カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


カテゴリ:ニュース( 95 )

弘前 有山先生講演会開催

 4月30日、弘前で陸羯南会の主催で有山先生の講演会が開催されました。

「新聞記者陸羯南の誕生と弘前」と題する講演で、羯南の生涯を振りかえるとともに、その新聞記者としても揺籃の地でもある弘前の果たした役割を評価されたものです。

 羯南が、新聞記者、というものに込めた理想的役割と、実際の新聞経営との相克の中で、いかに苦しみ、闘ったかを語る内容で、参加された人々に深い感銘を惹起しました。

 「徳富蘇峰と国民新聞」の著者でもある有山先生は、一部蘇峰の生涯と、羯南の生涯を比較することで、羯南の理想性、悲劇性を際立たせ内容となりました。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-05-02 05:38 | ニュース | Comments(0)

弘前 有山先生特別講演会

  羯南の伝記の著者である有山輝夫先生の特別講演会の案内を、弘前の陸羯南会から頂いた。


    4月30日(土曜日)  午後3時

    弘前市立図書館 視聴覚室 (2階)


    <新聞記者陸羯南の誕生と弘前>

  弘前はこの時期、弘前城周辺の桜が満開の季節、さくら祭りも例年通り開催の予定。

(有山 輝雄先生:日本の歴史学者、東京経済大学コミュニケーション学部教授。専門は近代日本メディア史。神奈川県出身。

略歴 [編集]1967年、東京大学文学部国史学科卒業。1972年、同大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。桃山学院大学、成城大学文芸学部教授などを経て現職。

著書
単著 [編集]『徳富蘇峰と国民新聞』(吉川弘文館, 1992年)
『近代日本ジャーナリズムの構造――大阪朝日新聞白虹事件前後』(東京出版, 1995年)
『甲子園野球と日本人――メディアのつくったイベント』(吉川弘文館, 1997年)
『戦後史のなかの憲法とジャーナリズム』(柏書房, 1998年)
『海外観光旅行の誕生』(吉川弘文館, 2002年)
『陸羯南』(吉川弘文館, 2007年)
『「中立」新聞の形成』(世界思想社, 2008年)
『近代日本のメディアと地域社会』(吉川弘文館, 2009年)
 
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-04-06 23:53 | ニュース | Comments(0)

弘前 陸羯南会 会誌 第一号発行

「陸羯南会誌1号」が、弘前の舘田さんから送られてきた。

会の発足から、これまで行われた講演、研究、報告が集成されている。

恥ずかしながら冒頭に、私の弘前での講演

「陸羯南と『日本画報』」。

も採録して頂いている

陸羯南の新聞「日本」の付録「日本画報」を富山で発見し、

復刻するまでの経緯を中心にお話をさせて頂いた。

問い合わせ
  陸羯南会  舘田勝弘様
   036-8043 弘前市東和徳街10-4

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-03-27 08:43 | ニュース | Comments(0)

シンポジウム『坂の上の雲』のまちづくりに見る伊予松山の魅力」

 松山の坂の上の雲ミュージアムさんから、下記シンポジウムの御紹介を頂きました。


 演題:「『坂の上の雲』のまちづくりに見る伊予松山の魅力」

 日時:平成23年2月5日(土)13時30分~

 場所:都市センターホテル(千代田区平河町)

 パネリスト:NHKドラマ「坂の上の雲」出演の俳優 片岡 鶴太郎

       坂の上の雲ミュージアム館長     松原 正毅

       愛媛県知事             中村 時広
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-01-12 22:46 | ニュース | Comments(0)

陸羯南と素晴しき仲間たち

  

  <陸羯南と素晴しき仲間たち>と題する展覧会が青森近代文学館で開かれている。


http://www.plib.pref.aomori.lg.jp/top/museum/katsunan&nakama.html


<羯南は明治二十二年、新聞「日本」を創刊し、商業主義を廃した「不羈独立」の姿勢で、時の政府、特にその欧化主義政策に対して、真っ向から批判し、日本の主権を侵犯する恐れのある条約改正の動きを理路整然と牽制した。そうした羯南の活動を経済的にあるいは思想的に支えた先輩や同輩がいた。また羯南が経済的、情緒的に支えた後輩もいる。その中から幾人かを取り上げ、羯南との関わりを中心にまとめてみた。>

〈出品リスト〉

著編者         タイトル     刊行年       発行者

西田長寿ほか      陸羯南全集    1968-85      みすず書房
ド・メストル 陸實・訳 主権言論     1885        博文社
ビュフヲン 井上毅・訳 奢是吾敵論    1885        農商務省
陸實          近時政論考    1890        日本新聞社
陸實 再版増補     臨淵言行録    1895        陸實 
梶井盛         羯南文集     1910        蟠龍堂
鈴木虎雄        羯南文録     1933        陸四郎
川那邉貞太郎      自恃言行録    1899        川那邉貞太郎
小谷保太郎       愚庵遺稿     1904        小谷保太郎 
小谷保太郎 子規言行録(再版) 1902 吉川弘文館

(同 ホームページから)
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-12-05 20:22 | ニュース | Comments(0)

坂の上の雲 陸羯南 番組の時間変更

  陸羯南の番組時間が以下のように変更になりました。

チャンネル :総合/デジタル総合

放送日 :2010年11月 3日(水)

放送時間 :午後1:50~午後1:55(5分)
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-10-31 19:54 | ニュース | Comments(0)

羯南 You Tubeに登場

 陸羯南がYou Tubeに登場しました。

青森県立近代文学館が製作した<鎌田慧が語る陸羯南>がYou Tubeでご覧になることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=qYad82Egf4c
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-10-21 14:30 | ニュース | Comments(0)

坂の上の雲ミュージアム 特別シンポジウム 開催

 松山市の坂の上の雲ミュージアムで特別シンポジウム<新聞『日本』と明治のジャーナリズム>が開催されました。

 詳細が、産経新聞のサイトに報道されております。

http://sankei.jp.msn.com/region/shikoku/ehime/101018/ehm1010180154001-n1.htm 
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-10-18 06:07 | ニュース | Comments(0)

坂の上の雲ミュージアム 特別シンポジウム 続報

  10月17日開催の、坂の上の雲ミュージアムでの特別シンポジウムの案内が、同ホームページにも掲載されました。

   http://www.sakanouenokumomuseum.jp/event/event/2010/10/0003/
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-10-11 17:03 | ニュース | Comments(0)

坂の上の雲ミュージアム特別シンポジウム 「新聞『日本』と明治のジャーナリズム」の開催

松山市の坂の上の雲ミュージアムの特別シンポジウム「新聞『日本』と明治のジャーナリズム」が開催されることが、松山市のホームページに掲載されました。



「坂の上の雲ミュージアムは、小説『坂の上の雲』の作者・司馬遼太郎氏が取り組んだ、日本における近代国家の形成というテーマについて探っていくことを一つの役割としています。

今回は、正岡子規が記者として勤めていた新聞『日本』が明治期の日本のジャーナリズムの中で果たした役割や、社主・陸羯南をはじめとする子規たちの同社での活動や思想について、有識者を招いての講演やシンポジウムを通して検証します。

特別シンポジウム 「 新聞『日本』と明治のジャーナリズム 」


場所:坂の上の雲ミュージアム2階ホール(入場無料)

 開催日:10月17日(日)

 〇10:00~11:10 

   基調講演「陸羯南と新聞『日本』」

    講師 有山輝雄(東京経済大学教授)

  

 〇11:15~12:30

   シンポジウム

     パネラー 有山輝雄(東京経済大学教授)

             中野目徹(筑波大学教授)

             高木宏治(陸羯南研究会)

     コーディネーター 松原正毅(坂の上の雲ミュージアム館長)」

http://www.city.matsuyama.ehime.jp/sakamuseum/1201581_2770.html
[PR]
by kuga-katsunan | 2010-10-06 23:22 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧