カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(11) 私立大学評判記(その6)

 前回、明治時代直前から中期にかけて国民に西洋の知識を伝え、その教育の影響と効果をもたらした高等(大学)・中等(高校・中学校)教育の担い手として、慶応義塾を始めとする学校、数校を紹介した。古島一雄は、さらに「(一)緒言(上)」で、次のように述べている。

 「試みに只(た)だ政治思想の一方面に見よ。夫(か)の民権と曰(い)ひ、自由と曰ひ、進歩と曰ひ、保守と曰ひ、而(しか)して自由党となり改進党となり、帝政党となり、遂に今日の憲法政治を見るを得たるもの、実に此等(これら)教育の賜にあらずや。」※( )内は筆者補足。

 そして、以下のように続ける。

 「英米流の政治思想は、福沢(諭吉)、尺(振八)、中村(敬字)の三氏に唱導せられて改進党の萌芽となり、仏国ルーソーの民約論は、中江兆民に鼓吹せられて自由党の声明となり、加藤(弘之)氏の独逸(どいつ)的国権論は、明治政府唯一の金城鉄壁となり、箕作(麟祥)氏の仏蘭西(ふらんす)法律書は、依つて以つて日本法典の基礎となる。」※( )内は筆者補足。

 古島は、上記のように各代表者を中心とする学校での政治思想教育と当時の政党の由来を説き、学校教育が政治と大きなかかわりがあったことを指摘している。

 そもそも当時の学校は、政治結社の性格も持ち合わせ、その境はあいまいである。自由民権運動の温床ともなった。例えば、当時の代表的な結社であった高知の立志社には、立志学舎という学校があり、慶応義塾の卒業生を英語教師として迎えベンサムやミル等の西洋思想の講義を中心に行っていた。
 
 翻って現代を見ると、今の大学には政治の臭いすらしない。かつての丸山真男のような教員はいないし、学生は政治に無関心である。長年、大学に身を置いている立場からすると隔世の感がある。   

 かつて学生運動の激しかりしときがあった。私は、その時代を直接体験していないが、学生の政治活動を禁止していた筑波大学でも、昭和50年代にその名残りがほのかにあったことを憶えている。歴史的に見れば、教育と政治とは、切っても切れない縁があることがわかる。 

 古島は、後に政治家となるが、そのベースはこの新聞「日本」の記者時代に培われた。

 一方、陸羯南は、政治家にならなかった。官吏時代の上司であり、新聞「日本」の生みの親のひとりである高橋健三が松隈内閣の内閣書記官長にあったとき、協力を求められたことがあるが、相手にしなかった。官僚を辞めてからは、在野にて、中庸、中道、中立を保とうとした。    

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-01-31 10:05 | その他 | Comments(0)
<< <坂の上の雲>から 陸羯南会設立記念シンポジューム... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧