カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


《黄泉還り対談》 陸羯南---正岡子規について語る

問   子規のお母さんと妹さんですね。
陸   「そうです。家の隣だったものですから、私は会社から人力車を飛ばして行ったのです。
そうしましたら、八重さんは『命に別状があるのなら行きますが、そうでないのなら私達より、清さん(高浜虚子)か秉五郎さん(河東碧梧桐)のほうが本人は喜ぶと思います』と仰るのです。私は直ぐに京都に居た高浜君に電報を打たせました」
問   随分つめたいお母さんですね。
陸   「・・・いや、そうではないのです。
お母様は私に気を使ったのだと思いますよ。
母親が息子の心配をしないわけが無い。ここで自分が騒ぐと必要以上に私に負担をかけると思ったのでしょう。努めて冷静を保って居られました。
   お母様には、何日か経って河東君と一緒に神戸に行ってもらいましたが、その時は高浜君の看病のおかげで、峠を超えて大分病状は落ち着いていたと言ってました。
   正岡君の母親は、非常に大らかな人ではありましたが、他人に対して細やかに気をお使いになる人でした」
問   子規はその後どうなったんですか。
陸   「神戸病院に入院したんですが、この病院の副院長が江馬先生と言って私の知りあいだったので特別に診てもらいました。中々食欲が無くて体力がついてこないと言ってました。
それでも看病にあたった高浜君と河東君が摘んで来たイチゴを食べるようになって食欲も出て来て、急速に回復したと言うことでした。
    その後須磨療養所に移り、八月二十日に退院し松山に戻ります。そこには夏目漱石君が松山中学校の先生をしていたんです。ここの下宿を愚陀佛庵と言ってましたが、そこで漱石君と一緒に五十四日ばかり暮らしました。
十月に東京へ戻る事になるんですが、その帰途、関西を旅行します。
途中の奈良で有名な
       柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺
   の句が生れます」 
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-05-11 06:10 | トピックス | Comments(0)
<< 高浜虚子と正岡子規(1) <羯南と古島一雄>(2) 『古... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧