カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


東京女子大学 丸山真男記念文庫

 丸山真男の蔵書は、東京女子大学の図書館に所蔵されている。

丸山の自宅が東京女子大学に近かった縁から、その蔵書と草稿等は丸山真男記念文庫として図書館に寄贈された。

 図書館の地下の所蔵庫の一角に、文庫が管理されているが、驚くべきは、その所蔵形態が丸山真男の家の本棚に並べられていた順番をまもっていることである。

 蔵書の並び方はその所有者の頭の中の整理の状況を現わしている、ということが、その本棚に入り込むと、あたかも丸山真男の頭の中に入り込んだ様な錯覚に陥る。
 
 試みに、陸羯南の関係の蔵書は、と探してみると、近衛篤磨の関係図書、谷干城の伝記、その近くに三宅雪嶺、福本日南、長谷川如是閑、そして徳富蘇峰の著作が並んでいる。

 父親の丸山幹治の著作も一緒に並んでいるかと思ったが、これらは少し離れたところにあり、丸山の兄弟たちの著作とともに、丸山家の人々の著作のたなの一群のなかにあった。

 陸羯南のオリジナルの著作を探したが、こちらは自らが関わった全集があるだけで、オリジナルの著作は見当たらない。

 実は現在公開されている文庫は全体の一部にすぎない。

「丸山眞男文庫が2005年4月から一部公開されています。今回公開されたのは、故丸山眞男氏から受贈した書籍約18,000冊のうち、約12,000冊です。全て開架に置かれ、自由に閲覧できます。」(東京女子大学  図書館)

 残りの約三分の一がまだ公開されていないのだ。
図書館は<丸山眞男文庫所蔵図書資料類の部分公開について>とする一文を掲げている。


「戦後日本の代表的知識人であった丸山眞男氏が遺された膨大な図書資料類や各種草稿資料類は、1998年9月に丸山家から東京女子大学に寄贈され、翌年春から同大学図書館の丸山眞男文庫室に収蔵されています。図書館では、このうち各種の草稿資料類に関する調査と整理を専門家に委嘱する一方で、氏が遺された図書資料類に関しては、なるべく早期に一般の利用に供することを目指して努力を重ねて参りました。その結果、本年4月8日より部分的な公開が可能となりましたので、お知らせ致します。

 上記の図書資料類に関しては、1999年春の搬入後、図書館員による整理作業が始まり、2001年春には受贈の記録として、仮目録『丸山眞男文庫寄贈図書資料目録』が作られて丸山家に届けられました。関係者にも配布されています。その後さらに丸山家から搬入された書籍類を加えた総計は、和漢書が約一万六千冊、洋書が約二千冊、和・洋雑誌がそれぞれ約千タイトル・百四十タイトルにのぼります。国立情報学研究所の「総合目録データベース」に準拠した目録情報が、図書館のコンピュータ内部に構築されています。

これらの図書資料類には、丸山氏の思想・学問の形成をうかがううえで不可欠の書籍類、氏の豊かな学殖をものがたる一般教養関係の良書、氏と親交のあった作家や学者の作品などが数多く含まれています。また政治学を中心とする社会科学や思想史に関わる内外基本文献の集積という点で、よく纏ったコレクションになっています。さらに近現代日本思想の諸潮流や各時期の主な争点などを概観する上でも有益です。戦後60年を迎えて日本国憲法や教育基本法の改正が問題にされている現在、改めて戦後精神の原点は何であったかを考える上で、戦後民主主義の旗手といわれた氏の蔵書からなるこの図書資料類は大きな意義をもっているといえましょう。

 これらの蔵書中には、丸山氏が書きこみや線引き、折りこみなどを行った書物や、論文執筆時に参照したことの明らかな本などが約五千部あります。これらは丸山研究にとって貴重な資料的価値をもっていますが、一般に公開するには、専門家による事前の十分な調査と手当てが必要です。長い年月の間には、どれが丸山氏自身によるものであるかが不明確になる惧れがあるからです。また貴重書については、原本の劣化を避けるためにデジタル資料による供用が考えられますが、その選定のためにも調査が必要です。さらに手沢本の目録作りが計画されており、そこには個々の図書に対する書きこみや傍線の頻度などに関する情報も付される予定です。以上のような諸事情から、丸山文庫の蔵書全体を公開するには、なおしばらくの時間が必要となります。この点について皆さまのご理解をお願いする次第です。」

 丸山真男は、本に書き込みをすることで有名であった。

彼がどのように思索をまとめていったかは、それ自体が知識社会学的にも非常に面白いテーマだが、やはり陸羯南の著作もまだこの公開されていない蔵書の中に埋もれているのだろうか。

たかぎ



 
[PR]
by kuga-katsunan | 2008-01-27 21:20 | トピックス | Comments(0)
<< 《黄泉還り対談》 陸羯南-正岡... 菊池九郎(1) >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧