カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


《黄泉還り対談》 陸羯南---正岡子規について語る その六

問  それで子規は新聞社に入る事になったんですか。
陸  「いえもう少し経ってからです。
彼は下宿したのでその家賃の支払いが必要になり、大学を辞めると給費生のお金も入ってこなくなります。そこで、私はうちの新聞に記事を書いてもらって、原稿料を払ってやろうと思ったんです。今で言うアルバイトですね。
彼には書き溜めた物が沢山有った様で、直ぐに原稿を持ってきました。その原稿を社内の人間に読ませると、中々面白いと言うんですね。
そこで明治二十五年五月にうちの新聞に『かけはしの記』を掲載しました。これは前年、彼が木曽路を旅したときの俳句入りの紀行文でした。
読者の評判も良く、これなら何処の新聞社でもやっていけると思いました、そこで、就職の世話をしたんです。
と言うのは、うちの新聞社だと予算などの関係があつて給料はあまり出せないので、よその新聞社に紹介しようとしたんです。すると彼は、幾ら呉れても他の新聞社には行きたくないと言うんですよ。
そこで明治七十五年十二月一日から、うちの新聞社に採用する事にしたんです。
   次に、田舎から親御さんと妹を呼び寄せたらどうかと提案しました。彼の体の事もあったし、精神的にも安心したところで思う存分原稿を書かせてみたいと思いましてね」
問  その時ですね、子規が母親と妹を連れて、上京したとき、家に着いたら夕食の仕度がしてあったと…。あれは陸さんが指示したんですか。
陸  家内からは何時帰ってくるのかと、何度も訊かれました。前日に着くと思っていたのでナが、途中の静岡で下車し一泊したので、一日遅れましたが概ね予定通りだったと思います。
   私も家内も、地方の出身なので、初めての上京の時の心細さは、よくしってるものですから、家内も正岡さんの人達を勇気付けたいと思ったんじやないでしょうか。それは誰が話したんですか。
問  河東碧梧桐が妹の律さんにインタヴューした『子規を語る』に書いて有りました。
陸  そうですか、後年まで律さんの心に残っていたとは…。嬉しいですね。
問  正岡家とは、陸さんが亡くなった後も行き来があったようですね。
   そのようですね。私は正岡君の五年後に死んだんですが、我家は、太平洋戦争の空襲で焼けるまで、ずっと隣同士でしたからね。
   四女の巴は正岡君の繋がりで森鴎外さんのお嬢さんの茉莉さんの家庭教師をさせていただいたりしていたようです。
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-02-23 23:11 | その他 | Comments(0)
<< 「柴四朗という生き方  その二 羯南会のこと >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧