カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(10) 私立大学評判記(その5)

 「私立大学評判記」の連載初回「(一)緒言」の中で、古島一雄は、明治維新直前から明治36(1903)年当時までの、高等(大学)・中等(高校・中学校)教育の影響と効果について次のように述べている。

  「慶応義塾が、西洋文物の輸入に与って大功ありしは天下の熟知する所にして、国民の感   謝する所なり。」

 さらに、「慶応義塾と共に忘るべからざるもの」として、以下の創立者と学校を挙げている。(ただし、加藤弘之は、創立者ではない。)

  尺振八(せき しんぱち)の家塾(名称は共立学舎)
  箕作麟祥(みつくり りんしょう)の家塾(名称は共学舎)
  中村敬字(なかむら けいう。名は正直)の同人社
  中江篤介(なかえ あつすけ。号は兆民)の仏学塾
  加藤弘之(かとう ひろゆき)の開成学校(現在の東京大学)
   注:( )内は筆者の補足。

 以上の学校は、明治維新の前後に設立された。古島は、これらの学校で西洋の知識、すなわち政治・経済思想から科学・技術に至るまでが国民に伝えられ、“文明開化”にとってその影響・効果が大であったことを指摘している。
 
 しかし、それにもかかわらず、当時において、既に慶応義塾と開成学校以外の学校は存在していない。明治維新前後、上記以外にも多くの西洋の知識を教える私立学校が設立されたが、明治10~20年代に600校以上が淘汰され、生き残ったものはほとんどなかった。 

 ちなみに、古島は、15歳で上京したときに、同人社にいたことがある。だが、外国人教師を殴って退学処分になった。その他、共立学校等数校の学校にも行ったがすべて中途退学している。当時の私学には、高等教育と中等教育の両方の機能が一緒にあった。

 また、陸羯南も17歳のとき東奥義塾に入学したものの退校。その後入学した宮城師範学校も、司法省法学校(現在の東京大学)も退学になり、まともに卒業していない。

 まだ学歴が重視される前の時期であり、彼らにとっては、幸運だった。しかし、彼らも学校教育の恩恵に浴していた。そのお陰で、陸はフランス語が堪能であった。  

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-12-31 18:47 | その他 | Comments(0)
<< 《黄泉還り対談》 陸羯南---... 卒業の歌  国分操子先生 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧