カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(18) 私立大学評判記(その11)

 さらに「(四)私立大学の勃興」が続く。 
 古島一雄は、明治36(1903)年3月の専門学校令の発布後、3つの法律学校が、以下のような動きを見せたと述べている。

 「法学院(現・中央大学)が、大学組織出願の報を得るや、其競争相手たる明治法律(現・明治大学)が一驚を喫したるは言う迄もなく、和仏(現・法政大学)も亦同時に車を文部省の門に馳せしめたり。」

 法律学校を代表する3校とも一斉に大学設置に向けて活動を始めたのであるが、そこには文部省の思惑があった。古島は次のように続ける。

 「文部省の狡猾なる、一日も早く一律の下に監督するの便且つ簡なるを見るより、先ず法学院の出願を歓迎すると同時に、明治、和仏の二校に示すに法学院の大学組織案を以ってし、暗に許可の意を仄めかしたれば、明治も和仏も之れを趁(お)うて直に大学の許可を申請したり。」※( )内は筆者補足

 すなわち、これは私学にとって、大学昇格への希望を常に持っていたゆえに思いもかけないチャンスと映ったが、同時に、私学が国の高等教育政策に取り込まれていくこと意味していた。文部省としては、自前で大学を増やしたかったが、大学増設には莫大な経費がかかるため、国家財政が逼迫していた当時では困難であった。
   
 それよりは、既存の高等教育機関に、特典を与え飼いならした方が、安上がりで時間を費やすことなく教育政策を推進できるのである。実はこれ以降、私学が数のうえでは高等教育を支えていくことになるのであるが、それは、戦後を通じ現在においても変わらず、日本の高等教育政策の特徴ともなっている。

 もちろんその背景には、明治30年代の進学熱の高まりがあった。しかし、その進学の意味は、現在と少し異なる。当時の私学はどのような存在だったのであろうか。それが次に述べてある。(つづく)   

  いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-08-31 20:36 | その他 | Comments(0)

弘前 陸羯南会たより

  弘前の陸羯南会からのたよりが届いたのでご紹介させて頂きます。


  「秋季大会の発表者募集について


 陸羯南会では、秋季大会を次の期日で開催します。

     日時  平成21年10月17日(土)

           午後2時から4時30分

     場所  弘前文化センタ-(弘前市白銀町)
          中会議室(2階)

   つきましては、陸羯南および羯南と関係する人々について、これまでの調査や研究に基づいたご発表をしていただく方を募集します。

   発表時間の基準は30分といたします。

ご希望の方は9月10日(木)までに会長へお知らせください。」
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-08-27 06:05 | ニュース | Comments(0)

酔生夢死亦妙ナラズ乎:三輪信太郎 長清会の人々 

 先日書いた長清会メンバーの中で、不明な3人は

      三輪信太郎
      平坂閎
      松永彦右衛門

だった。

 このうちの三輪信太郎については、同一人物かどうか今の段階では不明だが、国会図書館には同名の人物の著書が所蔵されている。

  1. 小児科学. 上,下巻 / 三輪信太郎. -- 南山堂書店, 大正2

2. 小児科学. 上,下巻 / 三輪信太郎. -- 3版. -- 南山堂書店, 大正4-5

3. 小児科学. 上巻 / 三輪信太郎. -- 増訂7版. -- 南山堂書店, 大正14

4. 小児科学. 上,下巻 / 三輪信太郎. -- 4版. -- 南山堂書店, 大正7

5. 小児科学. 上,下巻 / 三輪信太郎. -- 訂8版. -- 南山堂書店, 昭和5

6. 小児科纂録 / 三輪信太郎. -- 南江堂, 明43.10. -- (近世医学叢書 ; 第30編)

7. 実践薬物学. 上巻 / 久木田七郎[他]. -- 金原医籍, 明36.8

8. 三輪氏族譜. 〔第1〕,2 / 三輪信太郎. -- 三輪信太郎, 昭和8

9. 三輪氏族譜. 第3編 / 三輪信太郎. -- 三輪信太郎, 昭和12

 7の実践薬物学は校閲をしている作品で、自著ということになると、大正2年の小児科学が最も古いものになる。

 標題の言葉は、この本の自序にある言葉だが、医学書とは思えない、自らの生涯への感慨、志を述べている。

  この医学者が、羯南のサークルにいたのであろうか。

たかぎ


 
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-08-23 10:52 | 研究 | Comments(0)

100年忘れぬ恩義

何の因果か、新聞「日本」とも関わりの深い「山田寅次郎」というテーマをふられなければ「エルトゥールル号事件」をめぐる「いい話」のことは知らずに終わっていたかもしれない。

国交というとどうしても国と国の利害が絡み合い、狡知な駆け引きが連想されてしまうが、この事件は、それが起こった1890年に生きた人々が、海外との交流をどのように考えていたか、また、その時代の温かい交流が、実は、今も脈々と生きている、ということを実感させてもらえる「いい話」であった。

時は移り、イラン・イラク戦争の最中のこと。
1985年3月。イラク軍によるテヘランへの空爆が激化し、テヘラン在住の外国人たちは国外退避を準備し始めた。フセインはさらに、40時間後という短い期限を設け、イラン上空を飛ぶすべての飛行機を打ち落とすという宣言を出す。宣言後、在留外国人は、それぞれが国籍を置く国の軍隊、ないしは民間航空会社を使っての脱出を計るが、日本の中曽根内閣は、何の手を打つこともできず、在イラン日本人215名は取り残されようとしていた。
タイムリミットあと一時間というぎりぎりのところで、この窮地を救ったのは、2機のトルコ航空特別機だったが、この飛行機を飛び立たせたのが、95年前に起きた「エルトゥールル号遭難事件」をめぐる一連の出来事だったということになる。

 1889年夏。その前々年の日本皇族訪問の答礼として、トルコから皇族以下約600名を乗せたエルトゥールル号は来日する。この船は余程ついていなかったのか、故障したり、乗組員がコレラに罹ったりで、帰還が大幅に遅れた挙句、翌1890年紀州沖で台風により遭難してしまう。皇族を含む乗組員のほとんどが助からないという大きな海難事故であった。

 このときの地元の一漁村の人々を中心とした救助の働き、遭難者たちの埋葬、生存者の送還など手厚い救援活動はトルコから高く評価された。さらに、その上、この悲惨な事故により残された遺族を救護すべく義捐金募集の動きが起こる。
 このときの義捐金をトルコまで届けに行き、その後トルコに在住し日本とトルコの国交上で大きな役割を果たすことになるのが山田寅次郎であり、彼は新聞「日本」の人々とも関連が深かった。

やまだ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-08-18 20:10 | Comments(0)

日本画報、分県地図 まとまって発見

 埼玉県東松山の了善寺で、日本画報、分県地図がまとまって発見された。

 産経新聞、日経新聞、東奥日報、北日本新聞、静岡新聞、四国新聞、徳島新聞、山形新聞などに記事が掲載されていましたので転載させて頂きます。

  「日本初のグラフ誌見つかる 

                  明治中期の分県地図も
                               2009.8.17

 日本初の写真グラフ誌「日本画報」全42号中31冊と
 明治中期の「分県地図」48枚中29枚が、埼玉県東松山市下野本の了善寺で見つかった。

 いずれも当時発行されていた新聞「日本」の付録で、明治30年ごろの社会を知る貴重な史料。

 研究者によると

 「日本画報の原本がまとまって見つかったのは4件目。
 既に全部そろっているが、保存状態は一番いいと思う」

  と話している。

 日本画報はタブロイド判。

 花見など庶民の生活風景や相撲の力士、当時の工場などが掲載され、
 幅広い文化、風俗を知ることができる。
 すべてに英文の写真説明も添えられている。

 「分県地図」の発行には、
 廃藩置県を受けて国民に県の意識を高めてもらおうとした意図があったとみられる。

 裏面には面積や戸数、人口、家畜数などの統計がびっしり書き込まれている。

 台湾地図もある。」
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-08-17 23:45 | ニュース | Comments(0)

羯南とエジプト

いきなり私事から書き始め、たいへん恐縮でありますが、この三月、新聞社のカイロ特派員として三年間の任期を終え、帰国しました。

表題のテーマはたかぎ主筆からカイロ滞在中に与えられてはいたものの、一考するだけでも、あまりの突飛さに手を出しかねていたというのが実際であります。

 何せ、たかぎさんから与えられた材料は、陸羯南が明治三十六(一九〇三)年、米国・欧州旅行からの帰国の途、エジプトを通過したという史実、家族に宛てた絵はがきが残されているという二点だけです。

 それで、羯南の心情をくみ取れというのだから、無茶なものです。

 そうこうするうち、帰国も目前に迫った一月末のこと。

 日本学術振興会のカイロ事務所で不定期に開かれていた勉強会が開かれました。

 そのときのテーマが「エジプトの近代化と明治維新」。

 講師は、大阪大学で日本文化を研究したカイロ大学教授のイサム・ハムザ氏でした。

 氏の講演の趣旨は、欧米列強から遅れたエジプトと日本が、十九世紀から二〇世紀にかけて近代化に取り組みながら、なぜ現在のような違いが両国の間に生じたのか、というものです。


 大の日本びいきのハムザ氏のことであり、また時間的な制約もあったため、講演では「日本は欧米から自分たちに足りないものを取り入れ、近代化の基盤にした。

  エジプトは本当に必要なのかどうかも考えずに、何でもかんでも持ってきて、後には、がらくたしか残らなかった」と、ユーモアを交えて結論づけました。

 聴衆の大半はカイロ在住の日本人で、残りは日本語・日本文化を学ぶエジプト人の学生です。その結論に、会場は笑いの渦に包まれましたが、実は、この結論にこそ、羯南の当時の心情を読み取る鍵があるのだと私は思ったのです

  はまぐち
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-08-08 00:53 | 紀行 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧