カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(3) 新聞「日本」創刊当日の“椿事”

 新聞「日本」創刊当日の“椿事”については、すでに当ブログの中でも触れられているが、もう少し詳細にその顛末を紹介しよう。

 周知のように新聞「日本」が創刊されたのは、明治22年(1889年)2月11日の紀元節、大日本帝国憲法発布の日であった。その当日朝、森有礼文部大臣が、大臣官邸内で面会に来た内務省雇員、西野文太郎に刺殺された。西野は国粋主義者であり、暗殺の理由について彼の斬奸状では、森が伊勢神宮の外宮へ参拝に行った際、ステッキで神前の御簾を上げるなどの不敬の行為を行ったことにあるとしている。

 西野はその情報を東京電報新聞(新聞「日本」の前身)から知り、自ら伊勢に出向いてその事実を確かめたうえに犯行に及んだのであるが、実は、その記事を書いたのが古島であった。彼自身が『一老政治家の回想』のなかで告白している。しかも、古島は事件当日、その現場を取材で訪れ、背に一刀浴びせられた西野の死体を目の当たりにした。

 さらにこの時古島は、新聞「日本」の出資者の一人、三浦観樹から直接「死骸は俺が引取るから、そっちで片付けて置け」という電報を受け取っていたのである。西野は、三浦観樹の元書生であった。古島は当時23歳、東京電報新聞に入社して1年にも満たないときの出来事であり、彼自身「当時、非常にショックを受けた」と述懐している。

 小島直記が『斬人斬馬剣』のなかで古島に「一管の筆、よく大臣をも斬り得るのか…」と語らしめているように、当時新聞の存在感が民衆のなかで大きくなっており、確かに古島は、新聞報道の影響力に驚愕したのだろう。しかし、この“椿事”はいろいろな意味で象徴的な出来事でもあったと考えられるのではないか。それを次回以降で紹介できればと思う。
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-05-31 20:59 | その他 | Comments(0)
<< 書道博物館への道 「日本画報を復刻」 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧