息文のオークション顛末

京都の思文閣に於ける陸羯南の掛け軸と消息文のオークション結果ですが。。。

入札の結果がでました。

残念でしたが、思いも寄らぬ高金額で、他の方が落札されました。
我が研究会も、主筆の想いから結構頑張った金額を入札したのですが、
それよりも、1.5倍の金額で落札されました。
そのほかに出品されていた、秋山好古の掛け軸の落札金額もびっくりするほどの金額でした。

きっと、そのうち、どこかの美術館で、
「坂の上の雲」関係として、まとめて展示されるような気がします。
その時に研究させてもらいましょう。

とにかく、今回は残念でしたが、ここしばらくは、
「坂の上の雲」関連でいろんなところで、
新しい発見物があったり、
今回のようにオークションに出品されたりしそうです。
あちこちにアンテナをはりましょう。

ささはら
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-03-01 01:24 | トピックス | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧