カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(24) 私立大学評判記(その17)

 今回は「(五)私学と官学」の4回目、古島一雄の歯がゆさが込められた私立大学擁護論を紹介しよう。
 まず、彼は、次のように述べる。

 「私学に貴ぶ的のものは、其独立なるに在り、其自由なるに在り。」

 この言葉が、古島の私学に対する“思い”をすべて集約しているように思う。そして、各大学の特徴を以下のごとく一言でまとめて行く。

 「慶応義塾は、独立自尊宗を以て其御題目とし、早稲田大学は、学問の独立を以て其標榜とす。明治大学も、学問の独立は私学の天職なりと絶叫して起り、法学院大学(現在の中央大学)は、人物の養成は国家の急なりと喝破して成る。日本大学も、国民的思想を養はんと唱へ、法政大学も、人材の薫陶を主とせんと説き、凡そ新たに成る私立大学、一として独立自由を言わざるはなし。」

 私学の良さは「独立」と「自由」にある。だからそれを当然、教育に活かすべきだという彼の情熱がひしひしと伝わってくるようだ。それは、彼にとっての私学の理想論であるとも言えるだろう。しかし一方、次の現実に“歯がゆい”思いをしているのである。

 「然るに、彼等大学なるものの広告若くは引札を見よ。曰く、我校には何々の特典あり、曰く我校には何々の資格あり、と、汲々焉として其の知られざることを是れ恐る。」

 私学は学生募集に困窮しており、そのために自分の大学にはどんな特典があるのか、またどんな資格が取得できるのか、そのメリットとなるところを全面に押し出し、広報活動を展開しているのである。
 そうした大学の苦心の様子を日本大学の例を挙げ、以下のように紹介している。

 「殊に日本大学の規則書の如き、其担任講師の名を掲ぐるに当りて、故らに某の講師は高等文官の試験委員なり、某の講師は判検事の試験委員なり、曰く某々は弁護士の試験委員なり、曰く、某々は何々の委員なりと云ふに至りては、其心事の存する略々見るべきにあらずや。」

 日大は、国家試験対策の予備校のようにその試験委員を教員として並べているという。(そういえば、現在でも私立大学の法科大学院や会計大学院も似たようなものを見る。)
 
 「吾人は、私立の学校経済が官学と其事情を異にする所以を知らざるにあらず、而して其経営上学生の吸収策を講ずるの必要事件たるを解せざるに非ずと雖も、此の如くして学問を教え、而して尚且つ其独立を保たんと欲するに至っては、吾人疑ひなき能はざるなり。」

 そして、最後に、上記のごとく吐露する。
 古島としては、私学経営の窮状は理解している、しかし、国家試験対策のための教育をしてまで独立を保とうとする姿勢には納得がいかないのである。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-02-27 17:09 | その他 | Comments(0)

陸羯南の掛け軸と消息文

陸羯南の掛け軸と消息文がオークションに。

「第14回菜の花忌」(2010年2月13日(土) 会場:東京・日比谷公会堂)の
お手伝いに行った際、関係者の方から、
「今、京都の思文閣で、陸羯南の掛け軸と消息文がオークションに出ている」との情報をいただきました。

直ちに、たかぎ主筆が調べ、カタログ等を取り寄せました。

そして、「とりあえず、現物を京都まで行って見てきてほしい」との指令が出ました。

このため、2月20日に京都の思文閣を訪ね、掛け軸と消息文を見せていただきました。

掛け軸は、「楡関」七絶二行 で、これまで直筆を見てきた書家としての立場から見ても、
落款も含めて、筆圧も捌きも直筆で間違いないと思えました。

消息文は、本田種竹宛ての書簡で、すでに軸装されてあり、
闊達な筆走から、これも間違いなく直筆であると思います。

これまで、昭和62年10月27日から11月23日まで、
松山市立子規記念博物館にて開催された、
「拓川と羯南」展にのみに出展されたことがあるとのことです。

(現在、いづれも、個人の所有となっているため、写真を撮ることが出来ず、
今回の報告では、作品をアップ出来ません)

さっそく、たかぎ主筆に連絡したところ、
「せっかく京都に行ってくれたのだから、入札しておいてよ」
との事で、面食らいながらも、現在の入札状況等を探ったりしました。

オークションのスタート金額は、30,000円でしたが、すでに数件の
入札があるらしく、悩むところです。

実は、今回のオークションは、「坂の上の雲」ブームにのったもので、
正岡子規の句稿や秋山好古の掛け軸なども出品されていて、
セットで入札している人(団体)もいそうです。

最後は、もちろん、たかぎ主筆の一声で、入札価格を決め、
札を入れてきました。

入札の締め切りは、きょうの夕方で、結果は、明日判明するとのことです。

入札の結果によりますが、今後、主筆から執筆陣に新たな連絡があるかもしれません。

今は、実際の掛け軸と消息文を手にして、
解説を書ける日が来ることを楽しみにして祈る事にします。

ささはら
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-02-21 22:27 | トピックス | Comments(0)

羯南詩の旅立ち

 いよいよ、松山の坂の上雲ミュージアムで、

   <新聞日本と子規>

 というテーマの展覧会が始まる。(3月2日から)

http://www.sakanouenokumomuseum.jp/event/event/2010/03/0001/

 「正岡子規をはじめとする新聞『日本』にかかわりを持つ人々に焦点をあて、文章日本語の形成において子規のはたした役割や、当時の日本や世界各国の報道記事を通じて、世界がどのように日露戦争をとらえたのかを展望します。

   【開催期間】
 平成22年3月2日から約1年間

  子規が勤務した日本新聞社編集室の再現や、子規が使ったシャープペンシル(実物)など通じて、子規の活躍の様子を伝えるほか、新聞『日本』の創刊号をはじめとした国内外の新聞閲覧コーナー、当時描かれた、世界情勢をイラストで紹介する「風刺画」の立体模型を通じ、当時の世界や日本の様子を、臨場感をもってご覧いただけます。」

(同ミュージアムのホームページから)

 弘前にある羯南の<名山>詩の掛け軸も出展されるという。


      名山出名士
      此語久相伝
      試門厳城下
      誰人天下賢

      名山名士を出す
      此語久しく相伝ふ
      試みに問ふ巌城の下
      誰人か天下の賢


 この詩軸が青森から外に出るのは初めてのことという。

 今日弘前では、この掛け軸が、松山へ旅立つ「壮行会」が催される。

(東奥日報、陸奥新報は以下のように報じている。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100219171952.asp

http://www.mutusinpou.co.jp/news/2010/02/10285.html)


 天上の羯南と子規も見守っていることと思う。

   詩は残り 志も残るらん 津軽魂

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-02-21 06:02 | ニュース | Comments(1)

トルコ軍艦調査

1890年和歌山・串本沖で沈没したトルコ軍艦エルトゥールル号の乗組員救済を巡って生まれた日本とトルコの交友については先にもふれた。
遭難事件から120年。串本沖ではトルコ政府の肝煎りで、沈んだ軍艦の遺品発掘作業が行われている。調査は現在も続けられており、その様子がWEBでも見ることができる。当時の国際通貨、軍艦の部品、陶器などが引き上げられ成果を上げているようだ。
http://mytown.asahi.com/wakayama/newslist.php?d_id=3100014
トルコにとって今年は「日本年」ということで、日本の文化や人々を紹介する様々なイベントも計画されているらしい。
台風の中、命を賭けて救出にあたった地元住民、手厚い看護と送還にあたった政府、また新聞を通して国を挙げて義捐金を募った日本国民に対し、トルコの人々は120年経った今でも感謝の気持ちを子孫に伝え続けてくれている。
温度差はあるにしても、この時代に確かに存在した「友愛」の精神を語り継ごうと日本でも2007年~2008年にかけて「エルトゥールル号回顧展」が行われたことがある。(財団法人中近東文化センター付属博物館)
http://www.meccj.or.jp/Pages/ertugrul.html
恥ずかしながらトルコとのこうした歴史を最近知った身ではあるものの、幸いなことにこのときの資料をある方のご厚意で手にすることができた。
新聞「日本」の人々とも親交のあった山田寅次郎が、その後の日本トルコの友好関係を築いていく上で大変重要な役割を果たしたことがよくわかる。
やまだ
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-02-09 19:08 | Comments(0)

陸羯南の娘婿あて書簡15通発見


東奥日報に羯南の書簡が発見された、という記事が掲載されております。

以下、同社のホームページから転載させて頂きます。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100207091807.asp

「弘前市出身で明治を代表する言論人、陸羯南(1857~1907)が娘婿の中国文学者・鈴木虎雄(1878~1963)にあてた書簡が、虎雄の子孫が所蔵する遺品から見つかった。

 解読に当たった中野目徹筑波大大学院教授(日本近代思想史)によると、書簡は全部で15通。

 50歳で死去するまで最晩年の3年間に記したとみられる。

病の前途を悲観して気弱になったり、小さな自然に心動かされたりと、心情が率直につづられており、「人間・陸羯南が表れた資料」と、関係者は注目している。

写真=羯南が娘婿・鈴木虎雄にあてた書簡の封筒や書面(中野目教授提供)」

(東奥日報  2010年2月7日)
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-02-07 12:36 | ニュース | Comments(0)

菜の花忌

「第14回菜の花忌」について
 
今年は、東京・日比谷公会堂において行われます。

式次第 
 
日時: 2010年2月13日(土) 14時~17時(開場:13時) 
 
会場: 東京・日比谷公会堂(東京都千代田区日比谷公園1‐3)
 
プログラム  
  第1部  
  司馬遼太郎賞贈賞式 
     宮本輝氏(作家)
     
    フェローシップ贈賞式
     
  第2部  
    シンポジウム「『坂の上の雲』と日露戦争」
     
  ○パネリスト
     篠田正浩氏(映画監督)
     黒鉄ヒロシ氏(漫画家)
     松本健一氏(評論家)
     加藤陽子氏(東京大学教授)
    ○司会
     古屋和雄NHKアナウンサー
 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-02-07 08:05 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧