カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(6) 私立大学評判記(その1)

 古島が生涯で最もあぶらの乗った時期は、新聞「日本」の記者時代であったと述べている。それは、25歳から42歳までの18年間であった。
 今回は、古島35歳の明治33年11月3日から数十日にわたって連載された「私立大学評判記」を取り上げよう。当時の東京にある大学の状況が以下のように紹介されている。

慶応義塾大学 創立:文久3(1863)年 卒業生13,000人 在学生2,400人 ※記載は慶応義塾大学から始まる。
帝国大学(現・東京大学) 創立:明治3(1870)年 博士363人、学士4,988人を排出。 在学生3,000人以上 「源を幕府の蕃書調所に発し、由来最も古し」 
明治大学 創立:明治14(1881)年 卒業生2,973人 在学生2,000人
早稲田大学 創立:明治15(1882)年 卒業生2,581人 在学生4,500人
法学院大学(現・中央大学) 創立:明治18(1885)年 卒業生2,973人 在学生1,300人
哲学館大学(現・東洋大学) 創立:明治20(1887)年 卒業生2,000人 在学生300人
法政大学 創立:明治23(1890)年 卒業生850人 在学生800人
日本法律大学(現・日本大学) 明治:創立23(1890)年 卒業生900人 在学生1,300人
 
 当時の代表的な大学を取り上げているようであるが、すべて現存している。東京の官私の学校は、380校に上り、学生数15万人を超えるとも記載されている。

 学生数を現在と比較すると、日本大学が日本最大の学生数であり、80,693人(平成19年5月1日現在。ただし全国に分散する)、他の私学も数万人規模の学生をかかえる。東京大学は、国公立大学の中では、最も学生数が多く28,953人(平成20年5月1日現在)である。ちなみに筑波大学の学生数は、16,584人(平成20年5月1日現在)。
 当時は、現在に比べれば学生数は少ない。それゆえ、彼らは、当時の人口(明治30年4,240万人)からして少数のエリートであった。   

いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-08-31 19:36 | その他 | Comments(0)
<< 羯南の肉声 「柴四朗という生き方  その七 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧