カテゴリ
全体
研究
紀行
ニュース
トピックス
その他
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
お気に入りブログ


葉山 パッパニーニョ 陸羯南の娘たちの家

 葉山の御用邸前のバス停を左にゆるやかな坂を上がったところに<パッパニーニョ>という名前の喫茶店がある。店に入ると、壁にはサッカーの神様ペレ、そしてドイツの星、ベッケンバウアーがにこやかに写っている写真が飾られている。サッカー少年だったやまだ君が見たら腰を抜かしそうな写真ばかりである。

http://www.pappanino.com/shop.htm

 この店のHPの右側に小さく写っている昔の板塀が、実は羯南の娘たちが暮らした家だった。かって羯南の研究者たちが、その論文のあとがきで書いている<葉山の家>がここである。

 <葉山町一色の陸家に行くには、坂をのぼらなければならない。

のぼりきって左手に門があり、門柱に

  「陸四郎」

と、樸実な書体で表札がかかっている。
 陸という文字を見るだけで、遠い世の羯南が不意にあらわれるような懐かしさが感じられてしまう。>

(司馬遼太郎  「 ひとびとの跫音」  中央公論社)

 司馬さんがここを訪づれた時は、陸四郎さんも、そして羯南の娘たちも元気で、この地に暮らしていたのである。

 ご主人に教えて頂き、庭のほうにまわってみる。
 旧若狭藩主酒井家の隠居所を移築したという建物は今でもそこに明治の人々が生きているかのような佇まいである。

 縁側には、古い本棚があり、そこには戦前の改造社とアルスの子規全集が並び、その下には司馬さんが編集委員をつとめた戦後版・講談社の子規全集が並んでいた。

 そして、なによりも全10巻が完結するまで多くの時間をかけた、ここのかっての住人たちの心やさしき父である羯南の全集が娘たちを庇護するかのように並んでいる。
これらの本が出るたびにその出版の関係者が運んできたのだろうか。

 そしてその和室の奥、床の間の前には、大変古びた<碁盤>が置かれていた。

この碁盤からは、今でも羯南の碁石を置く鋭い音が聞こえてくるような幻聴が、遠い葉山の海岸の波音とないまぜになって響いてくるようであった。

たかぎ





  
[PR]
by kuga-katsunan | 2007-12-09 07:59 | 紀行 | Comments(0)
<< 新聞日本と囲碁⑥ 長清会 三紙の商況欄比較③商業電報 >>




明治を代表する言論人・ジャーナリストである陸羯南の足跡を追う          昭和後期~平成におけるマスコミ界のご意見番・青木彰の弟子達による記録
by kuga-katsunan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メモ帳
執筆陣
 たかぎ(主筆)
 やまだ
 しぶさわ
 はらだ
 ささはら
 つかもと(管理人)
 てらだ
 くめた
 こなか
 すずき
 いぬい
おかぽん(おかもと)
 こんどう
 きしだ
 はまぐち
 かめたに
 ひろかわ
 あまの(顧問)
 やまもと(〃)
ライフログ
検索
タグ
(101)
(28)
(27)
(13)
(13)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
(9)
(8)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(7)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧