カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


井上劍花坊(5)

 井上劍花坊追悼号「川柳人」(1934年11月号、No264、pp6-8)に、羯南最後の弟子で後に読売新聞の編集長になる千葉龜雄の「呵々大笑いする井上さん」がある。そこから抜書きする。

 「私の良く知っている井上さんは、劍花坊としての川柳寺の住職よりも、井上秋劍としての新聞人であった。詳しく云えば私が氏を知ったのは、私が二十八九歳の一青年として、その頃、神田の雉子町にあった、日本新聞社の下っ葉記者として入社した頃からである。

記者になる前、その社の一室に、私は三宅雪嶺先生主宰の『日本人』の一記者として、八木徳二郎氏と一緒に雑誌を編集していたものだ。

新聞や雑誌を拝借に、折り折り新聞の編集局に時々入っていくと、古島一雄、安藤正純、河東碧梧桐、井上藳村、長谷川如是閑氏達がそれぞれ忙しげに働き、もしくは編集室と印刷場の間を、往復していた。

その中で、男性特異な声調子で、高調子に話している二人の人が目についた、いや耳についた。その一人は古島さんであった。・・・もう一人・・・井上秋劍氏であったのだ。

 間もなく私は、日本新聞の社会部に入った。河東氏が旅に出て、私が代わりに、部長のような役割になったのだが、何とこの社会部は、部長一人と社会部記者一人という把端な小さな世帯だ。

それも無理はない。当時の日本新聞社は、社会部などは有っても無くとも、社説と、国粋主義と、日本派の佛句と雄健華麗ともいうべき、文章典型的な文章で、新聞界に雄視していた。

で、どの記者も、国士型の気骨と、雄渾な文章の持主であった。日本新聞の名物記事の一つ中に、相撲があった。

何しろ、あの頃は、国技としての相撲の黄金時代、その競技を書くのも書き映えせぬ訳がない。始めは古島古一念(一雄)氏の執筆で、新聞界独特の素晴らしい文章として鳴渡っていた。

漢文の要素七分、ひどく勇ましいもので、文字通り、血湧き、肉おどる肉弾戦の快観が、活字の面に踊っていた。・・・・・

この名物欄を引き受けたのが秋劍氏であった。これがまた初代に劣らない大した名文で、その上毎日毎日、あの五六段に亘る記事をすらすら書いてゆく快筆にも敬服した。

書いていながら、得意な文句や表現を見つけ出すと、例の呵々大笑って奴で、あたり構わず、吹聴する。と、云った訳。・・・・・」

                            しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-03-15 21:44 | Comments(0)
<< 新聞日本の特集記事 井上劍花坊(4) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧