カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


27歳 正岡子規編集長 奮闘記 その3

二人が、大学予備門に入学したのは、明治17年。
夏目漱石も、秋山、子規とともに、この年に大学予備門に入学している。
参考までにではあるが。大学予備門とは、後の旧制第一高等学校(現在の東京大学教養学部)。念のために記せば、「予備門」という名称から、今日でいう代々木ゼミナールや河合塾のような予備校と間違える方もいるが、当時においては、エリート中のエリートのみが通うことをゆるされた「高級官僚」育成機関ともいえる超難関校である。

話を先のエピソードに戻そう。
大正6年。秋山真之は、海軍少将。3人のうちで一番長生きしたが、50歳で没する前年にあたる。功なり名を遂げた海軍の中将は、五十路を迎えるにあたって、明治35年に35歳であたら命を散らした正岡子規の業績について、どう思っていたのか? かつては文学を志していたこともあったとはいえ、帝国海軍の軍人として、そんな若き日の感傷は、忘却の彼方にあったのか。
あるいは、東京帝国大学英文科の講師から、朝日新聞嘱託に転じ、富国強兵政策への揶揄もまじえた小説『吾輩は猫である』(明治38年)など、社会風刺に富んだ小説・論文・講演録を残した夏目漱石(大正5年没)の健筆ぶりを、どんな思いを抱いてみていたのか。

下世話な表現をお許しいただくとして、50歳を前にした秋山真之は、

「ああ、のぼるくん(子規の本名)も金之助(漱石の本名)も、あんな俳句だの新聞だの、小説やら文学とやらに身をささげて。いったい、どんな価値があったのか」
と毅然と思ったのか。
あるいは、

「私は軍人という道を歩んだが、自分の興味のままに邁進し、あれだけの業績を残したのは、同窓の身として、立派だった。そして羨ましい」
と思ったのか。
 どうにも、興味をそそられるのである。

こんどう
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-06-16 22:01 | トピックス | Comments(0)
<< 「サルスデ-」島と赤石定蔵 津軽同郷人会  羯南と赤石定蔵... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧