カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


<羯南と古島一雄>(1) 『斬人斬馬剣』より

今年の「菜の花忌」のおり、高木主筆と夕刻に弁当を食べながらよもやま話をしていると、陸羯南研究の話題に移り、「そういえば、石神は関西に住んでいるのだったね。羯南の右腕として活躍した古島一雄の出身地が近い。古島を調べてみると面白いよ」と、さっそくその夜帰阪する際には、小島直記著『斬人斬馬剣~古島一雄の青春』(中公文庫)を持たされた。そこへ数日を待たずして、乾さんからも古島の資料が送られてきた。

こうしてなすがまま陸羯南研究の末席を汚すことになりましたが、本人はいたって光栄に感じています。

さて、今回は、その『斬人斬馬剣』を紹介さていただく。
                
本書は、古島の若き新聞記者時代を中心に、上京直後を経て『東京電報』への入社のきっかけから新聞『日本』と『九州日報』での活躍までの様子が、陸羯南、正岡子規、杉浦重剛等との交流を織り交ぜながら描かれている。

その後、古島は、『日本及び日本人』に「雲間寸観」を連載し、「人触れれば人を斬り、馬触れれば馬を斬る」必殺の筆剣で恐れられた。さらに“傲骨の一政客”として明治・大正を経て戦後の昭和まで生きることになるわけであるが、その彼の原点をたどることができる。

また、ちょうど新聞『日本』の発刊にまつわる経緯も詳しく紹介されており、陸についても、その生い立ちから、業績や人となり、臨終に至るまで紙幅を割いている。つい先日の《黄泉還り対談》に子規の記者時代の話が出ていたが、著者の小島は、陸の意外な一面として、“病む男”である、入社わずか1年ばかりの彼に、新聞『小日本』の編集という大役を任せる場面で、次のように記述している。

「『古島君も、君を推薦したのだ。しっかり頼む』
羯南はその端正な顔になんともいえぬやさしい笑みを浮かべてそういった。論敵にたいしては、必殺の論陣を張って叩き伏せてしまう、鬼のように強い彼に、このような優しい一面もある。」

陸は、ふところの深い、器量のある人物であった。
主筆お勧めの一冊である。

それにしても新聞『日本』に集まった人間には、学校教育のはみ出し者が多い。古島も、子規も、佐藤紅禄も同様であり、ましてや陸その人自身がそうだった。
つくづく“教育とは何か”を考えさせられる。

 いしがみ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-03-31 23:22 | 研究 | Comments(0)
<< 陸羯南・四女・巴さんを囲んで ... 菊池九郎(5)~農業(殊にリン... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧