カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


弘前・陸羯南会の発足を祝す

 14日、陸羯南の誕生日に、その生地弘前で陸羯南会が発足した。

 以前、このブログでも紹介させて頂いたように大正八年九月、陸羯南の十三回忌に再版された著書<原政及国際論>の前書きにも陸羯南会が出てくる。
 青森出身の新聞日本で活躍した小山内大六、没後出版された「羯南文集」の編集をした梶井盛、愛媛出身の子規門下の歌人であり新聞日本でも短歌欄を担当した森田義郎らがこの会の発会を主唱していた、との記述がある。

  弘前の稲葉克夫先生の御著書<陸羯南の津軽>のあとがきには、弘前でのこれまでの陸羯南研究の動きが書かれている。

  このあとがきによれば、これまでも

昭和49年  陸羯南を語る会
平成10年  「陸羯南賞」創設準備委員会

の動きがあったことがわかり、そして昨年の陸羯南生誕百五十年没後百年記念実行委員会につながっていった。

  戦後の陸羯南研究の歴史の中では丸山真男の論文が嚆矢としてあげられるが、弘前でも鳴海康仲先生の陸羯南顕彰の活動は改めてその大きさを強く感じる。
 その編纂された<羯南陸実先生>は小冊子ながら年譜、主要論文、書簡、関係者の追憶を網羅しており、新刊で陸羯南の著書が入手し難い現在、かってアメリカの研究者バーバラ・J・ティターズも懇望したように、またその復刊が期待される。

 これらの活動に参加された相川文蔵氏には<陸羯南おぼえがき>(昭和40年)、<郷土の先人を語る  陸羯南>(昭和42年)の著作がある。
また川村欽吾氏が東奥日報、東奥義塾紀要などに書かれた<陸羯南をめぐる人々>のシリーズは、伊藤重、赤石定蔵、珍田捨己、北里柴三郎、加藤拓川、賀古鶴所などの関係者を網羅しており、特に陸羯南晩年の片腕として活躍した赤石本人にも取材した<赤石定蔵と陸羯南>は、陸羯南の経営者としての苦闘を語る部分も含み非常に貴重である。川村氏の論文には、全集に所収されていない資料を参照されたことを示唆する部分もありその研究資料の分析も待たれる。

  戦前に戻れば、東奥日報の文化部長も務めた文人・竹南長谷川虎次郎が、昭和初期に「羯南文録」の出版や、三十三回忌のおりなどにふれて書いた一連の<陸羯南翁追憶>もその時代を伝えて意義深い。

  陸家からは、数多くのオリジナル資料が、弘前の郷土文学館に寄贈されており、その一部は昨年の展覧会で陳列され、今後とも数多くの内外の研究者がその詳細な内容の公開を期待している。

  世界的な経済混乱が続く国際情勢の中で、改めて経済体制のありかたを含め、民族、国家の問題が全面に出てくる時運となってきている。
  この時期に、明治国家の草創期、同様のテーマと格闘した陸羯南の会が発足したことは大きな意味をもっている。広く国内外との交流を踏まえ、現代的な意義をおさえながら、大きな発展を遂げられんことを願ってやまない。

  陸羯南が、日露戦争の前年、明治36年欧米視察の出発にあたり、杉浦重剛が贈った漢詩を紹介させて頂く。

     
           入海不求徐福薬

           乗槎敢履仲尼言

           籍君三眼能看取

           建国美風何処存


                                               たかぎ

 


  



  
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-10-18 07:27 | トピックス | Comments(0)
<< 陸羯南とスポーツ報道 弘前   陸羯南会  発足 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧