カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


陸義猶のこと

 陸姓の縁で、試みに<陸義猶>を調べてみる。

 しぶさわ君の紹介のように、やはり大久保利通の暗殺の項が多い。

 同じ暗殺に参加した18歳の青年杉村文一について書かれているブログがある。
<はんちはんかい備忘録>という題のブログなのだが、明治のナショナリストや内藤湖南の学友畑山呂泣について部分などもあり非常に面白い。

 その中の、陸義猶の部分を紹介させて頂く。

<『日本政治裁判史録』によって事件の概要をたどってみると。

維新になって、藩政改革に出遅れた金沢藩は薩摩藩を模範とし、陸義猶(金沢藩士、のち事件に連座して「除族禁獄終身」刑)を派遣してその実を学ばせたが、陸はこのとき西郷隆盛たちの思想に大いに共鳴するところがあった。

これが石川県士族と西郷隆盛一派との連携のきっかけであった。

大久保利通暗殺の主犯格、島田一郎も陸の思想に同調したひとりだった。

島田は足軽身分の出だったが、藩の洋式兵術訓練所に学んで維新戦争に従軍、陸軍大尉に進んでいる。

藩兵解散後は東京に出ていわゆる国事に奔走した。明治七年の佐賀の乱では、江藤新平の処分に反対して左院に建白書を提出したが、無視されたことに憤激して「とても書面にては志を達することはできずこの上は腕力を用い」るしかないと考えるようになった。

同年、石川に「忠告社」が結成されると島田もこれに加わった。忠告社は中央に設立された「愛国社」の石川県分社だった。陸は「忠告社」の副社長となっている。>

http://rokugou.cside.com/sub32hankaihankai.html

 同じく陸は、板垣退助の自由党の運動にも顔を出してくる、とのこと。

 禁獄終身に処せられた陸義猶のその後が気になって調べていくと、日本大学の田村貞雄先生の論文にいきあたった。

 1893年(明治26)4月12日・13日・14日・16日・17日の5回、新聞『日本』は、「桐野利秋談」を5回にわたって連載した。
その中に陸が登場してくる。

たかぎ
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-02-16 07:58 | トピックス | Comments(0)
<< 羯南会のこと 菊池九郎(3)~青森新聞と国会... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧