カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


菊池九郎(5)~農業(殊にリンゴ)の振興~

 菊池九郎が、東奥義塾に招聘した外国人教師にジョン・イング牧師がいる。彼は、教師としての功績も大きかったが、彼の新知識を応用し産業界に革新を与えたのは、菊池九郎であったと、長谷川虎次郎編輯・「菊池九郎先生小傳」(昭和10年2月発行)は伝えている。

 以下、拾い読みしてみると

「・・・農産物に対するイングの趣味と造詣とは極めて深く、・・・(菊池)先生はイングの方法を採用し更に之を拡充するに努め、桑畑、果樹園、養蚕等の新方式を輸入し、範を地方産業の上に示した。

ケヤベジ、アイオン、アスパラガス、トマト、グーズベリー、林檎等の栽培は此時より行はれた。

殊に林檎を津軽地方に輸入した開祖で、今日のインド種と称するものはインデアナの略称でインデアナ州より来れるイングの齎したものである。

・・・其の内の一つを貰って来て菊池先生が植えたものがインド種である。間もなく林檎苗十数本輸入して、先生を初め本多庸一、芹川得一、工藤儀助等に数本宛配分し、・・・これが即ち林檎輸入の当初で今日斯業の盛大は先生等に負う所が多い。

其後先生は同士と共に南郡藤崎爼淵に広大なる林檎園を経営したこともあった。」

 この林檎園は、啓業社といい、イング宅の基督降誕祭(明治8年12月)に招かれていた藤崎の青年=佐藤勝三郎と菊池九郎の弟三郎が指揮を採って、大成功を収めた。

 明治18年東奥義塾が火災で類焼してしまう。その後の経費を賄ったのが、5年間義塾で教頭をして、日本郵船の社長であった吉川泰次郎であった。

 吉川は、自ら林檎園を経営、その収益を寄付して義塾の経常費としたのであった(秋本芳郎著「東奥の炬火 菊池九郎伝」より)。    しぶさわ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-03-31 01:22 | その他 | Comments(0)
<< <羯南と古島一雄>(1) 『斬... 27歳 正岡子規編集長 奮闘記... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧