カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<   2009年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

<羯南と古島一雄>(13) 新聞「日本」の人々-雑誌「大日」から(その1)

 先日、高木主筆から雑誌「大日」(昭和7(1932)年1月号)に掲載された古島一雄の「『日本』時代を語る」という文章をいただいた。

 ここでは、新聞「日本」の発行の経緯からその特色、内容等の概要がまとめられており、とりわけそこにかかわった人々が詳しく紹介されている。しかし、それは、古島が昭和26(1951)年に出版した著書『一老政治家の回想』の「二 新聞『日本』の思いで」等の中で登場する新聞「日本」の人々と多少、異なる。

 そこで本稿では、雑誌「大日」での記事「『日本』時代を語る」(以下、「大日」とする) と『一老政治家の回想』の「二 新聞『日本』の思いで」等(以下、「回想」とする)とを比較して紹介しよう。(なお、2007年5月の当ブログでの高木主筆による「古島一雄の<新聞日本の人々>」を大いに参考にさせていただいている。)

 まず、「大日」では、新聞「日本」の発刊の経緯について、杉浦重剛が中心となり、以下の人々がかかわったとしている。

高橋健三、小村寿太郎、長谷川芳之助、福富孝季、磯野徳三郎、千頭清臣、中村弥六、三宅雄二郎(雪嶺)、志賀重昴、宮崎道正、今外三郎、谷干城、鳥尾小弥太、三浦梧楼

 また、そこに合流した団体として、次の名前が挙げられている。

 紫溟会(佐々友房が長:熊本)、玄洋社(福岡)、盈進社(加賀)、広島人の一部(浅野長勲が長)、土佐人の一部

 そして、以上の人々と団体が、日本倶楽部というものを組織して、議論の結果、ニュースなしの議論ばかりの新聞を出そうということになり、「日本」が生まれた、とする。

 そこには、「回想」で登場する“連判状”は出てこないし、連判状の仲間として挙げられている人々のなかで、以下が出ていない。

 巌谷立太郎、平賀義美、谷田部梅吉、谷口直貞、中谷源六、河上謹一、伊藤新六郎、西村貞、国府寺新作、手島精一、高橋茂

 一方、「回想」には、次の個人と団体は、明確に新聞「日本」の発行の関係者として書かれていない。

 中村弥六、三宅雄二郎(雪嶺)、志賀重昴、今外三郎、鳥尾小弥太、紫溟会、玄洋社、盈進社、広島人の一部、土佐人の一部

 ただ「回想」では、中村弥六は、大隈の条約改正に反対する人物として、新聞「日本」が反対派の集会所のようになった時に現れるだけであり、三宅雪嶺と志賀重昴は、雑誌「日本人」の仲間として紹介されているのに過ぎない。(三宅は、もちろん新聞「日本」の論説を書いた張本人であるが、明確に、発行にかかわったとは書かれていない。)      

 また、紫溟会、玄洋社、盈進社、広島人の一部、土佐人の一部について、それらに該当する記述は推測できるが、明確な役割が書かれていない。さらに日本倶楽部との関係もわかりにくい。

 「回想」では、連判状の人々と、出資者・後援者(谷干城、三浦梧楼、浅野長勲、近衛篤麿)、相談役(杉浦重剛、千頭清臣、古庄嘉門、高橋健三、宮崎道正)との違い、また、彼らと新聞「日本」の社員との違いが、明確でないところがある。

 しかし、雑誌「大日」の方が、『一老政治家の回想』よりも新聞「日本」が発行されていた時代に近く、古島の記憶もまだ正確だったのではないかとも思われる。(つづく)

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-29 15:13 | その他 | Comments(0)

陸羯南会たより  号外

  陸羯南会から号外のはがきを頂戴したのでご紹介します。

「  一  春季大会の発表者募集について

     春季大会  平成21年6月13日(土) 午後

   陸羯南とその関係する人々について、研究や調査等をご発表いただく方を募集

   発表時間  20分   

   4人の発表者を予定

   希望者は4月30日までにお知らせください。

      弘前市東和徳町10-4  陸羯南会(舘田勝弘会長)まで

   二  「日本」附録分県地図の展示


  青森県立中央図書館での展示に続いて下記予定にて展示予定(新聞日本附録「明治中期分県地図」復刻出版記念)

    平成21年4月17日(金)-5月20日(水)

    弘前市立弘前図書館一階ロビー

    協力  陸羯南研究会」


  地図についてはこちらをご参考に

http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843330890

  
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-29 07:53 | ニュース | Comments(0)

小日本叢書

  日本に連載されて好評だった特集をまとめて出版したシリーズは、日本叢書の名前で刊行されていったことは以前にも書いた。
  羯南の政論をまとめた作品が多いが、他にも谷干城と田口卯吉との論争、福元日南の国防論、磯野徳三郎の翻訳もの、と多岐にわたった。

  小日本について調べはじめて、気がついたのはこの短命におわった新聞も実に数多くの実験的紙面構成をおこなっていたことである。
  さらに驚いたのは、冊子付録もつけていたことである。

小日本の解説を書かれた浅岡邦雄先生の「小日本と正岡子規」によれば

「冊子付録は、4月1日からの紙面刷新による新企画のひとつとして刊行されたもので、定期購読者に配布されたものと思われる。」

 ・播随院長兵衛(放牛舎桃林)第一編ー第八編  4月1日以降、毎月二回

 ・小日本叢書 俳句二葉集・春の部          5月30日刊行

 この句集は、子規とその弟子たちの初めての句集、という歴史的出版物であり、付録といえども、重要な位置づけにある。

  子規のこの新聞に対する並々ならぬ意気込みを改めて感じる

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-28 10:21 | 研究 | Comments(0)

新聞日本の特集記事

 現在の新聞と同じように新聞日本にも何回かの連載で特集記事が掲載されていた。

特集の中で好評、反響の大きかったものについては、日本叢書、という本にして出版された。

試みに、どんな特集が組まれていたか、創刊の年、明治22年の紙面を繰ってみた。

署名のあるもの、ないもの入り乱れているが、はやくも明治22年2月16日の創刊6号には

       <在英国 法学士 植村俊平述>

として

 <在米国西部日本人>

と題する連載がはじまっている。

 植村俊平は、 文久3年(1863年)の生まれ、明治19年7月東京大学法学部卒業、翌年には助教授となった。
 羯南たちよりはだいぶ後輩にあたる。
 この英国留学は、在職中の派遣留学だったと思われる。
のちに、日本銀行文書局長、住友本店支配役、鉄道庁理事などをへて明治43年に第四代目大阪市長に就任した。
 この記事は、英国留学に赴く途中で寄った米国で見聞した同地の日本人の状況をレポートしている。

その後も新聞日本には

  <馬尼刺紀行>   竹陰處士

  <京城通信>

  <東北漫遊紀行>  東海散士

  <南島近事>     夢想子

  <マルシャル群島事情>  圖南居士

  <欧人侵略考> 

  <南洋彙聞>

  <巴里万国博覧会一班>

と海外、国内の紀行ものが続々と掲載された。

  これらにまざって

 <新富町桐座演劇評>

 などの各地の芝居評

 <美術家>       霞城山人

 などの美術評など

なかなか、どうして、ひとことで<政論新聞>と言い切ってしまうのは、間違いではないかとも、思われる充実ぶりである。

たかぎ




  
   
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-21 07:34 | 研究 | Comments(0)

井上劍花坊(5)

 井上劍花坊追悼号「川柳人」(1934年11月号、No264、pp6-8)に、羯南最後の弟子で後に読売新聞の編集長になる千葉龜雄の「呵々大笑いする井上さん」がある。そこから抜書きする。

 「私の良く知っている井上さんは、劍花坊としての川柳寺の住職よりも、井上秋劍としての新聞人であった。詳しく云えば私が氏を知ったのは、私が二十八九歳の一青年として、その頃、神田の雉子町にあった、日本新聞社の下っ葉記者として入社した頃からである。

記者になる前、その社の一室に、私は三宅雪嶺先生主宰の『日本人』の一記者として、八木徳二郎氏と一緒に雑誌を編集していたものだ。

新聞や雑誌を拝借に、折り折り新聞の編集局に時々入っていくと、古島一雄、安藤正純、河東碧梧桐、井上藳村、長谷川如是閑氏達がそれぞれ忙しげに働き、もしくは編集室と印刷場の間を、往復していた。

その中で、男性特異な声調子で、高調子に話している二人の人が目についた、いや耳についた。その一人は古島さんであった。・・・もう一人・・・井上秋劍氏であったのだ。

 間もなく私は、日本新聞の社会部に入った。河東氏が旅に出て、私が代わりに、部長のような役割になったのだが、何とこの社会部は、部長一人と社会部記者一人という把端な小さな世帯だ。

それも無理はない。当時の日本新聞社は、社会部などは有っても無くとも、社説と、国粋主義と、日本派の佛句と雄健華麗ともいうべき、文章典型的な文章で、新聞界に雄視していた。

で、どの記者も、国士型の気骨と、雄渾な文章の持主であった。日本新聞の名物記事の一つ中に、相撲があった。

何しろ、あの頃は、国技としての相撲の黄金時代、その競技を書くのも書き映えせぬ訳がない。始めは古島古一念(一雄)氏の執筆で、新聞界独特の素晴らしい文章として鳴渡っていた。

漢文の要素七分、ひどく勇ましいもので、文字通り、血湧き、肉おどる肉弾戦の快観が、活字の面に踊っていた。・・・・・

この名物欄を引き受けたのが秋劍氏であった。これがまた初代に劣らない大した名文で、その上毎日毎日、あの五六段に亘る記事をすらすら書いてゆく快筆にも敬服した。

書いていながら、得意な文句や表現を見つけ出すと、例の呵々大笑って奴で、あたり構わず、吹聴する。と、云った訳。・・・・・」

                            しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-15 21:44 | Comments(0)

井上劍花坊(4)

引き続き、坂本幸四郎「井上劍花坊・鶴彬-川柳革新の旗手たち」(1990)を中心に引用を進める。

新聞「日本」と陸羯南、古島一雄のコメント部分を抜書きする(pp53-55)。

 『日本』新聞が創刊されたのは、大日本帝国憲法が公布された、明治22年(1889)2月である。社長は陸羯南。青森県の生まれ、本名田中実。太政官書記局に勤めていたが、条約改正反対の世論がたかまったころ官をやめ、新聞『東京電報』の社長となった。

同紙廃刊後、『日本』新聞をおこし社長となり、社説・評論に健筆をふるった。徳富蘇峰とともに言論界の代表的存在だった。軽薄な欧化主義をいましめ、外に対しては民族の独立を強調して政府の軟弱外交を非難し、内には国民の統一を主張した。

陸のいう国民とは、民族的な自覚にもとづいた民主主義を基調にしており、藩閥政府による、軍人・官吏・富豪の利益を保護する国家主義に反対し、堅実な中等民族-中産階級-ミドルクラスが政治、経済のにない手になるような社会を作ることをモットーとした。・・・

 主筆の古島一雄は兵庫県豊岡生まれ。杉浦重剛に師事して日本主義の教育を受け、『日本』新聞記者となる。犬養毅の懐刀と言われ、政治行動をともにする。

戦前貴族院議員。戦後、自由党鳩山総裁が追放になったとき、後任に推されたが、受けず、吉田茂を推し、吉田内閣を成立させた。政治生活50年を在野の一政客として一貫した人間であった。

                                   しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-07 17:44 | ニュース | Comments(0)

井上劍花坊(3)

 引き続き、坂本幸四郎「井上劍花坊・鶴彬-川柳革新の旗手たち」(1990)を中心に引用を進める。

 井上劍花坊は、1934年9月11日64歳で逝去しているが、その追悼号「川柳人」(1934年11月号、No264、pp3-4)に長谷川如是閑*が「『秋劍』を想う」と題して、日本新聞社時代**のことを記している。

 * 1875-1969年、大ジャーナリストで民主主義思想の指導者
 **日本新聞社入社までは井上は「秋劍」の名前しか使っていない。

 井上君と私とは三十年余年前に、同じ「日本」新聞の編集室に机をならべた同僚だったが、その頃は、われわれは君を秋劍と呼んでいた。あの響き渡るような音声と、華かな談話ぶりとは編集局の名物だった。

 のみならず君の風采も一種特徴があった。そうとう柄のある体骼で、両の肩をいかめしく張って、片方の手でいわゆる片褄をとって、足をバタバタ床を叩くように歩いた。

 ものを書くときには、右の手で拳固を作って、着物の肩を突きあげて、江戸っ児のいわゆるヤツを作っていた。風采、態度が、侠客伝中の人物のようであった。

君が劍花坊と名乗って川柳をやりだしてから、私は君のことを川柳によんで戯れに君に示したことがあった。それはなんでも

 あの音は秋劍きたると覚えたり

というようなものであった。

 君は漢文ばりの文章が上手だったので、それで相撲の記事を書いて好評を博した。日露戦争が勃発すると、殆どすべての記者が従軍して、留守は古島編集長-今日の貴族院議員、古島一雄氏ーと四・五名きりで、秋劍も私たちと共に留守組だったが、何人かの従軍記者から送ってくる文章を、かたはしから秋劍ばりの漢文調に書き直すので、君は昼も夜も大童になっていた。

その漢文張りの従軍記はおかげで、『日本』の売りものになって、さすがに『日本』の記者たちはみな文章家だと賞賛された。

君は全く縁の下の力持ちだったが、それでも愉快にやっていた。

 君はなかなかの精力家で、人のいやがる当直を一人でひきうけて、朝早くから、夜の二時、三時まで、のべつに働いていた。

『日本』には社会面というものがなかったので、社会部記者というものは一人もいなかったが、何か社会面の事件があるとやはり記事がいるので、そういうときには秋劍が一人で働いた。

その間には、劇評もやれば相撲記事も書き、川柳の選などは当直をしながら、合間合間にやっていたが、さすがにときどき投稿を選り分けながら、コクリコクリ居眠りをしては、またつづけるというようなこともあった。・・・・

 古島編集長は、そのころから犬養の懐刀といわれていたが、頗る機知に富んだ人で、文章も上手で、書の如きも、われわれには犬養氏のそれよりもいいと想われるくらいだった。

秋劍君に川柳を始めることをすすめたのは即ち古島一雄氏だったのである。

古島氏は川柳に早くから興味をもっていて、書物なども多少持っていたが、それを秋劍君に提供して、川柳をやるようにすすめたのが、後の、大劍花坊を産むそもそもの発端だったと覚えている。・・・・

                                      しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-01 23:01 | 研究 | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧