カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


カテゴリ:ニュース( 95 )

日本新聞博物館展覧今週20日開幕

 今週20日から、横浜の日本博物館で新聞日本の展覧会が開催されます。
同博物館のホームページでも、紹介が掲載されています。

 「「孤高の新聞『日本』 ―羯南、子規らの格闘」

  1889(明治22)年に陸羯南(くが・かつなん)は新聞「日本」を創刊し、政府や政党など特定の勢力の宣伝機関紙ではない「独立新聞」の理念を掲げ、頻繁な発行停止処分にも屈することなく、政府を厳しく批判し、日本の針路を示し続けました。また、初めて新聞記者の「職分」を明確に提示し、新聞発行禁止・停止処分の廃止を求める記者連盟の先頭にも立ちました。

また、羯南の高い理想、人徳にひかれて日本新聞社には正岡子規ら大勢の俊英が集い、羯南亡き後、内外の主要新聞に散り、こんにちの新聞の基礎づくりに貢献しました。

本企画展では、新聞「日本」の人々の、理想の新聞を追求した軌跡を200点を超す資料やパネルで紹介します。
  
[会  期]2015年6月20日(土)~8月9日(日)
[場  所]日本新聞博物館 2階企画展示室
[主  催]東奥日報社/愛媛新聞社/日本新聞博物館
[特別協賛]青森銀行/みちのく銀行
[後  援]青森県/愛媛県/青森県教育委員会/愛媛県教育委員会/弘前市/松山市/
 弘前市教育委員会/松山市教育委員会/神奈川県教育委員会/
 横浜市教育委員会/陸羯南会/陸羯南研究会/松山子規会/子規庵保存会」

(日本新聞博物館HPより)

http://newspark.jp/newspark/exhibition/index.html

 私ども研究会も後援させて頂いております。

 夏休みの前半に、会期が重なっておりますので、是非ご家族で御高覧頂ければと思います。

たかぎ

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-17 05:47 | ニュース | Comments(0)

横浜 日本新聞博物館 展覧会 続報

 今月20日から開催される、横浜の日本新聞博物館での展覧会は8月9日までの会期。

 8月1日の午後1時から、有山先生とご一緒にお話をさせていただく予定にしております。

 事前予約制、ということですので、ご興味持っていただける方は、日本新聞博物館までご連絡お願い致します。

      http://newspark.jp/newspark/

                                     たかぎ

                               
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-06-02 05:46 | ニュース | Comments(0)

横浜 新聞博物館  いよいよ羯南展

 新聞研究の本家、横浜新聞博物館での展覧会の開催が迫ってきている。

6月20日のスタートに向け準備佳境のタイミング。

 同博物館のホームページにも、次回の企画展として予告が掲載されている。

 「  孤高の新聞「日本」

    羯南、子規らの格闘

  会期  2015年6月20日ー8月9日

  主催  東奥日報社、愛媛新聞社、日本新聞博物館」

http://newspark.jp/newspark/

 陸羯南研究会も、弘前の陸羯南会と共に、後援させていただいている。

 今年は、青木先生の十三回忌にあたり、会期中に先生の誕生日、7月4日を迎えることができる。

 関係のシンポジウムなど、順次お知らせさせて頂きたい。

   たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2015-04-26 21:03 | ニュース | Comments(0)

横浜 日本新聞博物館<孤高の新聞日本 羯南、子規たちの格闘(仮題)>

 来年は、青木先生の十三回忌にあたります。

 青木先生の誕生日である7月4日をはさんで、新年2015年6月20日から8月9日まで、横浜の日本新聞博物館で、

     <孤高の新聞日本>

    羯南、子規たちの格闘(仮題)

 と題する展覧会が開催される予定です。

  主催、東奥日報、愛媛新聞、日本新聞博物館

 弘前の陸羯南会さんとならんで、私どもの陸羯南研究会も協力させていただく予定です。

http://newspark.jp/newspark/

 これまで、発表されてこなかった資料等を含め、新聞日本とその周辺環境、国際情勢を含め、新たな視角を切り開ければと思っております

 乞う、御期待

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-12-30 17:04 | ニュース | Comments(0)

弘前郷土文学館  陸羯南展 新年開幕 

  陸羯南の故郷の弘前で、新年1月から展覧会が開かれる予定です。 

http://www.hi-it.net/~bungaku/contents/tenjiannai.htm

  詳細は、HPでのご案内を確認して、ご紹介させていただきます。

  たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-12-30 16:53 | ニュース | Comments(0)

中野目徹著『明治の青年とナショナリズム』について

 最近、筑波大学教授の中野目徹氏が書かれた『明治の青年とナショナリズム-政教社・日本新聞社の群像-』が吉川弘文館から出版された。陸羯南研究の近年の動きがよくわかるし、三宅雪嶺を始めとする羯南を取り巻く人々も取り上げられていて、当陸羯南研究にとっては必読の書である。

 本書の第4章に「陸羯南研究の動向-史料整理の報告を兼ねて-」、付論1には「ナショナリズムの語り方-二冊の『陸羯南』をめぐって」と構成されている。

 第4章は平成22年(2010年)8月7日の陸羯南会での講演録であり、そこには高木主筆も出席されていた。また、付論1は有山輝雄著『陸羯南』、松田宏一郎著『陸羯南』についての書評である。
 なお、大阪商業大学の長妻三佐雄教授が本書の書評を書かれる予定である。

  いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-09-27 09:18 | ニュース | Comments(0)

書家 吉澤秀香氏 羯南漢詩 展覧会

 弘前の陸羯南会の理事でもある、書家の吉澤秀香氏の羯南漢詩の書作品が、同氏の展覧会に出品される。

  作品は、同氏のホームページにも掲載されている、羯南の漢詩の代表作である所謂「名山詩」。

    http://syukoh.com/act/act.html

  写真からもわかるように、大幅の作品であり、画面からもその雄渾な魂が伝わってくる。

  展覧会は、来月3月25日から30日まで。(11時から19時まで)

      「吉澤秀香  書の世界Ⅵ 女一代記」

   場所      鳩居堂画廊(東京鳩居堂ビル3階)

         東京都中央区銀座5-7-4

         TEL:03-3574-0058

   http://www.kyukyodo.co.jp/gallery/index.html


   多数の来場が期待される。

たかぎ




 
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-02-27 06:36 | ニュース | Comments(0)

東奥日報 「道理と真情の人 陸羯南」連載開始

 今年1月1日元旦の東奥日報の紙面は、見開き全面で陸羯南の特集を組んだ。

 子規が漱石に送った手紙や拓川の手紙、佐藤紅緑のエピソードをひいて、羯南がいかにまわりの人々に敬慕されたかを紹介し、松田編集委員は

 「落涙するほど敬慕される人とはどんな人物であったのか。
  人々との深い交わりを通して人間・羯南を探ってみたい。」

としている。

  羯南のライフストリーに従って、彼に大きな影響を及ぼした人物を中心に生涯をたどる、これまでにあまりスポットのあたってこなかった人物の登場が期待される。
これまで、父の中田謙斉、父のいとこ、・佐々木元俊が取り上げられた。

  毎週金曜日の夕刊に連載中。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2014-02-02 07:58 | ニュース | Comments(0)

陸羯南の足跡をたどる  日経新聞夕刊トラベルナビ

  昨日の日経新聞夕刊7面のトラベルナビのコーナーに、弘前市が取り上げられた。

         「陸羯南の足跡をたどる」

という題名である。

  羯南の業績をたどり、弘前のゆかりの地を紹介している。

  松陰室の紹介もあり、青空と紅葉にはさまれた岩木山の写真も美しい。

   乞う、ご一読

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2013-11-28 21:44 | ニュース | Comments(0)

弘前 陸羯南会  秋季大会 10月26日

 秋季大会の日程のお知らせです

  10月26日 午後2時から

  弘前コミュニケーションプラザ多目的ホール(弘前市土手町)

  1.羯南顕彰中学生作文コンクール表彰式

  2.羯南の足跡を追って  中国 遼東半島  舘田会長

  3.弘前藩士笹森要蔵の明治  笹森副会長(弘前学院大学特任教授)

  皆様 ふるってご参加ください




  
[PR]
by kuga-katsunan | 2013-09-23 17:18 | ニュース | Comments(0)




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧