カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 06月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
フォロー中のブログ


幻の新聞「日本」第2号見つかる 弘前編

 新聞「日本」第2号については、1期のたけざわ先輩と弘前へお持ちした。

東奥日報さんが下記の様に報じて頂いている。

  「これまで現物が発見されず、幻とされてきた、一八八九(明治二十二)年二月十二日発行の新聞「日本」第二号を、東京の陸羯南研究会が入手した。研究会は一日、弘前市を訪れ、「『日本』の主筆兼社主である陸羯南の古里・弘前市で、有効に活用してもらえれば」と、市立郷土文学館に持参した。

 新聞「日本」は、大日本帝国憲法が発布された日と同じ、一八八九年二月十一日に創刊した。

 創刊号は複数の図書館が所蔵しているが、二、三号だけは見つかっていなかった。復刻版でも欠号扱いで、社説のみが陸羯南全集に収録されている。

 その幻の第二号を所有していたのは、東京都の天田晴彦さん。天田さんは、羯南と親交が深く、「日本」にも出稿していた禅僧・歌人の天田愚庵の兄の子孫に当たる。

 仕事を持ちながら個々の切り口で研究に取り組んでいる陸羯南研究会のメンバーは十月、天田さんを訪ねて愚庵と羯南のかかわりを調査。後日、天田さんから「研究に役立ててほしい」と寄贈された資料の中に、第二号が含まれていた。

 第二号は四面立てで、憲法発布当日の各地方の祝宴の模様を掲載してあり、青森では八十歳以上に祝い金が配られたことも紹介。当時既に、全国各地に情報のネットワークを築いていたことをうかがわせる。」

  (東奥日報  2007年12月2日

http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/kugakatsunan/index.html)

 
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-12-30 07:40 | ニュース | Comments(1)
Commented by at 2007-12-30 13:22 x
こんにちは。
私は大学で陸羯南を専攻しています。
非常に興味深い内容のブログだと思います。
羯南は紀元節及び帝国憲法発布にあわせて「東京電報」から「日本」に改題したのでしたね。
これからもたびたび来させていただきます。
よろしくお願いいたします。
<< 三つの従軍願 アジア歴史資料センター 湖畔に眠る<日露戦時旬報>  ... >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧