カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


明治の写真誌「日本画報」復刻へ

 新聞日本の附録である、日本画報について、東奥日報さんの記事になりましたので転載させて頂きます。
  

  「明治を代表する言論人・陸羯南(弘前市出身)が主筆兼社主を務めた新聞「日本」の付録である写真グラフ誌「日本画報」の復刻版が今春、刊行される計画が進んでいる。

 日露戦争開戦後の明治期の世情を映し出すとともに、新聞のビジュアル化の過程を示す貴重な資料で、全国でも青森市の県近代文学館などで数セットしか確認されていない。学術出版社「ゆまに書房」(東京都)が企画しており、全国各地で調査研究を展開している陸羯南研究会(東京都)の熱心な働きかけが後押しした。

 「日本画報」の現物は長らく確認されていなかったが、二〇〇三年一-二月、富山市内の個人宅などで相次いで見つかった。県近代文学館は、羯南の生誕百五十年・没後百年の節目である〇七年、特別展に当たって古書店から三十七号分を入手した。

 日本画報は一九〇四(明治三十七)年六月六日、第一号を発行。タブロイド判、四-十ページで、月二回のペースで刊行され、〇六年十月の四十二号まで見つかっている。

 当時開発されたばかりの写真製版の技術を生かし、写真をふんだんに掲載している点が特徴。日露戦争開戦間もない世情を反映し、軍人の肖像写真や戦場の一場面が多いが、相撲やスポーツ、女性のファッションなども特集され、当時の風俗や文化が映し出されている。

 陸羯南研究会が「メディア史研究の上でも貴重な資料であり、復刻できないか」と、日本マス・コミュニケーション学会前会長の有山輝雄・東京経済大学教授を通じて、「ゆまに書房」へ打診。同書房は二十年ほど前に新聞「日本」復刻版を刊行した経緯もあり、出版に向けて前向きに検討を進めている。

 日本画報について、県近代文学館の黒岩恭介館長は「新聞『日本』で写真製版の技術開発を命じたのは、羯南だったという話がある。羯南の先進的な精神を示しているのでは」と話す。」

(東奥日報  2008年1月4日)

e0106376_23115534.jpg


e0106376_23145319.jpg

[PR]
by kuga-katsunan | 2008-01-04 22:56 | ニュース | Comments(0)
<< 《黄泉還り対談》 陸羯南---... 《黄泉還り対談》 陸羯南-正岡... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧