カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


カテゴリ:ニュース( 95 )

筑波大学 学園祭 のホームページにリンク

  10月6日、7日の筑波大学学園祭期間中に、

大学会館マルチメディアルームで、

青木先生、司馬遼太郎さん、陸羯南と新聞日本の人々の展示会を行う御縁で、

学園祭のホームページにリンクをはっていただきました。

   http://www.sohosai.tsukuba.ac.jp/link.html

  多数の皆様のご来場をお待ちしております。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-29 08:56 | ニュース | Comments(0)

筑波大学 展示会

  今日、筑波大学の定例記者会見で、展示会<司馬遼太郎と青木彰名誉教授>のプレスリリースが公開されたので採録させていただく。

  <2012年10月6日7日の二日間限定で、筑波大学学園祭「雙峰祭」の期間中、筑波大学教養教育機構(副学長阿江通良)主催「司馬遼太郎と青木彰名誉教授」展を開催致します。
(筑波大学大学会館マルチメディアルーム)

 筑波大学では、未来志向型グローバル人材の育成を図ることを目的とし,産業界等と連携し学外から講師を招き開設する科目『IMAGINE THE FUTURE.未来構想大学講座』が行われています。
 開学40周年を迎える2013年には、新たに特別企画開催などの準備が進められています。「司馬遼太郎と青木彰名誉教授」展は2013年度に予定される特別企画のプレ展示企画として実施されるものです。

【企画意図】

筑波大学名誉教授青木彰(故人・1978~1989在学)は産経新聞時代の同僚・作家司馬遼太郎と報道の源流を探るため明治の新聞人陸羯南の研究を企図していました。明治の知識人・ジャーナリストを通して「日本・日本人」に迫ろうという、いわば「坂の上の雲」の続編ともいえる大きな構想に基づくものでした。筑波大学での研究会や講義も検討されましたが、実現できませんでした。果たせなかった二人の遺志を四半世紀ぶりに展覧会の形で、今回の学園祭で再現したいと思います。

【主な展示内容】

■司馬遼太郎関係「司馬遼太郎から青木彰への手紙」/著書、関係書籍

■青木彰関係  年譜パネル/遺品/写真/著書

■陸羯南関係  年譜パネル/全集/日本叢書/新聞「日本」オリジナル資料
 新聞「日本」関係者の遺墨、著書、資料 

■映像コーナー  司馬遼太郎原作関連映像、青木彰講演集/退官記念DVD(青木塾制作)など多数の秘蔵映像を上映

【実施概要】
日時:10月6日(土)10:00~17:00
       7日(日)10:00~16:00

場所:筑波大学 大学会館2Fマルチメディアルーム

主催:筑波大学 教養教育機構

資料

青木 彰(あおき・あきら=元産経新聞編集局長、筑波大名誉教授)
1926年、空母「赤城」艦長青木泰二郎の二男として東京に生まれる。東京大学教養学部卒。49年、産経新聞に入社。教養部長、社会部長、論説委員、大阪・東京両編集局長、夕刊フジ社長などを経て、78年から89年まで筑波大現代語・現代文化系教授。90年からは東京情報大学教授。新聞報道の在り方などについて現場体験に基づく研究を続け、NHK情報公開審議委員会委員長(NHK経営委員)、東京新聞客員、司馬遼太郎記念財団常務理事、朝日新聞紙面審議会会長代理などを歴任。主な著書は「新聞との約束-戦後ジャーナリズム私論」(NHK出版)「私のメディア評論」「新聞力」(以上、東京新聞出版局)「司馬遼太郎と三つの戦争」(朝日新聞社)など。2003年死去(享年77歳)。>
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-26 20:51 | ニュース | Comments(0)

筑波大学開学40周年展覧会<司馬遼太郎と青木彰名誉教授>

  来年は、筑波大学開学40周年、作家の司馬遼太郎氏の没後17年、青木彰先生の没後10年にあたる。

これを記念して、今年はプレ企画として10月の学園祭の時期に展覧会の開催を準備している。

開催要領は下記の通り。

  日時:10月6日(土)10:00~17:00
         
         7日(日)10:00~16:00

  場所:筑波大学 大学会館2Fマルチメディアルーム

  展示内容等は、順次、御紹介していく。
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-17 07:25 | ニュース | Comments(0)

弘前 陸羯南会  夏季大会

 弘前の陸羯南会の夏季大会が以下の日程で開催される。


  日時  2012年9月2日 (日曜) 14時ー16時半

  場所  弘前市立弘前図書館視聴覚室

  報告  北京の陸羯南  百十一年後の風景    会長 館田勝弘

  講演  陸羯南の書について              理事 吉澤秀香

  羯南の海外での足取り、その書の多面性が紹介されることが期待される
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-09-01 07:39 | ニュース | Comments(0)

弘前陸羯南会誌  第二号発行 

 弘前では陸羯南会の総会が開催された。

併せて<陸羯南会誌>の第二号も発行された。
 これまでの会の中で発表された、笠井哲哉氏の<陸羯南を楽しむ>は東京、鎌倉、弘前の羯南を歩くで大変楽しく、彼の生涯の中での重要なほかの地域も歩ければと思う。

 有山先生の講演の記録も大変貴重で、伝記の作者ならではの、彼の生涯を俯瞰した上での故郷等の位置づけが浮かび上がり、メディア史の中での果たした役割が見えてくる。

 第一号の中にもあった舘田会長による羯南の書簡の翻刻も重要で、全集の完結した後に、種々発見されてきている羯南の書簡を一つづつ資料化することは今後の羯南研究に新たな側面を開く可能性を大きく秘めた労作だと思う。

(会誌、陸羯南会の連絡先は、弘前市東和徳町十の四まで。)

たかぎ 

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-02-26 20:23 | ニュース | Comments(0)

弘前・稲葉克夫先生「私の落穂拾い」

 弘前の稲葉先生から新著「私の落穂拾い」を頂戴した。

副題に「昭和の庶民、そして陸羯南、安藤昌益」とある。

稲葉先生が若き日々から、追求されていらっしゃったテーマが現れていると思う。

 一つ一つが非常に重いテーマを扱っていらっしゃるが、羯南研究会としては、やはり第三編の羯南部分が注目される。

 
この本、この資料のここまで触れていらっしゃる、と思う作品が多いが、なかでも最期の第三話「極楽寺五六一番地」が心に迫る。

 1969年12月の作品である。

世は、70年安保闘争の時代、喧噪の東京と違い、鎌倉はひっそりとしている。
この時代の鎌倉は、筆者も子供時代の記憶に残っている。
夏の海水浴客が帰った後の鎌倉は、今の観光地とは違い、住民たちの生活の場としてのたたずまいをのこしていた。

 昭和44年に羯南終焉の地を訪れ、明治40年の時を思った稲葉先生は、それから更に40年多を経て北の弘前で何を思ったか。

 池辺三山は、この地で羯南を見舞い、二人で新聞と、これから来るべき世界を語りあった。

羯南、没後105年の今年、我々は何を思うか。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2012-01-23 21:54 | ニュース | Comments(0)

展覧会・子規の叔父加藤恒忠の残した絵葉書

 大阪のいしがみさんからの情報です。

 大阪府立弥生文化博物館で、子規の叔父であり、羯南の司法省法学校の同級生だった加藤恒忠とその妻の残した絵葉書の展覧会が1月29日まで開かれている。

 日露戦争をはさんで、世は空前の絵葉書ブームだったという。

その数、数千枚というから、おそらく明治期の外国絵葉書のコレクションとしても最大規模のものの一つであろう。

 しばし20世紀初頭の世界に心をはせたい

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-12-24 05:00 | ニュース | Comments(0)

ブログ開設5周年  東奥日報に紹介されました

 つかもと君に作って頂いたブログもあっという間に5周年。

11月28日の東奥日報に<東亜同文会報告>復刻が紹介されました。

< 弘前市出身で新聞「日本」社長兼主筆の陸羯南(くが・かつなん)が幹部を務めた東亜同文会の機関誌「東亜同文会報告」が、陸羯南研究会(東京、高木宏治主筆)の企画で復刻された。

 国内に分散所蔵され、閲覧に大きな支障があった同誌をまとめたもので、1900(明治33)年の義和団事件から、辛亥革命前年の1910(同43)年にかけてに当たる。

 監修した愛知大学の藤田佳久名誉教授は「現在につながる東亜史の原点を伝える重要資料であり、復刻は近代史研究に大きく寄与するだろう」と話している。>

(東奥日報2011年11月28日)

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20111128110025.asp

 羯南シリーズの復刻も

2008年 日本画報
2009年 新聞「日本」付録明治中期分県地図
2010年 東亜時論
2011年 東亜同文会報告

 おかげさまで4冊を出版させて頂いた。

 腹案としては、

好評だった新聞連載シリーズを書籍として出版した<日本叢書>

新聞「日本」の愛読者団体の機関誌であり羯南、雪嶺、をはじめとした関係者の全集等未収録座談、論文を掲載した<日本青年>

羯南が東亜同文会の前に同志と活動をしていた東邦協会の会報<東邦協会報告>

これまでの復刻に掲載されていなかった新聞「日本」本紙の号外、附録の集成

等があるが、原典に戻って、羯南の多彩な活動を再現できるように努力したいと思う。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-12-04 12:21 | ニュース | Comments(0)

甦る東亜同文会   東亜同文会報告 いよいよ復刻へ

 昨年復刻した東亜同文会の最初の機関誌<東亜時論>の後継雑誌である<東亜同文会報告>がいよいよ復刻の運びとなった。

 http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843337219

 清朝末期の明治33年(1900年)から辛亥革命直前の明治43年(1910年)までの10年強の期間の中国を各地に点在した有名、無名の筆者たちが、生の姿を報告している。

 羯南も、明治34年8月の第21回報告で、東亜同文会での講演が採録されている。(全集未収録)
講演の採録という、いわば羯南の肉声は、新聞日本の愛読者の団体、日本青年会が発行していた雑誌<日本青年>に掲載されている座談を除けば、唯一のものである。

 題して<東亜平和策>ー満洲開放の利ー。

先述したように、この講演の前後、羯南は近衛篤麿と、中国、韓国を視察している。

 日清、日露の両戦争の間、日本は中国の政治的安定の方向性を自らの国家の運命と重ね合わせて考え続けた。今年100年を迎える辛亥革命の裏の立役者の多くは日本人、そして大多数は東亜同文会の会員であった。武漢での革命成功の報を聞いて急遽中国に帰った孫文を、最初に上海で迎えたのは、羯南の盟友、犬養毅であり、古島一雄であった。

 今年も、何とか、12月の青木先生の御命日に間に合った。

たかぎ
 

 
 

  
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-08 21:14 | ニュース | Comments(0)

弘前   陸羯南会 秋季大会

 弘前の陸羯南会から秋季大会の御連絡をいただいた。

  平成23年10月30日 午後二時から午後四時

  場所 弘前市立弘前図書館二階 視聴覚室


内容

  1.第三回 陸羯南顕彰中学生作文コンクール表彰式

  2.東海健蔵あて陸羯南書簡について

     書簡 初公開

  3.陸羯南と在府町

  4.西舘孤清  近衛家密書

   
[PR]
by kuga-katsunan | 2011-10-05 18:45 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧