カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


津軽同郷人会  羯南と赤石定蔵の出会い   

  赤石定蔵は、新聞日本の最後の金庫番として苦闘した人物である。

 彼の生涯は、弘前の川村欽吾先生が書かれた一連の<陸羯南ゆかりの人>のシリーズの中にある<赤石定蔵と陸羯南>(東奥義塾研究紀要 第7集 1974年)に詳しい。

 赤石は慶応3年(1867年)弘前の東海家の次男に生まれた。ただ母親の実家赤石家の跡目が途絶えたことにより、明治6年7歳にして赤石家を継ぐ。

 明治17年東奥義塾を卒業し、上京東京専門学校(早稲田大学)に入学、19年20歳の時に東京で開催された津軽同郷人会で陸羯南と出会う。

 明治20年卒業後、翌明治21年東京電報に入社したものとされているが、このあたりの詳細は現在は不明である。

 赤石は羯南とともに東京電報、新聞日本の創刊に奔走したものと思われる。

川村論文には、明治23年12月5日の東奥日報の記事が引用されている。

<津軽人の大懇親会

明後日例により開会のよしなれども、今年は二名の貴族院議員、四名の衆議院議員を招待し米国より帰りたる本多庸一氏の歓迎会、近き豪州に赴かるべき赤石定蔵氏の送別会をも兼ねべきつもりなりと聞けば定めて盛会なるべし。>

 赤石がなぜ新聞日本から、外務省のメルボルン領事館へ転じたかは、赤石本人にも直接取材している、この川村論文でも明らかにされていない。

 メルボルン領事館は、オーストラリア人の名誉領事のほかは赤石一人だったようで、その苦労が偲ばれる。

  国会図書館には<「サルスデ-」島及「ダルヴヰン」港視察報告>(明治26年11月 外務省通商局第二課)という赤石の報告書が残されている。
赤石の帰国が明治26年夏なので帰国後の報告書ということになる。
(赤石の帰国については、陸から原敬へあてた書簡に詳しいが、この書簡については2008年5月5日の東奥日報に詳しく紹介されている。)

たかぎ 
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-06-14 05:27 | トピックス | Comments(0)
<< 27歳 正岡子規編集長 奮闘記... 書道博物館への道 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧