カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(8) 私立大学評判記(その3)

古島一雄が新聞「日本」時代に連載した「私立大学評判記」は、明治36年11月3日に始まり、以後、50回連続、明治37年1月1日まで約2ヵ月間の長期にわたった。

連載が始まる10月23日には、下記の社告が出ている。これもその日から連日、掲載前日の11月2日まで続いた。

「帝国大学と対塁して高等教育の任に当たるもの、慶応義塾大学部、早稲田大学、法学院大学(現・中央大学)、明治大学、日本大学、法政大学及び哲学館(現・東洋大学)あり。本社は数か月間の苦心に由りて収集したる各種材料に基き、既往現在及将来の三期にわたりて詳らかにその長短善悪を較論し、講師及関係者の人物性行は言うに及ばず、各学校の特色学風、得業生(当時の私立大学の卒業生のこと)の現状、教授科目、月謝、学校経済、その他各学校の秘密に至るまで細大漏らさず、すべてこれを評判記中に収めんとす。まさにこれ各学校のパノラマたるのみならず、また実に少壮人士の就学案内たるを得べし。本社はこれを11月3日の紙上より掲載すべし。」 (( )内筆者注)

明治も30年代半ばを迎えると国民の大学への進学熱が高まってきていた。教育社会学者の天野郁夫は、明治30年代に日本の学歴社会の原型がつくりあげられた、と述べている。

私立の法律学校も“大学”を名乗ることを国に認められるようになった。それまで私立大学にとっての法的根拠がなかったが、国としても学校制度に取り込むため明治36年4月に専門学校令を公布した。(私立“大学”なのに“専門学校”令とはおかしいが、国はまだ私立大学を“大学”として認めていなかった。国にとって大学とは、東京と京都の2つの“帝国大学”のみだった。)

学校教育のはみ出し者であった古島が、「私立大学評判記」を書くことになった。古島にその時の気持ちを尋ねてみたいものだ。

そういえば、陸羯南も司法省法学校(現・東京大学法学部)を中退している。彼らは、「立身出世」につながる正式なルートに乗らなかった。いや、乗れなかったのか…。

いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-10-30 20:38 | その他 | Comments(0)
<< 「新聞『日本』の時代の広告」(... 陸羯南とスポーツ報道 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧