カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


井上劍花坊(2)

引き続き、坂本(1990)から引用する(pp.55-57)。

 古島一雄の意図は、当時、やたらと新聞が政府攻撃を行い、その都度発行停止処分を受けるので、直接時事を批評せず、間接的に政治批判ができないかと考え、井上劍花坊に声をかけたという。

(ここからは、古島一雄著『一老政治家の回顧』からの孫引きで、)

『僕がどうして狂句に興味を持ったかというと、憲法発布の日、文部大臣森有礼が殺されたとき、西松二郎が、

有礼が無礼の者にしてやられ
廃刀論者 出刃包丁を腹に差し

という狂句を書いてよこした。

 森は当時、有名な廃刀論者だ。実に面白い。これをやれ、と思って探したが適当な人がいない。・・・・(中略)・・・正岡子規に相談したら、藤井紫影という金沢の高等学校の先生をしている人に頼もうということになったが、なんといっても金沢では、今日のように通信機関が発達していないから、折角の句がおくれる。

 困っているところへ、井上劍花坊というのがでてきた。・・・・
 井上劍花坊が入社したいといって、自分の著書、十銭叢書を持ってきた。読んでみたらくだらぬものだが、中に狂句がある。それがどうにかなりそうなので採用した』
と古島一雄は書いている。

井上劍花坊も偶然川柳欄を担当することになった、と坂本はのべている。
そして坂本はさらに

「劍花坊が、社主が陸羯南である日本新聞社入社を希望したのは、この新聞社の国民主義に賛同したからであり、主筆古島一雄が、その主旨を川柳で啓蒙しようとした点では劍花坊の志と一致していた。」と記している。

しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2009-01-18 14:38 | 研究 | Comments(0)
<< <司馬遼太郎が愛した言論人>陸... 井上劍花坊(1) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧